ビッカースタッフ脳幹脳炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 10月23日

更新日:2021年 11月18

本日はビッカースタッフ脳幹脳炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • ビッカースタッフ脳幹脳炎とは
  • ビッカースタッフ脳幹脳炎の原因
  • ビッカースタッフ脳幹脳炎の症状
  • ビッカースタッフ脳幹脳炎の改善方法
  • ビッカースタッフ脳幹脳炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ビッカースタッフ脳幹脳炎は、どの年代でも男性でも女性でも起こる

ビッカースタッフ脳幹脳炎は、突然物が二重に見える、ふらふらして歩けない、意識がはっきりしない、などの症状が起こる病気です。

 

多くの場合は、症状が出る前に激しい風邪の症状や激しい下痢の症状があります。症状のピークは1ヶ月以内で、ピークを迎えた後は改善に進みます。

 

ビッカースタッフ脳幹脳炎は、男性にも女性にも起こる可能性のある病気です。発症書の数は女性より男性の方が少し多いです。発症しやすい年代は特になく、誰にでも起こる可能性のある病気です。

ビッカースタッフ脳幹脳炎の原因は、何かに感染すること

ビッカースタッフ脳幹脳炎の原因は、何かに感染することです。

 

ウイルスや細菌などに感染することで免疫の異常が起き、自分の神経を攻撃することによってビッカースタッフ脳幹脳炎が起きるのです。

症状のピークは発症して1ヶ月以内に現れる

ビッカースタッフ脳幹脳炎の症状は、目の動きが悪くなり物が二重に見えることやふらふらして歩けなくなること、意識がはっきりしなくなることです。

 

症状のピークは発症して1ヶ月以内に現れます。ピークを過ぎると少しずつ改善していきます。

 

後遺症が残ることはあまりなく、ほとんどの場合発症する前の生活をすることができます。しかし、場合によっては後遺症が残ることがあり、自分の力で歩けなくなることもあります。

ビッカースタッフ脳幹脳炎の効果的な改善方法はない

ビッカースタッフ脳幹脳炎の効果的な改善方法はありません。現在言われている改善方法は、症状が出てから1ヶ月以内に、免疫グロブリンの静脈注射や血漿交換などを行うことです。

 

副腎皮質ホルモンを使うこともあります。症状の程度が重い場合は、毎日血圧や脈を管理しなくてはいけなくなることもあります。

改善した後は発症する前の日常生活を送ることができる

ビッカースタッフ脳幹脳炎は、症状が重い場合、入院をして全身を管理することが必要になります。

 

しかし、症状が軽い場合や症状のピークを過ぎた後は、発症する前の日常生活を送れるようになることがほとんどです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393