日比谷線 ・ 浅草線 
東銀座駅6番出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

銀座そうぜん治療院がほかの治療院とはなにがちがうのかくわしくご紹介いたします。

全国でもめずらしい深層筋に直接アプローチする鍼灸

整形外科疾患である肩こり、上腕二等筋長頭腱炎、梨状筋症候群など筋肉が由来している症状に関しては、早期に回復させることが可能です。医者の診断がおなじでも、症状の出方、痛み方、原因はひとりひとり違います整形外科では、レントゲン、MRIなど画像による診断を行います。

症状からなにが原因なのか、どの筋肉、神経、腱が圧迫されているのか時間をかけて判断しております。そのため、当院一般の治療院より、高い回復率を誇っております。レントゲンやMRIで異常がないケースや手術をすすめられないケースは、深層筋が原因である場合が非常に多いです。筋弛緩剤がきかない、痛み止めをながいあいだ服用しているなど西洋医学で見放された方のお力になれるよう早期の回復プランをご提案いたします。

深層筋につかう鍼

深層筋につかうはりです。
左:つまようじ、右:深層筋用はり

深層筋の鍼灸とは、マッサージではとどかないカラダの奥にある筋肉にたいする鍼治療です。

深層筋をねらうときは、長い鍼をつかいます。一般的につかわれる鍼は2センチですが、深層筋用の鍼は10センチです。深層筋に効果的にアプローチできるのは、この鍼灸だけです。

深層筋鍼治療の特徴

なかなか治らない症状によく効く

深層筋への鍼治療は筋肉にたいする豊富な知識と目的のところにアプローチできる正確な技術がひつようです。

一般的な肩こり、腰痛だけではなく、顔面神経麻痺、糖尿病治療に対応できるすばらしい治療法です。

痛みがない深層筋はり治療もできます。

深層筋はカラダの奥にある筋肉のため、治療のときは鈍痛をつよく感じることがあります。この点を考慮して、痛みのない深層筋はり治療を独自開発しました。

鍼治療がはじめての方、注射がにがてな方に、ひろく対応できます。

修行期間をへて、身につけたオリジナル治療

上海中医薬大学の研修

上海中医薬大学の研修時代の写真

院長は、上海中医薬大学の研修留学と11年間の修行期間をへて身につけた豊富な知識があります。

深層筋鍼治療で有名な北京堂の浅野周先生のやり方を参考に、低周波鍼通電療法をくみあわせた当院のオリジナルの治療法です。

宗前裕太

数あるサイトから銀座そうぜん鍼灸院のサイトへお越しいただき、ありがとうございます。院長の宗前です。

  • 銀座そうぜん治療院はどんなことをしているところなのか?
  • どういうおもいで鍼灸治療しているのか?

当院について知っていただき、本格的な深層筋や自律神経の鍼灸を受けてみたいと思っていただきましたら、幸いです。

院長は、国家資格である鍼灸師の免許を取得してから、上海中医学薬大学の研修、鍼灸の師匠での2年間の厳しい修行を経てきた経験豊富な院長が対応いたします。安心して鍼灸をうけることができます。

○資格

鍼灸師・骨盤矯正師

○経歴

青森県八戸市生まれ

自転車競技インターハイ2位、その他実績多数

2006年 鍼灸専門学校を卒業。上海中医薬大学に研修留学。

福島県の鍼灸先輩方のもとで1年研修

2007年 東北鍼灸学会盛岡大会にて低周波鍼通電療法の症例を発表

2009年 上京。港区の三矢治療院にて5年勤務

2010年 巣鴨にて出張治療院を開業。

2017年 銀座に拠点をうつして、銀座そうぜん治療院を開業。

株式会社宗前堂を設立

奥のサングラスが私です。

○治療家をめざすキッカケは部活中のケガ

高校時代、自転車競技部に所属してました。

 

私が通っていた自転車競技部は全国トップレベルの実力で、監督は世界3位の実績をもつ方で、大変きびしい練習をすることで有名な部活でした。

 

当時は競輪選手になることが夢で、必死に練習に取り組み、1日に250キロ走ることもありました。

 

厳しい練習のかいもあり、全国大会に出場する機会が増えていきました。

 

