完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

チョコレート嚢胞について【不妊・重い生理痛・鍼灸・卵巣ガンのリスク】

公開日:2020年2月5日

更新日:2020年6月26日

本日はチョコレート嚢胞について解説をさせて頂きます。

チョコレート嚢胞のことについて詳しくなりたい方

  • チョコレート嚢胞と言われたけど、よくわからない。
  • チョコレート嚢胞かもしれないけど、放っておくとどうなるの?
  • 不妊と関係あるの?

 

こういったチョコレート嚢胞の基本的なことについて説明いたします。

 

○本ページの内容
  • チョコレート嚢胞についてわかる
  • チョコレート嚢胞の症状がわかる
  • 病院での対応と検査のことがわかる
  • 早期発見のポイントがわかる
  • チョコレート嚢胞に対する鍼灸についてわかる

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

チョコレート嚢胞について

チョコレート嚢胞とは卵巣に起こる子宮内膜症

 

子宮内膜症のひとつです。

卵巣に起こる子宮内膜症をチョコレート嚢胞といいます。

 

 

卵巣に形成された子宮内膜組織は生理周期にあわせて増殖や出血を繰り返し、

血液が卵巣にたまり、チョコレート色の嚢腫になることから、チョコレート嚢胞と呼ばれています。

 

 

女性ホルモンに依存する疾患で初経~閉経までの生殖可能年齢の女性に発症。

 

 

多くは20代半ばで発症し、35歳位でピークが達します。

 

 

 

子宮内膜症は子宮外で月経が起こる?

子宮内膜症は子宮内膜の組織が子宮以外の部位に形成される、それが卵巣になったものをチョコレート嚢胞といいます。

 

 

  • 生理がある女性のみ20代~40代
  • 初経の年齢が早くなって生きているので10代の若い女性に発症することもある
  • 近年の女性のライフスタイルの変化にある晩婚化・少産化のため数は増加
  • 閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、症状もおさまる

 

 

はっきりとした原因は不明

 

・逆流した月経血に子宮内膜組織が含まれていて卵巣内で増殖

 

・卵巣の組織が何らかの原因によって子宮内膜組織に変化する

 

  

など

 

はっきりとした原因は不明です。

 

主な症状は月経痛と不妊

 

主な症状は月経痛不妊です

 

月経を重ねるごとに強くなる月経痛、骨盤痛、性交痛、排便痛など

必ずしも全て現れるわけではありませんが、月経痛は多くの場合に見られます。

 

卵巣癌になりやすいことも分かってきました。

 

 

 

病巣部が卵巣にあることで血流不良や炎症などで卵子の発育も阻害されます。

 

また卵巣表面が硬化してしまい、卵子が排卵されても外に出られなくなるため不妊につながります。

 

 

 

気づかないで放置すると違う病気に発展する

 

  • 卵巣には血液の出口がないため血液が溜まり月経のたびに少しずつ大きくなる
  • 溜まった血液は古くなりチョコレート色になる
  • 血液が溜まりパンパンに膨らんだ後嚢胞が破裂。急激な腹痛を引き起こす

➡破裂した中身が腹腔内で炎症を起こす(腹膜炎)

  • パンパンに腫れている卵巣が捻じれる(卵管捻転)
  • ある程度の大きさになると年齢と共に卵巣がんのリスクが高くなる

 

【なぜチョコレート嚢胞から卵巣がんになるの?】

 

嚢胞の中の古い血液に錆が生じ、酸化ストレスにより、そこからガンが発生する。

 

通常では卵巣ガンのリスクが0.1%ですが、

チョコレート嚢胞はその7~10倍高いといわれています。

 

病院での対応・検査

検査

 

  • CT
  • MRI
  • 腹腔鏡検査
  • 血液検査(腫瘍マーカーCA125    35U/ml以下)※あくまで補助診断の一つ

 

治療

薬物療法

 

・低容量ピル:子宮内膜の増殖が抑制され、プロスタグランジン産生が減少し、月経痛が軽減します。(偽妊娠療法)

 

・GNRHアゴニスト:女性ホルモンの濃度を閉経レベルまで低下させる治療です。(偽閉経療法)

ただし…

のぼせ・ほてり

などの更年期症状が高率に起こることがあることと、長期投与では骨塩量の減少や脂質異常が起こることがあるため、6か月以上の持続投与は原則的にできません

 

 

・ジェノゲスト:卵巣機能抑制および子宮内膜細胞の増殖抑制により子宮内膜症に対する有効性を発揮します。ただし重大な副作用として不正出血があります。(黄体ホルモン療法)

 

・ダナゾール

 

手術

 

・卵巣摘出

・卵胞摘出

・卵胞焼灼術

 

一般的には卵胞摘出術

妊娠、出産希望がない場合は根本的な治療として卵巣摘出術が選択肢に入ります。

 

4センチを超えると手術をした方が良いと言われています。

 

 

