類天疱瘡の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 12月10日

更新日:2021年 12月18日

本日は類天疱瘡について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 類天疱瘡とは
  • 類天疱瘡の原因
  • 類天疱瘡の症状
  • 類天疱瘡の改善方法
  • 類天疱瘡のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

類天疱瘡は、皮膚に水疱やびらん、紅斑が現れる自己免疫性水疱症

類天疱瘡は、自己抗体が原因となって皮膚や粘膜に水疱やびらん、紅斑が現れる病気です。類天疱瘡は大きく3つに分けることができます。水疱性類天疱瘡、粘膜類天疱瘡、後天性表皮水疱症です。

 

日本で類天疱瘡を発症している人は、大体7000~8000人ほどいると言われていますが、症状が軽い人も含めるとより多くの発症者がいると考えられています。発症している人の中でも「ほとんどの類天疱瘡は、水疱性類天疱瘡です。

 

類天疱瘡は、60歳以上の人に発症することが多いです。中でも70歳くらいから90歳代くらいの人に多いと言われています。後天性表皮水疱症の場合、発症が多く起こる年齢は、30歳くらいから60歳代くらいであると言われています。

類天疱瘡の原因は、自己抗体ができること

類天疱瘡の原因は、自己抗体ができることです。水疱性類天疱瘡、粘膜類天疱瘡、後天性表皮水疱症でそれぞれ何に対して自己抗体ができることが原因となっているのかということが違います。

 

ただ、今のところなぜ自己抗体が作られるのかということは詳しくはわかっていません。遺伝することはないと言われています。

 

水疱性類天疱瘡の場合は、表皮と真皮の境にある基底膜にあるヘミデスモソームの構成タンパクであるBP230やBP180に対しての自己抗体ができることによって起こります。

 

粘膜類天疱瘡は、BP180やラミニン332に対しての自己抗体ができることによって起こります。後天性表皮水疱症は基底膜タンパクの7型コラーゲンに対しての自己抗体ができることによって起こります。

水疱性類天疱瘡の症状は、浮腫性紅斑や水疱、びらんが現れること

類天疱瘡の主な症状は、皮膚や粘膜に水疱やびらん、紅斑が現れることです。水疱性類天疱瘡と粘膜類天疱瘡、後天性表皮水疱症の種類によって症状が現れる場所は違います。

 

水疱性類天疱瘡の場合の症状は、浮腫性の紅斑や緊満性水疱やびらんが現れることです。症状が現れる場所は、体幹四肢などです。腔粘膜に起こることもあります。紅斑や水疱、びらんなどの症状に合わせて痒みも起こります。

 

粘膜類天疱瘡の場合、水疱やびらんが現れる場所は、眼や口腔の粘膜です。しかし、場合によっては喉や鼻、陰部、肛囲の粘膜に症状が現れることもあります。

 

後天性表皮水疱症の場合、水疱やびらんが現れる場所は四肢です。中でも、外からの力がかかる部位が中心になります。

 

ほとんどの類天疱瘡は、水疱性類天疱瘡です。

類天疱瘡の改善方法は、免疫を抑制する方法

類天疱瘡の改善方法は、免疫を抑制する方法です。免疫の抑制は、自己抗体が作られないようにすることと自己抗体の働きを抑えるために行います。

 

症状が中等症以上の場合は、副腎皮質ホルモンを使って改善を行います。病気の勢いが強く、なかなか抑えられない場合は、血漿を交換する方法や、ステロイドパルスなども行うことがあります。

ステロイドは自己判断でやめたり減らしたりしない

水疱やびらんが現れている時には、刺激を避けるために柔らかい素材の脱いだり着たりしやすい衣服を着ることをお勧めします。

 

ステロイドは自分の判断でやめたり量を減らしたりすると、急に水疱が再発することもあります。きちんと医師の指導のもとで改善を行うことが大事です。

 

ステロイドの副作用として、感染症に感染しやすくなったり糖尿病や肥満、骨粗鬆症、胃潰瘍、高血圧などにつながったりすることもあります。

 

体調に不安を感じた時にはすぐに病院に行きましょう。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393