高校3年のインターハイ直前に、腰に激痛を感じ、八戸市内の5つの病院に通いましたが、どこにいっても改善されず、満足に練習できない毎日を過ごしていました。

 

このときは、本当にインターハイを諦めかけていたときに、親戚から鍼灸院を紹介されました。 そこのはり治療で嘘のように症状が改善しました。

 

今までの治療とは違い、薬も一切使わず、はり治療だけで悩まされていた腰痛から開放されました。

無事、インターハイに間に合うことができ、全国2位になることができました。このときの感動が治療家を目指すキッカケになりました。

勉強に明け暮れた専門学校時代

○毎日、必死に勉強した専門学校時代

高校卒業後、鍼灸師になるべく、福島県郡山市の専門学校へ入学しました。入学式に母からきついアドバイスをいただきました。

 

「バイト、家事はするな。勉強だけしろ。」

 

母のすすめで寮生活をしながら東洋医学の勉強に励みました。学生生活は勉強づけで、土日は学会の参加と講師の先生方の院内研修に時間を費やしていました。

 

卒業後は、福島県の伊達市で開業されている厳しい先生のもと、東京から福島に通って指導を受けてきました。一人前になるために必死に頑張ってきました。現在も休みがあれば、セミナーや勉強会に参加して、技術を磨いています。

上海の病院での研修風景

○鍼灸の本場中国!上海中医薬大学へ研修留学

中国の上海中医薬大学に研修留学してきました。中国の病院には内科、外科と同じフロアに鍼灸科があります。

 

病院で研修したあと、鍼灸の座学をうけるといった鍼灸漬けの毎日でした。

 

日本では直接行うことができない人体の解剖もしてきました。

 

体に入った鍼先が、どのようにカラダの中に入っていくのか実際に目で見ることができ、多くの発見や驚きで充実した時間を過ごすことができました。

 

中国での経験は、いまでも施術の基礎になっています。

○鍼灸の素晴らしさを伝えたい

はり治療でこんなに楽になるなんて知らなかった。自分と同じように病院に行っても症状が改善しない患者さんの助けになりたい。

 

私は今もあの頃の想いを忘れず、鍼灸師として日々、治療の現場に立っています。

 

過去、わたしが経験した腰痛のように、悩みを改善したときの開放感、爽快感をあなたにも経験していただくことがわたしの使命です。

 

真の健康にみちびくお手伝いをさせていただきます。

銀座そうぜん鍼灸院の得意疾患

薬がきかないせきぜんそく
歌舞伎役者

中村福助

九代目中村福助

宗前先生には、2010年からお世話になっております。

カラダがいい状態に保てているのも宗前先生のおかげです。

歌舞伎役者

中村児太郎

中村児太朗

宗前先生には、高校生のときからお世話になっております。カラダのメンテナンスは宗前先生に任せております。

首が痛すぎる

頸肩腕症候群

頸肩腕症候群

整形外科に通い続けてきましたがまったく治らず、どうしたものかと途方に暮れていました。はり治療はとても不安でしたが、宗前先生が相談に乗ってくださったおかげで、気持ちが楽になり、治療も緊張せず受けることができました。

肩の痛みと手のしびれが治り、東京大学に合格することができました。

走れなかった

アキレス腱炎

アキレス腱炎のランナー

宗前先生には2年前からお世話になっております。定期的に腰痛とアキレス腱に痛みが走るため、治療してもらうと大分楽になります。

今後もメンテナンス、宜しく御願い致します。来年はサハラ砂漠マラソンに出場予定です。

リベド血管症の臨床例

リベド血管症の左足

リベド血管症に悩まされていた静岡県在住のAさんのレポートです。

初診:2016年1月

性別:男性

年齢:20代後半

 

発症からの期間:8年前から夏季になると必ず潰瘍が出来はじめ、痛みで寝れなくなる。

 

現在の状況:今年は潰瘍がひどく、足裏に数個できたため、うまく歩けない。杖をつかって歩くので精一杯。

 

病院での対応:ワーファリン(血液凝固阻害剤)、ロキソニン(痛み止め)、ゲーベン(塗り薬)を処方される。潰瘍が治るまで自宅で経過観察。

 

当院を知ったキッカケ:ツイッターをみて、問い合わせ

 

鍼灸での対応:

体表観察では、ヒザ下の異常な浮腫み、潰瘍の初期症状のうっ血が十数個確認できました。

リベド血管症の特有の体質である水毒、気虚も確認済み。

足裏の潰瘍のきずは深いが、そのほかは潰瘍前のうっ血がほとんどのため、早期の回復が可能と判断しました。

 

リベド血管症における鍼灸治療のリスク:

足裏の潰瘍は、足の汗、施術者の手のばい菌による化膿、感染症の危険性があります。

当院では、使い捨ての鍼の使用と徹底した手指の消毒をするため、感染症の心配はありません

1回目の治療

リベド血管症
Aさんの状態

左右の足に大小さまざまな潰瘍があり、痛みも強く大変辛そうでした。足裏にも潰瘍があり、松葉杖をつかって歩いていました。

2週間後、3回目の治療

リベド血管症
治療後の経過

1回目の治療で痛みは無くなり、ゆっくり寝れるようになりました。足裏の潰瘍も9割ふさがり、松葉杖なしで歩けるようになりました。2017年2月現在は、潰瘍ほぼなし。

Aさんの治療の考察:

潰瘍は複数ありましたが、足裏の潰瘍以外は小さく、また、デブリードマンするほどの潰瘍ではなかったため、早い回復が見込まれました。

 

また、患者さまの年齢が20代後半であるため、皮膚組織の回復も順調に進みました。足の回復につれて、患者さまの顔の血色がみるみる良くなっていった印象的でした。

 

 

現住所が静岡のため、定期的な来院が難しいと判断し、潰瘍前の浮腫み次第で通院、マルチミネラルの摂取を勧めて3回の治療は終わりました。

 

1年後、他のリベド血管症の患者さまから、Aさんのことを聞き、潰瘍が再発されていないことを確認しました。

 

Aさんの回復に感謝!

 

銀座そうぜん治療院 院長 宗前裕太

黄色靭帯骨化症による腕のしびれ

うでのしびれに悩まされていた千葉県のRさんのレポートです。

初診:2017年3月

性別:男性

年齢:40代後半

 

発症からの期間:5年ほど前、仕事中に急にうでがしびれ始めた。病院で受診すると、ヘルニアによるものと診断された。

処方された薬を飲んでもまったく効果がない。別の病院で見てもらったところ、黄色靭帯骨化症と診断。程度は軽いため、経過観察と診断。

 

現在の状況:仕事をすると症状は強くなるが、家に帰ると軽くなるため、様子をみていた。

 

病院での対応:経過観察。酷くなったらロキソニン(痛み止め)

 

当院を知ったキッカケ:部下の紹介

 

鍼灸での対応:

黄色靭帯骨化症は、医師による画像診断で確認済み。

しびれの範囲から圧迫されている神経は第6頸神経とみられる。

 

首の動きによる神経痛の増悪はないため、神経の興奮さえ収まれば、神経痛の回復は可能と判断しました。

 

黄色靭帯骨化症における鍼灸治療のリスク:

首の脊髄神経に行う鍼治療は、四肢麻痺、呼吸器筋の麻痺など、死亡するリスクがあります。

当院では、危険性の高い治療は行っておりません。手指の消毒も徹底しているため、感染症の心配はありません

1回目の治療

黄色靭帯骨化症
Rさんの状態

鍼灸治療がはじめてのRさんでしたが、治療中は気持ちよく寝ていました。

治療後はとくに変わらないことにがっかりされていました。

5週間後、12回目の治療

うでのしびれの治療
治療後の経過

5回目の治療でしびれが半分になり、仕事に集中できると喜んで頂きました。10回目の鍼灸ではしびれは無くなり、驚いていただきあmした。トータル13回の鍼灸治療を行いました。

Rさんの治療の考察:

病院では黄色靭帯骨化症と診断されましたが、しびれの原因は黄色靭帯からではなかったです。

 

首の動きが正常だっため、頸肩腕症候群によるものと考え、途中から首の神経をメインに鍼灸治療を行いました。

リリカ、メチコバールを服用しながらの鍼灸治療は良く効きます。

 

鍼灸治療はしびれない環境を作ることができます。一方、薬は神経の興奮を抑える効果があるため、メリットの相乗効果で回復していただけたと思います。

 

 

Rさんの回復に感謝!