早期発見のポイントは遺伝性と月経

遺伝性があるといわれています

家族でチョコレート嚢胞(子宮内膜症)の方がいる場合は定期的な検査をお勧めします。

次第に悪化する生理痛

 

初期は生理時以外には強い症状はありませんが病勢が進むと腰痛、下腹痛、排便痛などが出現します。

 

腰痛

 

子宮内膜症の半数以上が腰痛を感じています。

足、股関節、背中までも痛むことがあります

 

下腹部痛

 

 子宮内膜症の女性の約7割の人にみられます。

月経が始まる1週間前から痛くなる方が多いようですが、生理が終わっても痛みが続き、結局1ヶ月のうち痛みがない日の方が少ないというケースも

 

排便痛

 

病巣が直緒付近にあったり、その近くで癒着が起こっていたりすると、排便の時などに肛門の奥の方が痛みます。

 

痛みを伴う性交

 

 月経痛+性交痛も感じる場合は、子宮内膜症の可能性がたかくなります。

 

月経の出血量が異常に多い

 

【月経過多のポイント】

 

  • 大きめのナプキンでも心配になったり、生活に支障が出るほどの量
  • 日中に夜用の大きめのナプキンをつけても1時間もたないという人
  • 睡眠時に夜用のナプキン1枚では間に合わないという人
  • 経血にレバー状のかたまりが混じるという人

 

この症状も出血が多い人に良く見られる症状です。

 

 

 

若い時は、子宮内膜の成長には欠かせない女性ホルモンが多いのでレバーのような塊が出ることはよくある事です。

 

しかし何度も繰り返し塊が出たり、大きい塊が出てきたら注意が必要です。

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気のサインかもしれません。

 

 

出血量が多い人は子宮内膜が通常より多くなっている場合があります。

 

それによってうまく酵素が働かず、固まった血液を溶かすことが出来なくなりレバーのような塊がみられます。

 

 

子宮内膜症や子宮筋腫やホルモンでの分泌異常も考えられます。

早めに病院を受診した方が良いでしょう。

 

 

 

よくある生理のお悩み【生理の遅れ・胸の痛み・食欲】
 
【生理が遅れる原因は自律神経とホルモンの乱れ】
 
 
 
定期的に毎月くる生理が遅れると、とても心配になります。
 
生理の遅れの原因は色々な原因があります。
 
 
 
≪主な原因≫
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ

 

主にこの2つです。

 

 

 

 

では、自律神経とホルモンのバランスは何が原因で乱れるのか、よくあるものをいくつか説明していきます。

 

 

  • ストレス、心配事

 

➡排卵は脳下垂体という所が関与してます。脳下垂体というのは自律神経の中枢でもあります。そのため、ストレスの影響を受けやすく、生理の遅れに繋がってしまいます。

 

 

 

 

 
  • 不規則な生活が続き、自律神経とホルモンの乱れにより生理の遅れが生じやすくな

 

➡当たり前ですが、不規則な生活を送っていると自律神経もホルモンも乱れます。

規則正しい生活を送り、排卵前のエストロゲンと、排卵後のプロステロンという2種類のホルモンのバランスを正常に保つことで、ホルモンの分泌量の調節ができ、生理のサイクルを整えることができます。

 

 

 

 

 
  • ダイエットや肥満による急激な体系の変化や、慢性的な肥満。
 
 
➡極端なダイエットによって、脳下垂体系の神経系の働きが悪くなってしまうことがあります。
先ほども説明したように脳下垂体は排卵に関与しているため、排卵が遅れたり、無排卵になってしまう可能性があります。
 
肥満に関しても、ホルモンバランスを乱してしまうことが多いため、生理の遅れがみられがちです。
 
 
 
 
 
 
 
【生理前の胸の痛みは乳腺の増殖によって強くなる】
 
 
生理前に胸が痛くなることや張ったりなどのお悩みは多くの女性が経験したことがあると思われます。
 
 
 
≪原因≫
 
まず胸の痛みは、乳腺が増殖することにより痛くなります。
 
乳腺の発達を促進するのが、女性ホルモンのプロゲステロンです。
 
プロゲステロンは排卵後~生理前までに体を妊娠や出産に備えて出産後に母乳が出るように乳腺を発達させます。
 
そのためプロゲステロンの分泌量が多くなります。
 
これにより乳腺が発達し、胸の痛みが強くなるといわれています。
そして生理前に胸が痛くなるのは、この時期がプロゲステロンの分泌量が最も多い時期だからです。
 
 
通常、生理が始まるとプロゲステロンの分泌量はおさまるため、胸の張りや痛みもなくなっていきます。
 
 
 
 
 
≪胸の痛みの解消法≫
 
  • 乳腺の組織の中には毛細血管がたくさん存在して胸の周辺を冷やさないように気をつける。
※体が冷えると血行が悪くなって、痛みを感じやすくなります。
 
  • 体を締め付けない。サイズの合っていない窮屈な下着を身につけていると血行が悪くなり血液が行きわたりにくくなります。生理前にはあまり締め付けられない下着を選びましょう。

