感染性眼内炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 11月 1日

更新日:2022年 11月15日

本日は感染性眼内炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 感染性眼内炎とは
  • 感染性眼内炎の原因
  • 感染性眼内炎の症状
  • 感染性眼内炎の改善方法
  • 感染性眼内炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

感染性眼内炎は病原体に感染することが原因のぶどう膜炎

感染性眼内炎は、ぶどう膜炎の中でも病原体に感染することが原因で発症する病気です。

 

細菌や真菌、ウイルス、寄生虫などが直接目に感染することで発症することもあれば、目以外の臓器に発症した感染症が目にも及んで発症することもあります。

 

目以外の臓器に発症した感染症が目にも及ぶのは、ぶどう膜の組織が血管がたくさんあり血流に富んでいるためです。

感染性眼内炎の原因は、病原体に感染すること

感染性眼内炎の原因は、病原体に感染することです。手術や外傷によって傷口から眼の中に直接、細菌や真菌、ウイルス、寄生虫などが感染する場合も、肝臓などの他の臓器に感染した病原体が原因になる場合もあります。

 

トキソプラズマのような寄生虫やトキソカラといった原虫が病原体となり、発症することもあります。

感染性眼内炎の症状は、急激な視力低下や霧視、眼の痛み、充血

感染性眼内炎の症状は、片方の目の急激な視力低下や霧視、眼の痛み、充血などです。

 

一部の感染性眼内炎では、網膜組織が壊死し、網膜剥離が起きることもあります。網膜剥離が起きると、急激に視力を失ってしまうこともあります。そのため、視力を保つためにもできるだけ早く発見し、改善することが大事です。

感染性眼内炎の改善方法は、原因に合わせて抗微生物薬を使うこと

感染性眼内炎の改善方法は、原因に合わせて抗微生物薬を使うことです。炎症を抑えるために、副腎皮質ステロイドを投与することもあります。

 

場合によっては、原因となる菌を取り除くことと網膜剥離を防ぐことを目的に硝子体手術を行うこともあります。

感染性眼内炎は、手術を行ったときの傷口から発症することもある

感染性眼内炎は、手術を行ったときの傷口から発症することもあります。

 

晩発型眼内炎の場合は、手術を行ってから約2~数ヶ月後に発症します。手術を行った後、視力の低下や充血、眼の痛みなどがあった場合はすぐに医師に相談することをお勧めします。

 

手術を行った後に感染性眼内炎を発症することを防ぐために手術の3日前から抗菌薬の点眼を行うことが多いです。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393