 

銀座そうぜん治療院 院長 宗前裕太

2年続いた慢性下痢

腕のしびれの治療で来院されていた30代女性Uさんは、無事全回復しました。治ってから半年以上たちますが再発はしておらず、たいへん喜んで頂きました。

 

Uさんには、以前から慢性疲労症候群に似た症状があり、こちらの症状でも苦労されていました。慢性疲労症候群の診断は受けていませんでしたが、からだが常に疲れを感じていることや、休日は体が動かず、家事が出来ない状態が続いていました。

 

腕のしびれが回復されたとき、「慢性てきな疲労も治したい」との要望で月1回の鍼治療を続けていました。Uさんの一番の悩みだった「休日はからだが動かせず、家でずっと寝ている状態」はほとんどなくなりました。

 

定期通院から2ヶ月がたち、来院されたUさんはよりいっそう元気になっていました。Uさんに聞いたところ、ビックリするようなことが起きたそうです。

 

Uさん「2年前のピロリ箘の治療後から始まった、慢性の下痢が治りました!体も以前よりも疲れにくくなり、今ヨガに通っています!体が軽くて、普通に戻ったかんじです!

 

はり治療は体に刺激を与え、超回復を促す治療方法です。Uさんの体ははり治療に素直な体でした。余すことなく超回復が行われ、無事回復されました。いつも思うのですが、患者様がどんどん回復される姿をみると、はり治療の神秘と力に驚かされます。Uさんがよく言われる言葉があります。

 

Uさん「はり治療を受けるなんてなんて考えつかなかった。腕のしびれがなかったら、はり治療は絶対受けてない。」

 

下の動画は胃の治療ですが、同じように大腸の内蔵体制反射を利用した鍼灸を行いました。

疲労性脛骨骨膜炎(シンスプリント)の臨床例

今月末に念願の東京マラソンに出場予定の30代男性のSさん。以前はおしりの痛みで通われていた患者様です。おしりの痛みは無事完治されて、大好きなランニングを楽しまれていました。

1ヶ月前からだんだんとふくらはぎの内側に違和感を感じ始めました。Sさんも違和感程度だったため、そこまで気にせず練習を続けました。足の違和感は痛みに変わり、徐々に強くなりました。

ついには100メートル走ると痛みが強くなり、走りに集中出来なくなってしまいました。どうしたものかと悩まれていたところ、おしりの痛みでお世話になった当院を思いだし、来院されました。

問診と検査をしたところ、軽度のシンスプリントでした。シンスプリントとは、疲労性脛骨骨膜炎といい、一般的なスポーツ障害です。ふくらはぎの最深部にある3つの筋肉が固まり、脛骨の骨膜と擦れることで痛みが出ます。ランナーの方に多く発症することで知られており、早めに治療すればすぐ良くなります。

当院では、軽度は1~2回、重度であれば、5回ほどで治ります。Sさんの症状は軽度だったため、1週間の集中治療で全回復致しました。今月末の東京マラソンは、Sさんにとって念願のレースです。

 

肘部管症候群

突然、小指がしびれ始めたことに驚かれたHさん。あさ起きると右の小指がしびれていたそうです。心当たりはなく、突然のことでビックリしたとのこと。

何をしてても小指のしびれを感じるため、大変悩まれていました。病院には受診せず、ネットで調べて尺骨神経障害とわかり、当院のホームページを見つけました。

問診、検査をしたところ、軽度の尺骨神経障害とわかりました。尺骨神経とは、首から小指にかけて通る神経で小指の知覚や手首を曲げる筋肉を支配する神経です。この神経が何らかの問題で障害をうけると、小指や薬指の半分にしびれが出てきます。

 

幸い、Hさんは発症後すぐに来院されました。しびれの原因も特定しやすく、治療後すぐに効果がでて、2週間後には無事完治致しました。このような神経の症状は発症後から早く診させていただくと、早期に回復されます。
 
肘部管症候群について

上腕二頭筋長頭腱炎

2015年3月から肩の痛みでお悩みだったEさん。趣味の野球をしていたところ、肩に違和感を感じ、整形外科を受診されました。レントゲンにも異常がないため、上腕二頭筋長頭筋長頭炎と診断を受け、シップで様子を見ていました。

