クルーゾン症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月23日

更新日:2021年 11月28日

本日はクルーゾン症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • クルーゾン症候群とは
  • クルーゾン症候群の原因
  • クルーゾン症候群の症状
  • クルーゾン症候群の改善方法
  • クルーゾン症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

クルーゾン症候群は、頭蓋骨癒合の特徴がある人に見られる病気

クルーゾーン症候群は、遺伝子の異常があることによって、生まれつき頭蓋骨や顔面骨に形成異常がおこり、脳の発達障害や眼球の突出、呼吸障害が起こる病気です。

 

クルーゾン症候群は、頭蓋骨癒合の特徴がある人の中で見られる病気で、欧米では約6万人に1人発症していると言われています。

クルーゾン症候群の原因は遺伝子の異常

クルーゾン症候群の原因は遺伝子の異常です。異常がある遺伝子はFGFR2です。

 

しかし、突然変異が起こり、発症することもあります。現状では、クルーゾン症候群がどのように発症するのかについてほとんど明らかになっていないのです。

クルーゾン症候群の症状は、頭痛や嘔吐、吐き気など

クルーゾン症候群の症状は、頭痛や嘔吐、吐き気などです。クルーゾン症候群では、生まれつき頭蓋骨に形成異常が起こるため、頭蓋骨が小さいです。そのために頭蓋内圧が亢進状態になりいろいろな症状が現れるのです。

 

クルーゾン症候群では生まれつき顔面骨にも形成異常が起こります。そのため、眼球の突出や呼吸障害、噛み合わせ不良などの症状も起こります。

 

場合によっては、水頭症や小脳扁桃下垂を生じることもあります。

クルーゾン症候群の改善方法は、手術

クルーゾン症候群の改善方法は、手術です。手術によって頭蓋や顔面骨を広げることで改善を行います。

 

広げたい骨に装置を取り付け、骨を伸ばしていくという骨延長法を使って改善を行うことも多いです。

適切な時期に手術を受けることで比較的予後は良好

クルーゾン症候群は、適切な時期に手術を受けることで比較的予後は良好な状態で過ごすことができます。手術を受ける時期や回数は症状の程度によって個人差がありますが、成人するまでに何度か手術が必要になることがほとんどです。

 

日常生活を送る上で注意することは、気道感染した時の呼吸の状態や、眠っている時の無呼吸です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393