完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

慢性疲労症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年 5月 15日

本日は慢性疲労症候群について解説させていただきます。

足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

慢性疲労症候群とは、異常が認められない状況で、激しい頭痛・筋肉痛・肩こり・重度の疲労感などで日常生活がままならない状況が長期間にわたって続く病気で、その原因は明確には定義されていません。

人にもよりますが、症状は程度が重く、日常生活に支障のでる場合が圧倒的に多くをしめます

 

日本人のうち、慢性疲労症候群を訴えるのは200人に1人

 

肉体の免疫機能が低下し、細菌感染したことによるものなのか、精神的なダメージを追っていることでなのか、医療機関でもハッキリとした答えを提示されることはありません。

 

非常に低確率で認められますが、我慢を続けてしまうと、後にうつ病を併発する可能性の高い病気です。

そこで今回は、慢性疲労症候群の諸症状と回復に向けた取り組みについて解説します。

慢性疲労症候群が判断されるケースはほとんどない

不可解な重い疲労感が6ヶ月以上も続くのが特徴である慢性疲労症候群は、判断した時、確証を得ることは困難です。

体の免疫機能が下がっている時にかかりやすい病気だと言われているため、別名筋痛性脳脊髄炎・ウイルス感染後疲労症候群とも呼ばれています。

  • 1
    慢性疲労症候群の主な症状

自覚症状は、主に頭痛や各部位の筋肉の凝り・関節痛、重くなるとそれに伴う吐き気。

加えて、こうした肉体的なものに限らず、思考力の低下・記憶力の鈍りなどを訴えるようになります。

この状況が長期間続くと心身ともに徐々に疲弊し、人並みの私生活を送ることも、会社に行くこともできず、寝たきりになってしまう人もいます。

また、睡眠をきちんととっているにもかかわらず、すっきり眠れた感じがせず、貧血、突発的なめまい・立ちくらみ、偏頭痛を引き起こすケースもあります。

慢性疲労症候群を訴える人の置かれやすい環境・症状
  • ​睡眠時間は確保できているのにも関わらず、疲労感が残る
  • モチベーションが上がらない
  • 集中力がすぐに切れてしまう
  • 冷静な判断ができない
  • マッサージに行ってほぐしても肩こりがすぐに再発する
  • 仕事・私生活においてミスが増えている
  • 起床時にぐったりし、目が覚めても中々動けない
  • スケジュールの読めない仕事に就いている
  • 神経の磨り減る細かい作業をこなす事が多い
  • 生活リズムがすぐ変動する
  • 1日の仕事の負担量が多くて追いつかない

上記の項目の内、6割~7割程度当てはまる人は、慢性疲労症候群である可能性が高く、早期に医療機関にいくべきです。

しかしその際、慢性疲労症候群への知見がない個人医院に行っても、病気を見逃してしまうケースが多いので比較的設備の整った大学病院にいくことをおすすめします。

  • 2
    慢性疲労症候群は不定愁訴の一種

ようするに慢性疲労症候群は不定愁訴の一種だともいえます。

精神的にも肉体的にもストレスが蓄積されキャパを超えてしまうのが主な原因ととらえられるため、人によって自覚症状のバラつきが大きいです。それゆえ、確実な改善方法をもたないという考えが最も有力です。

  • 3
    慢性疲労症候群と判断することは難しい

細菌感染などが原因の病気は、基本的に身体をみて病状の把握をしていきます。

それに比べて、慢性疲労症候群のような原因の特定が難しい病気は、体機能のどこにも異常が確認できないケースが多いので、申告ベースでしか改善方法の検討ができません。正直な申告が鍵となっていきます。

慢性疲労症候群と判断される例
申告

クライアントの都合に振り回されることの多い仕事に就いてからというもの、自分の時間を確保することが出来なくなり、睡眠時間は確保出来ているものの毎朝疲れが取れません。

リフレッシュがてらマッサージに行くのですが、そこでもクライアントからの連絡が来たりすると、一瞬たりとも気が抜けない状況下です。

気づけばなんとなく体調が悪く寝込むことも多くなり、肩こり・頭痛・貧血・吐き気などを頻発するように。

上記に記載したように、日頃から気が抜けない環境下に置かれている方の場合、長期間にわたって疲労感が抜けず、悩んでいるケースが多いです。

不定愁訴を疑い、症状を細かくカウンセリングし、慢性疲労症候群の判断結果へと導きます。

慢性疲労症候群の回復に向けた取り組み

慢性疲労症候群の原因特定を急ぐため、理化学研究所(理研)と大阪市立大学、関西福祉科学大学の3者で、慢性疲労症候分の人を集めて、脳を調べるという取り組みが行われました。