その後、無事うでの痛みも治まり、野球を続けていたところ、11月にまた痛み出しました。整骨院で治療を受けたり、マッサージに通いましたが一向に収まる気配が出ませんでした。ついには安静にしてても痛みが引かないため、大変悩まされていました。

当院をホームページでみつけ、来院されました。問診、検査をしたところ、上腕二頭筋長頭腱炎で間違えありませんでした。

当院には腕の痛みで来院される患者様は多くいます。特徴的なのが、症状が複雑化してから来院されるケースが非常に多いです。

腕の痛みは、首、腕、手首、背骨などさまざまなケースがあるため、原因を正確に見分ける必要があります。レントゲン、MRIの検査結果がすべて正しいわけではないので、難しいところです。

幸いにもEさんは上腕二頭筋長頭腱炎単体による症状だったため、2回の鍼灸治療で痛みは無くなりました。

「今までの無駄な治療はなんだったんだ。」

Eさんの印象的な言葉でした。

梨状筋症候群

今回のレポートは、坐骨神経痛でお悩みだったNさんのレポートです。Nさんは専業主婦であまりスポーツはなさらない方です。数年前からお尻が痛くなり始めました。そんなにひどい痛みではないので、ストレッチやシップで対処されていました、

いきつけのマッサージにいったり、自分で少し歩いたりなど色々してみましたがどうしても治らなかったそうです。ただ、痛みもそんなに強くならず我慢できるので、時間が解決してくれると思ったそうです。数年間、一向に治らないため、ネットで探されて当院に来院されました。

問診、検査したところ、慢性化した梨状筋症候群でした。梨状筋症候群は、梨状筋が固まって症状が起きます。梨状筋が固まる理由はさまざまです。骨盤の傾き、筋肉的なバランス、梨状筋へ流れる血液の血流低下など多岐に渡ります。

Nさんの場合は筋肉的なバランスが原因でした。筋肉的なバランスとは梨状筋が固まる必要がないのにNさんのカラダが反応して固めてしまう現象です。Nさんは非常に細身で筋肉の量が少ない特徴がありました。あまり運動しない方や筋肉が少ない方は、筋肉のクセにカラダが引っ張られてしまい、特定の筋肉を異常に使ってしまいます。

Nさんの梨状筋は、カラダを支えるために仕方なく固めていました。筋肉的なバランスを矯正するため、2ヶ月間集中的に鍼灸治療した結果、全回復致しました。

Nさん「カラダは自分のしらないところで少しずつ衰えているわね。」Nさんはしみじみおっしゃっていました。

肘部管症候群による鷲手

尺骨神経のしびれと痛みで悩まされていたMさん。数年前、手の自由がきかなくなり、病院に受診したところ、頚椎の問題が発覚しました。医師のすすめで頚椎の手術をしたとこら、手も動きやすくなり、順調に回復されました。

ところがほどなくして、小指と腕に痛みとしびれが出てきて、どんどん手の筋肉が痩せてきました。病院に受診するも尺骨神経の場所を移動する手術を受けます。小指のしびれ、握力の低下は全く治りませんでした。好きだったサックスも辞めてしまいました。

当院のホームページを見つけ、来院されました。問診、検査をしたところ、首と肘部管症候群のダブルクラッシュでした。

尺骨神経の圧迫されるポイントは、4ヵ所あります。ひとつは、首の筋肉です。尺骨神経は、首の8番目の神経に属します。この8番目の神経が首の筋肉によって圧迫されやすい特徴があります。

ふたつめは、肘の骨です。尺骨神経は、肘の部分で尺骨神経溝という骨のくぼみを通っていきます。この骨と神経が当たることでしびれと痛みを発症します。

三つめは、肘部管といわれる筋肉の隙間です。尺骨神経は尺骨神経溝を通ったあとは、筋肉の間をすり抜けていきます。この筋肉の隙間を肘部管といい、筋肉が凝ったり、張ったりすることで尺骨神経を圧迫してしびれと痛みを発症します。

4つめは、ギオン管といわれる腱と骨の隙間です。手のひらにある隙間で尺骨神経が小指に到達する最後の通過点です。この靭帯が厚くなったり、周囲の循環が悪くなると、しびれと痛みがでてきます。