 

  • 優しくマッサージをして血流をよくする。
  • 正しい姿勢を意識する。姿勢が悪いと、胸周りの血行が悪くなります。

 

 
 
 
 
【生理前の食欲増加はプロゲステロンの働きによるもの】
 
 
生理前になると異常な食欲に襲われて食欲が止まらないという女性も少なくないかもしれません。
 
 
 
≪原因≫
 
女性ホルモンのプロゲステロンの働きによって栄養分を体に蓄えようとするからです。
 
プロゲステロンが生理前に増加し、食欲が止まらなくなるというのは、妊娠から生理のリズムが変化するため起こる現象なので、多少体重が増えてしまうのは自然な流れだと言えます。
 
 
 
 
 
ですが、食べ過ぎによる体重の増加は抑えたいですね。
生理前の止まらない食欲を抑えるための方法を紹介していきます。
 
 
 
≪食欲を抑える方法≫
 
  • 食事を抜かない。食事を抜くと一時的な摂取カロリーは抑えられたとしても、以降の食事で血糖値を急上昇させ、太りやすくなります。

 

  • 間食を避けて食事の回数自体を増やす。一回の食事の量を減らして回数を増やしてできるだけ空腹状態を作らないようにする事がポイントです。

 

 
  • 血糖値をコントロールする。プロゲステロンが増加するのに伴って血糖値も下がってしまうので、血糖値の上昇を緩やかにする作用を持つ食物繊維を多く含む野菜を最初に食べるように心がけたり、血糖値が急上昇する白砂糖の使っている食品は控えるようにしましょう。

 

 
  • アロマを使う。食欲を抑えるだけでなく、ストレスにも効果的です。
 
 
 
このような方法で生理前の止まらない食欲をうまくコントロールしてみてください。
 
 
 

チョコレート嚢胞に対する鍼灸は女性ホルモンを整える

東洋の考え方

 

症状にもよりますが、主な原因は「血の滞り」です。

血おという状態と考えることが多いです。

 

 

血お、になると痛みが激しくなります。

生理中ですとお腹や腰などの痛みはだんだん強くなっていきます。

 

お腹と背中の子宮・卵巣に効果的なツボも使って血おの処置をおこなっていきます。

 

 

また最も血の渋滞が起こりやすい原因として多いのは冷えによるものです。

 

 

≪冷えによって起こる体への影響≫

 

・気血を渋滞させ、痛みを引き起こす。(凝滞性)

 

・寒いときに体が縮こまるように、血管や毛穴も収縮する。それによって気血の流れが悪くなってしまう。(収引性)

 

・冷たいものをたくさん食べると内臓がどんどん冷えていく。(臓腑に直中)

 

鍼灸の効果

 

まず鍼灸の効果として期待の高いもので、この二つがあげられます。

 

  • 冷えの解消
  • 自律神経を整える

 

自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが整うと血行が改善されます。

 

血行が改善されると、チョコレート嚢胞を東洋医学で考えたときの「血お」の原因の一つである冷えが改善されます。

 

 

そして、

チョコレート嚢胞は女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)に依存する疾患です。

 

自律神経を整えることで自律神経の中枢である脳下垂体にも影響していきます。

脳下垂体は女性ホルモンに関与しているため、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)のバランスも整い嚢胞の縮小が促されます。

 

 

≪鍼をした時の自律神経の反応≫

 

鍼は交感神経を抑制↓↓して副交感神経を亢進↑↑させますが、

反対の交感神経を亢進↑↑して、副交感神経の抑制↓↓は生じない。

 

  • 交感神経が抑えられると血おの原因の一つである冷えが改善されます。
  • 自律神経を整えると女性ホルモンの乱れも改善します。

 

効果的なツボ

  • 血海
  • 三陰交
  • 膈兪
  • 心兪
  • 気海
  • 脾兪
  • 気穴
  • 曲泉

まとめ

本ページをまとめます。

 

  • チョコレート嚢胞は卵巣に起こる子宮内膜症。
  • 主な症状は月経痛と不妊です。
  • 放置しておくと破裂、卵管捻転、卵巣がんのリスクが高まります。
  • チョコレート嚢胞は女性ホルモンに依存する疾患なので、鍼灸で自律神経を整えることで女性ホルモンのバランスも整います。

 

 

近年の女性のライフスタイルの変化による晩婚化、少産化の為増加しております。

 

また、初経の年齢が早くなってきているので10代の若い女性に発生することもあります。

 

妊娠を望まれる方や、薬物療法で様子を見ているけどなかなか小さくならない方、重い生理痛に悩まされている方など

 

お力になれるよう対応致します。

こちらのページもよく見られています!
梨状筋症候群の代表的な症状
美容鍼のメリット・デメリットの解説

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393