研究内容は、脳の各部位、扁桃体・海馬・視床のそれぞれに炎症が起こっている場合、訴えを聞き、慢性疲労症候群と関連があるかを検証しました。

その結果、慢性疲労症候群を誘発する可能性が極めて高いことが実証されています。

慢性疲労症候群の原因となり得る脳の異常
  • 扁桃体の炎症⇒記憶・思考・理解・計算・学習・判断における異常を訴える人が多い
  • 海馬の炎症⇒気分の落ち込み・やる気の低下・倦怠感を訴える人が多い
  • 視床の炎症⇒偏頭痛、肩こり、筋肉痛を訴える人が多い 

こうした判断の方法の確立を可能とする医療機器の開発に奮闘し、どこの病院に行ってもカウンセリングによって慢性疲労症候群と判明するように努めている研究チームがあります。

現段階で100パーセント回復を約束することはできませんが、医療技術の革新が起こり続ける日本だからこそ、回復の兆しを見せることが可能なのではないでしょうか。

実際の慢性疲労性症候群の施術例

慢性疲労性症候群
  • 年齢・性別

30代男性

 

 

  • 疲労感を強く感じた時期

3年ほど前から

 

 

  • 疲れを強く感じるきっかけ

1.仕事のノルマがきつくなってから

2.うつ症状で心療内科に通い始めてから

 

 

  • 整形外科・心療内科の対応

​骨には異常なし、筋弛緩薬も効果なし

心療内科では、デパス、マイスリーをもらう。

慢性疲労に効く漢方を2種類買って飲むが、あまり変わらず。

鍼灸も3院試したが、回復せず。

 

 

 

  • ほかの対策

気孔道場に通っている

 

 

  • 銀座そうぜん鍼灸院の来院経緯

友人の紹介

慢性疲労性症候群は3種類の原因に分けられる

慢性疲労性症候群は3種理の原因に分けられる。
  • 銀座そうぜん鍼灸院の対応・施術

カウンセリングをしたところ、首と腰の深層筋の筋緊張が慢性疲労を生み出しているとわかりました。

 

特に首コリから来る※脳血流障害型うつ病の要素が強いと判断しました。

※脳血流障害型うつ病…脳の血流低下による脳機能の障害により起こるうつ病

 

慢性疲労性症候群の場合、大きく3つに分けられます。

慢性疲労性症候群の原因

  1. 肉体的要因(筋肉、血流など)
  2. 精神的要因(環境、うつ、不眠など)
  3. 器質的要因(ガン、内臓疾患など)

以下のポイントを施術していきます。

 

 

  1. 脳血流の改善(首の最下層にある筋肉を鍼灸で刺激し、内頸動脈の血流を促す)
  2. 首のコリの除去(東洋医学的に首とふくらはぎは繋がっている)
  3. 膀胱経の経絡の流れを改善させる(膀胱経とは、背中の気のめぐりを意味するため背中のツボを使っていく)

 

下記の動画は実際の施術風景です。

 

慢性疲労性症候群によく使われるツボは承筋

野球肩に使われるツボ

慢性疲労性症候群によく使われるツボをご紹介します。

  • 曲池
  • 承筋
  • 承山
  • 湧泉

慢性疲労性症候群のまとめ

まとめ:慢性疲労性症候群の原因を正確に知って、適切なアプローチを受ける!

この方の場合は首の深層筋の凝りが一番の要因でした。

 

慢性疲労性症候群の原因は人によって様々で非常に多岐に渡ります。

私が対応した利用者様も精神的要因のケースが多くを占めています。

 

薬の副作用が強く出ている方が特に多く、当初の悩みがなんなのかわからなくなっている方がいます。

 

 

慢性疲労性症候群と判断をうけた方のケース

  1. 数種類の薬を数ヶ月服用しているが、なにか辛いのかわからなくなっている
  2. 睡眠薬の効きすぎで、常にだるく眠いが薬をやめるのが怖い
  3. 仕事が嫌だから、このまま休職していたい。
  4. 家族問題で悩みが耐えない、カラダもつらい。

 

 

薬の副作用を、別の薬で補うことや、人間関係の要因が大きいケースがほとんどでした。

 

私からアドバイスは二つ

  • 正直に申告することで疲れを感じたキッカケを整理させましょう
  • 医師の判断、薬をきちんと調べて、自分でちゃんと効果を見極めましょう。

2ヶ月10回の鍼灸で、慢性的な疲労感は感じなくなったとのこと。

 

仕事の量により体調の変動があるため、辛いときのみ鍼灸を受けることを指導しました。

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393