完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

シェーグレン症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2020年 12月23日

更新日:2021年  3月20日

本日はシェーグレン症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • シェーグレン症候群とは
  • シェーグレン症候群の原因
  • シェーグレン症候群の症状
  • シェーグレン症候群の改善方法
  • シェーグレン症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

シェーグレン症候群は口の中や目が渇く症候

シェーグレン症候群は唾液腺、涙腺をはじめとする唾液や涙やを作る組織に炎症が起きる病気です。

 

涙や唾液が十分に作り出せなくなってしまう為、口の中や目等が渇く症状が起ります。

また、シェーグレン症候群の発症している方の9割以上が女性です。

 

中年僧の女性が発症している場合が多いですが、小さな子どもから高齢者までどの年代にも発症する為、発症されている方はどんどん増えており、日本の推計患者数は約7万人を超えています。

 

その中には発症に気づいていない方もいらっしゃいます。

シェーグレン症候群には、一次性シェーグレン症候群と二次性シェーグレン症候群があります。他の膠原病の合併が見られない原初性のものが一次性シェーグレン症候群です。

 

また、強皮症をはじめとする皮膚筋炎、関節リウマチ等様々な他の膠原病への合併を伴う続発性のものが二次性シェーグレン症候群と分別されています。

 

一次性シェーグレン症候群には唾液機能などの外分泌線に発症する腺型や、症状が外部以外の全身の臓器に症状が起こる腺外型に分類されています。

腺型は全体の7割を締めています。

 

シェーグレン症候群は、血液検査や生検病理組織検査を定期的に行います。

 

血液検査では身体の細胞組織に反応をする自己抗体があるか、生検病理組織検査は唾液や涙を採取し過剰に免疫細胞が増加していないか涙液分泌の機能を検査し異常が見られた場合シェーグレン症候群と判断されます。

シェーグレン症候群の原因は免疫機能が唾液腺と涙腺を攻撃する為です

シェーグレン症候群の原因は免疫機能が唾液腺と涙腺を攻撃する為です。

 

シェーグレン症候群は、通常は身体の健康を守るための免疫機能が、何らかの原因により異常を起こしてしまい身体の正常な組織を攻してしまう病気です。

 

免疫機能が正常な唾液腺と涙腺等を攻撃してしまう事によって慢性的な炎症お起こします。

その結果、唾液腺と涙腺の機能が低下してしまい、ドライアイやドライマウスといった症状が発症してしまいます。

体を守る免疫機能が異常を起こしてしまうのには、沢山の要因があるとされています。その中には、遺伝的な理由や、細菌、ウイルス、女性ホルモン、免疫異常などの環境などの関係性が疑われています。

 

しかし、まだ原因は解明されていません。

シェーグレン症候群の症状は乾燥症状です

シェーグレン症候群の主な症状は、ドライアイやドライマウスといった乾燥症状があります。これらの症状は初期に現れる事が多いです。

 

□ドライアイの症状

・目の乾燥

・目がゴロゴロする異物感

・涙が出ない

・目が充血する

・目の疲れ

・目の痛み、かゆみ

 

□ドライマウスの症状

・口の乾き

・ねばねばする

・口腔内の痛み

・味覚異常

・食べ物を飲み込みづらい

その他に、シェーグレン症候群は外分の泌腺の動きが低下する為、身体の全身に症状が発症する事があります。

 

汗が出にくくなる為、鼻が乾いたり、皮膚の乾燥が起ります。また、膣の乾きにより性交時痛が起こる事もあります。

また、関節痛や疲れやすいといった症状も起ります。

 

ドライアイでは、涙で目の中に入った異物を出す事が出来ず、結膜や角膜等に傷が入ってしまい視力が低下してしまう事があります。

ドライマウスは口腔内の唾液が少なくなる為、虫歯、歯周病が発症する事があります。

シェーグレン症候群は乾燥症状の他にも、唾液腺の1つである耳下腺に炎症が起き、耳下腺の腫脹(耳の下)等の症状もあります。

 

更に、臓器への障害が生じたり、その他の疾患への合併、検査結果の値の異常等も上げられます。

 

この様にシェーグレン症候群は、渇きから始まる様々な症状が出る病気です。

シェーグレン症候群の改善方法は乾燥の緩和です

現在、シェーグレン症候群を完全に完治させる事は出来ません。

しかし、乾燥症状を緩和する事は可能です。

乾燥症状を緩和し、症状の悪化を防ぎながら症状に応じた治療を行います。

 

シェーグレン症候群は毎日の点眼や口腔清潔を心がける事が大切です。

主な乾燥緩和治療方法は、目には点眼薬や人工涙液を使用し、口腔内には唾液分泌促進薬を対処療法として使用します。

また、症状が上記の方法で改善が見られない方は、外科的療法として涙点に栓を施し、涙が眼球の中に出来るだけ長くとどまるように手術を行います。

 

その他、唾液腺に痛みや腫れがある場合には、鎮痛薬の使用を用います。また、患部を温める事も効果的です。唾液腺の結石は除去を行います。

シェーグレン症候群は環境も関係しています

症状の緩和には、日常生活においてご自身で乾燥を避ける事も必要です。

例えば、目の乾燥悪化原因としては、エアコンや強風等外からの乾燥する場所や環境等が上げられます。

 

また、石鹸を使用したり、頻繁に入浴したり、特に熱いお湯を使用すると皮膚の乾燥の悪化原因になるので控えましょう。

 

口腔内の乾燥には、水分補給をこまめに行いましょう。また、キシリトール等の糖類の含まないシュガーレスガムを噛む事で乾燥の緩和になります。

シェーグレン症候群は生活習慣も大切

シェーグレン症候群は様々な症状を発症する病気の為、生活習慣を正す事も必要とされています。規則正しい生活を行いましょう。

 

バランスの良い食事や、運動を習慣にし、ストレスを取り除く事が大切です。

また、自分自身で判断するのではなく、信頼出来る医師に相談し、緩和に向けて忍耐強く病気と向き合っていく事が大切です。

自分自身で判断するのではなく、信頼出来る医師に相談し、緩和に向けて忍耐強く症状と向き合っていきましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393