眼瞼炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 2月 1日

更新日:2021年 5月 15日

本日は眼瞼炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 眼瞼炎とは
  • 眼瞼炎の原因
  • 眼瞼炎の症状
  • 眼瞼炎の改善方法
  • 眼瞼炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

眼瞼炎は、まぶたに炎症が起きる病気

眼瞼炎は、まぶたに炎症が起きる病気です。厚い鱗屑や目やにのかたまり、浅い潰瘍などが現れます。まぶたの縁が赤くなったり腫れたりすることもあります。

 

まぶたは、外側に皮膚があり、縁に睫毛やマイボーム腺やモル腺、睫毛脂腺の開口部があるつくりをしています。

 

炎症が起きている場所がまぶたの外側の場合は眼瞼皮膚炎、まぶたの縁の場合は前部眼瞼炎と呼ばれます。

 

炎症が起きる原因は、何らかの感染症やアレルギー反応などです。眼瞼炎は、感染性の場合と非感染性の場合にも分けられます。

原因は、細菌やウイルスへの感染、皮脂の過剰分泌、アレルギー

眼瞼炎の原因は、細菌やウイルスに感染することや皮脂が過剰に分泌されること、アレルギー反応などです。

 

感染性眼瞼皮膚炎の原因は、単純ヘルペスウイルスや伝染性軟属腫ウイルスに感染したりブドウ球菌による細菌に感染したりすることです。

 

感染性眼瞼皮膚炎の原因は、原因となる物質による遅延型アレルギー反応です。原因となる物質にはいろいろなものがありますが、化粧品や植物、消毒薬などが原因となることが多いです。点眼薬が原因で発症することもあります。

 

前部眼瞼炎の原因は主にブドウ球菌に感染することです。非感染性後部眼瞼炎の原因には、細菌やウイルスが関係していることもあります。

眼瞼炎の症状は、まぶたのかゆみや縁の発赤など

眼瞼炎の症状は、目の中に何かが入ったように感じることや目とまぶたにかゆみや灼熱感が現れること、まぶたの縁が赤くなること、涙目になること、明るい光に過敏になることなどです。

 

眼瞼炎のタイプによっては、まぶたの腫れや一部のまつ毛が白くなったりまつ毛が抜けたりすることもあります。

 

前部眼瞼炎は、黄色い滲出物の付着や皮膚びらん、睫毛の脱落が特徴的な症状です。

眼瞼炎の改善方法は、薬を使うこと

眼瞼炎の改善方法は、ステロイド眼軟こうなどの外用薬や抗ヒスタミン薬を使うことです。薬は軟膏の場合も点眼の場合もあります。

 

急性の眼瞼炎の場合は、2週間くらいで自然に改善することも多いです。

非感染性の場合も、抗菌薬を使って改善を行うことも多い

眼瞼炎は感染性の場合と非感染性の場合がありますが、はっきりとした境目はありません。そのため、非感染性の場合も、抗菌薬を使って改善を行うことも多いです。

 

どのタイプであったとしても、眼瞼炎を防ぐためにはまぶたを清潔にすることが大事です。

眼瞼炎に効果的なツボ

二間

肩ぐう

瞳子髎

二間

二間は、目の病気や、鼻血や鼻粘膜の炎症、歯の痛み、咽頭部の腫れなどに効果的なツボです。

 

ものもらいの痛みや腫れを和らげる効果があります。眼瞼炎では、目に何かが入ったような感覚になることもあるため、そのような場合に効果が期待できます。

肩ぐう

肩ぐうは、皮膚炎や湿疹などのかゆみを和らげる効果があるツボのため、アレルギー反応が原因で眼瞼炎を発症している場合に効果が期待できます。

 

肩ぐうは他にも肩の痛みや腕の痛みにも効果を発揮します。

瞳子髎

瞳子髎は目のトラブルに効果的なツボです。疲れ目や眼精疲労、かすみ目などに対して使われています。そのため、眼瞼炎に対しても役立つと考えられます。

 

他にも頭痛を和らげたりリフトアップをしたりする効果もあります。目尻のシワを改善する効果もあるため、美容面でもよく使われています。

ツボの場所と押し方

二間

二間は指を曲げて指の節にできる指先から2番目のしわの端にあります。

 

二間は、お灸を行うことが非常におすすめのツボです。毎日続けていると、痛みや腫れがだんだんと和らいでくると言われています。

肩ぐう

肩ぐうは、肩の先端にあるツボです。腕を真横に動かした時にできるくぼみが肩ぐうです。

 

押すときは、誰かに押してもらうこともおすすめです。押してあげる人は、片手で押される人の腕をしっかり支えてもう一方の手の親指を使ってツボを押しましょう。

瞳子髎

瞳子髎は目尻のさらに指1本分外側にあります。

 

押すときは、押しながらほぐすようにすると良いでしょう。指先では無く、指の腹を使って押します。痛みを感じるほどの強い刺激はおすすめできません。優しく押すことが大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393