Mさんを2ヶ月集中的に鍼灸治療したところ、痛みとしびれは大分回復されました。自由がきかなかった小指は、折り曲げれるようになりサックスをはじめる気力が沸いたそうです。

写真でお分かりだと思いますが、Mさんの小指は大分痩せていますが、当院の治療によって通常の生活レベルに回復可能です。

アキレス腱炎

アキレス腱の痛みで悩まされていたAさん。マラソンランナーとして、様々な大会に出場していました。ハーフマラソン、フルマラソン、トライルランまで月1回のペースで大会に出ていたそうです。

数ヵ月前から、走り終わるとアキレス腱に痛みを感じるようになりました。痛みを感じた当初はあまり気にせず走っていましたが、だんだんと痛くなり一ヶ月前のハーフマラソンの後から痛みで走れなくなってしまいました。

整形外科、スポーツマッサージ、整体なといろいろ通いましたが全く良くならず、ついには予定していたフルマラソンまでキャンセルしてしまいました。

大変悩んだ末、当院のホームページを見つけ、来院されました。問診と検査をしたところ、中程度のアキレス腱付着炎でした。アキレス腱の痛みは大きく3つに分類されます。

アキレス腱のまわりが痛くなるアキレス腱周囲炎、アキレス腱自体が部分断裂しているアキレス腱炎、Aさんの症状であるアキレス腱とかかとの付着部が炎症を起こしてしまうアキレス腱付着部炎です。

アキレス腱付着部炎の原因は、ふくらはぎの筋肉のトリガーポイントです。トリガーポイントとは、簡単に筋肉のこりです。トリガーポイントがふくらはぎの筋肉を固くして、アキレス腱にかかる負荷を増大させています。

治療では、ふくらはぎのトリガーポイントを正確に狙えるかがポイントです。正確に狙えなければ、治りません。1ヶ月の鍼灸治療により、Aさんのアキレス腱付着炎は全回復いたしました。

半年ぶりに来院されたAさんですが、アキレス腱付着部炎は再発せず、シンスプリントを発症していました。こちらももう少しで回復致します。

銀座そうぜん鍼灸院の3つの特徴

深層筋や自律神経からカラダを変えていく治療

目的はカラダを根本的に変化させ、疲れにくく回復しやすい状態にもどすことです。

いままで300人以上回復させてきた実績

痛みや症状でやむおえず働けなかった方たちを、いままで300名以上社会復帰できるまで回復させてきました。

院長が責任をもって担当いたします

患者様の対応は院長がおこないますので、担当がかわる心配はありません。

銀座そうぜん鍼灸院の自律神経アプローチ

自律神経とは、カラダの調整機能をになう神経で、内臓はもちろん、循環器、呼吸器を24時間フルサポートでカラダを調整してくれています。

興奮時にはたらく交感神経とリラックス時にはたらく副交感神経に分けられます。この2つの神経がうまくはたらき、寒さ、感情など状況に応じた最適なカラダの状態にしてくれる特徴があります。

自律神経はり治療とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れたとき、以前のもとの状態にもどす治療方法です。

当院の内臓を整える治療は、自律神経と内臓の冷えに着目した独自の治療法です。患者様の治療にあたっております。自律神経とは、呼吸や血液のながれ、内臓の消化といったカラダの活動を24時間調整している神経の中枢です。この自律神経は、精神的ストレス、気温、不規則な生活によって、調整しづらい状況におちいってしまいます。

  1. 交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズじゃなくなる。
  2. 眠たいのに寝れない。
  3. 頑張りたいのに気合が入らない。
  4. 精神と肉体のアンバランスが生まれてしまい、ますます調子がわるくなる。

このような状況を打開するために自律神経はり治療を行っております。東洋医学の検査法、脈診とおなかの内部の状態をみる腹診をおこない、現在の自律神経の状態を判断します。自律神経はり治療によって、患者さまをベストなカラダへ導きます。

東洋医学には内臓の冷えという考え方があります。「風邪」という字がありますが、一般的に「かぜ」といいます。東洋医学ではフウジャといい、風の邪気がカラダに入り込むことにより、咳、鼻水を発症すると考えられています。内蔵の冷えも、寒邪が内臓に入り込むことにより、薬ではおさまらない症状がでてきます。当院では、内臓の冷えに特化した治療をおこない、西洋医学では対処しきれない症状、いわゆる、不定愁訴に対応しております。

