シェーグレン症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2020年 12月23日

更新日:2021年  6月 3日

本日はシェーグレン症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • シェーグレン症候群とは
  • シェーグレン症候群の原因
  • シェーグレン症候群の症状
  • シェーグレン症候群の改善方法
  • シェーグレン症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

唾液腺や涙腺などの唾液や涙を作る組織に炎症が起きる病気

シェーグレン症候群は、唾液腺や涙腺などの唾液や涙を作る組織に炎症が起きる病気のことです。

 

シェーグレン症候群を発症すると、涙や唾液を十分に作ることができなくなってしまいます。そのため、症状として口の中や目などの渇きがあります。

 

シェーグレン症候群は、男性より女性に多くほとんどが女性です。約9割以上が女性であると言われているほどです。

 

中でも、中年女性に多いです。しかし、小さな子どもから高齢者までどの年代に起こることもある病気です。

 

日本では、約7万人を超える人がシェーグレン症候群を発症しているとも言われています。中には、自分が発症していることに気がついていない人もいます。

シェーグレン症候群には、一次性シェーグレン症候群と二次性シェーグレン症候群があります。

 

一次性シェーグレン症候群は原初性のシャーグレン症候群で、他に膠原病を合わせて発症していないもののことです。

 

二次性シェーグレン症は、続発性のシェーグレン症候群で、候群強皮症などの皮膚筋炎や関節リウマチなど他の膠原病を合わせて起こしているもののことを言います。

 

一次性シェーグレン症候群にも種類があります。症状が唾液機能などの外分泌線に起こる場合は腺型、症状が外部以外の全身の臓器に症状が起こる場合は腺外型です。一次性シェーグレン症候群全体の約7割は腺型であると言われています。

シェーグレン症候群の原因は免疫機能が唾液腺と涙腺を攻撃すること

シェーグレン症候群の原因は免疫機能が唾液腺と涙腺を攻撃することです。

 

シェーグレン症候群は、普段は体の健康を守るために働いている免疫機能が何かの原因によって異常を起こし、体の正しい組織に対して攻撃をしてしまう病気なのです。

 

免疫機能が異常を起こしてしまう要因はたくさんあると考えられています。遺伝や細菌、ウイルス、女性ホルモン、環境などと関係しているのではないかと言われていますが、まだ原因について詳しい事はわかっていません。

シェーグレン症候群の症状は乾燥

シェーグレン症候群の主な症状は、ドライアイやドライマウスなどの乾燥することです。このような乾燥の症状の多くは初期の段階で現れます。

 

ドライアイの症状には、目の乾燥や目の異物感、目の充血、目の疲れ、目の痛み、目のかゆみなどがあります。

 

ドライマウスの症状には、口の乾きや口のねばねば、口腔の中の痛み、味覚異常、食べ物の飲み込みにくさなどがあります。

 

ドライアイの場合、目の中に入った異物を涙で洗い流すことができません。そのため、結膜や角膜に傷がつき視力の低下につながる可能性もあります。ドライマウスの場合は唾液の減少によって虫歯や歯周病につながる可能性が高くなります。

シェーグレン症候群は、全身に症状が現れることもあります。これは、外分の泌腺の動きが下がってしまうからです。

 

汗が出にくくなることによって鼻の乾きや皮膚の乾燥などが起こったり、膣の乾きによって性交の際に痛みが起こったりします。関節が痛んだり疲れやすくなったりするなどの症状も起こることがあります。

 

さらに、耳下腺に炎症が起きる耳下腺が腫れたり、他の臓器に障害が起きたり、合併将として他の病気を起こしたりすることもあります。

シェーグレン症候群の改善方法は乾燥の緩和

シェーグレン症候群を完全に改善する方法は今のところありません。しかし、症状である乾燥を和らげることはできます。

 

シェーグレン症候群の改善方法は、乾燥を和らげ症状が悪くならないように症状に応じた改善することが大事です。乾燥を和らげる主な方法は、点眼薬や人工涙液、唾液分泌促進薬を使うことです。

 

シェーグレン症候群では、毎日きちんと点眼をすることや口腔を清潔に保つことを心がけることが大切なのです。

点眼や人工涙液で改善の効果が見られない場合、手術を行うこともあります。涙点に栓を作り、できるだけ長く涙が眼球の中にいることができるようにするのです。

 

唾液腺に痛みや腫れがある場合には、鎮痛薬を使ったり痛みや腫れのある部分を温めたりして改善に取り組みます。唾液腺に結石がある場合は、取り除くための手術を行うこともあります。

シェーグレン症候群には環境も関係している

シェーグレン症候群の症状を和らげるためには、日常生活を送る上で乾燥を避けるようにすることも必要です。目の乾燥には、エアコンや強風などの乾燥する場所や環境が関係しています。

 

石鹸を使ったり頻繁にお風呂に入ったりすることも乾燥の悪化につながります。特に熱いお湯を使うことで皮膚が乾燥しやすくなるため気をつけるようにしましょう。

 

口の中の乾燥を予防するためにはこまめに水分補給することが大切です。キシリトールなどのシュガーレスガムを噛むことも乾燥予防に効果的です。

シェーグレン症候群は生活習慣も大切

シェーグレン症候群は、色々な症状が起きる病気です。そのため、正しい生活習慣で生活することも必要であると言われています。

 

規則正しい生活を心がけるようにすることが大事なのです。バランスの良い食事をする、運動を習慣にする、など日常生活の中でストレスを取り除くことも大切です。

 

信頼できる医師のもとで改善を行うことも大切です。自分ひとりで判断するのではなく、信頼出来る医師に相談するようにしましょう。症状を和らげるためには、きちんと症状と向き合うことが大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393