自律神経鍼治療の特徴

福田安保理論を採用しております。

自律神経鍼治療は自律神経免疫学で有名な福田安保理論と、平方鍼法のリンパの流れを組み合わせたオリジナル治療です。

「痛みのないはり治療」も対応できますので、お気軽にご相談ください。

舌診、脈診、腹診でカラダを判断します。

患者さまの自律神経を見きわめるときは、東洋医学の診断方法がつかいます。

自律神経によって、脈と舌の状態がおおきくかわります。不安、不快の感情に左右される敏感な神経のため、細かく診察することであなた様の状態にあった自律神経治療をおこないます。

様々な患者さまに対応して身につけた高い技術と知識

上海中医薬大学の研修風景

自律神経の乱れからくる症状には、薬が効きづらいことや原因がはっきりしずらい特徴があります。当院の自律神経はり治療で回復された患者さまです。

  • 上海中医薬大学の研修時に担当したダイエット薬の副作用で苦しんでいた女性
  • 妊娠しているため薬が使えない顔面のアトピー症状
  • 義理の両親から妊娠のプレッシャーをかけられていた不妊治療の30代の女性、のちに妊娠して無事出産されました。

患者様とのお時間を大切にしているため、完全予約制となっております。

 

ご予約はネット予約お電話で受け付けております。

ネット予約はこちらからどうぞ

 

※電話予約の場合、施術中はお電話に対応できないことが多々ございます。着信が確認でき次第、かならず折り返しご連絡いたします。

 

 

受付

ご予約の時間の5分前に来院していただき、問診表を記入していただきます。

ヒアリング

患者さまとの対話を重視することがモットーです。患者さまのお話にじっくりと耳をかたむけ、丁寧にヒアリングいたします。

検査

ヒアリングでお聞きした情報をもとに、症状の原因とゆがみの場所を調べます。

 

体を動かしたり、脈拍の確認、お体がどのような状態かを判断します。

説明

ヒアリングと検査から判断できた症状の原因を患者さまにわかりやすくご説明します。

 

わからないこと、ご不安なことを遠慮なくご質問ください。

 

患者さまにご納得いただけないまま、治療を入るようなことは一切ございません。

お着替え

説明の内容に納得していただいたあと、お着替えをお貸ししております。

 

(お着替えの貸し出しは無料です。)

施術

ここで施術に入ります。

 

施術についてのご質問、ご不安なことはお気軽にご質問ください。

お支払いと次回予約

終了後、施術費用のお支払いをしていただきます。

 

次回の治療が必要な患者さまはこちらでご予約を承れます。お気軽にお申し付けください。

料金表
施術料金(税込

30分ポイント5000円

ピンポイントの症状をしっかり鍼灸治療!

すばやく回復させるプラン

 

60分基本6000円

深層筋ハリ治療と骨盤矯正!

お悩みの症状の完治を目指します。

 

90分徹底9000円

カラダを隅々アプローチ。

体質改善、カラダの軸バランスを整える

東洋医学と西洋医学の合わせ治療

重症、症状が複数ある方向け

 

  • 患者着は無料でお貸しいたします。
  • 現金によるお支払いを御願いしております。

ご予約の変更について

日によりますが大変こみあうことがあり、キャンセル待ちの患者さまが多数いるときもございます。ご予約の変更につきましては、はやめにご連絡いただきますようご協力の程、宜しく御願い致します。

東銀座駅からの行き方

築地市場駅からの行き方

新橋駅からの行き方

難病改善治療

車でお越しの方へ

下は小学生、上は80代の方まで幅広く来院されております。

男女比率は、6割が女性の方です。

当院を知るきっかけは、家族、職場でのご紹介が多いです。最近ではスポーツジムのトレーナーの方々におすすめいただいております。

はじめて鍼灸治療をうけられる方が多いです。おおよそ5割の患者さまがはじめて鍼灸治療をうけられる方です。

ベットは5台ご用意しております!

お着替えもご用意しております!

院長の治療風景です!

ご予約の際は、お名前、希望日時をお伝えください。
確認がとれ次第、ご返信いたします。

ご相談フォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:sample@gmail.com)

必須

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393