完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

4つの鍼灸で症状ゼロを目指す鍼灸院

数あるサイトの中からご覧頂き、ありがとうございます。

 

このページでは当院の鍼灸を詳しく解説しております。

 

  1. 深層筋の鍼灸
  2. 自律神経の鍼灸
  3. 脳の過覚醒鍼灸
  4. 東洋医学の伝統的アプローチ

 

4つの主要アプローチでお悩みの症状をゼロにしていきます。

 

全国でも珍しい深層筋の鍼灸で慢性痛にアプローチ

深層筋につかうはりです。
左:つまようじ、右:深層筋用はり

 

深層筋鍼灸とはカラダの奥にある筋肉にアプローチする鍼灸です。

 

 

非常に繊細な技術のため、正しい知識と技術が必要です。

深層筋をアプローチするときは、長い鍼をつかいます。一般的な鍼は2センチですが、深層筋用の鍼は10センチです。

 

 

 

原因が奥深くにある場合は、深層筋鍼灸で早期回復が可能です。

 

 

深層筋鍼灸の代表的な症状→梨状筋症候群について【原因、ストレッチ、トリガーポイント鍼灸まで解説

慢性痛は深層筋によって作られる

深層筋が固まると、耐え難い症状を感じます。それは痛み、しびれといった人それぞれです。

 

  1. カラダの中では痛みの防御作用が働きます(交感神経の緊張)。
  2. これにより、痛みは自然に治らなくなってしまいます。(慢性痛の完成

 

 

この負のスパイラルを抜け出させるために、深層筋鍼灸を行っております。

 

下の動画は、眼精疲労のアプローチです。

深層筋鍼灸の特徴

なかなか良くならない症状に効く

マッサージやリハビリでは対応できない部分へのアプローチのため、手術が必要な症状などによく効きます。

 

ロキソニン、メチコバール、リリカ、トラムセットなど薬が効かない症状にも非常に効果が期待できます。

痛みがない深層筋の鍼灸もあります。

深層筋鍼灸はズーンとした重たい感覚を伴います。

 

この点を考慮して、痛みのない深層筋鍼灸を独自に開発しました。

 

鍼灸がはじめての方、注射が苦手な方はお気軽にご相談ください。

修行期間で身につけた独自の鍼灸

上海中医薬大学の研修

上海中医薬大学の研修時代の写真

鍼灸を担当する院長は、あなたの悩みを解決に導きます。代表の詳しいプロフィールはこちら

 

  • 上海中医薬大学の研修
  • 2人の師匠のもとで身につけた豊富な知識
  • 北京堂の浅野周先生の深層筋鍼灸と電気鍼を組み合わせたオリジナル鍼灸

自律神経の鍼灸でカラダの恒常性を高める

自律神経の概要

自律神経は、カラダの調整機能を担当してくれる神経です。

 

内臓、循環器、呼吸器を24時間フルサポートでカラダを調整してくれています。

興奮時にはたらく交感神経とリラックス時にはたらく副交感神経に分けられます。

 

この2つの神経がうまくはたらき、寒さ、感情の状況に応じた最適なカラダの状態にしてくれる機能があります。

自律神経の詳しい解説はこちら

 

下の動画は実際の自律神経アプローチです。

自律神経は、精神的ストレス、気温、不規則な生活によって、オンとオフの切り替えがうまく行かなくなります。

  1. 交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズじゃなくなる。
  2. 眠たいのに寝れない。
  3. 頑張りたいのに気合が入らない。
  4. 精神と肉体のアンバランスが生まれてしまい、ますます調子がわるくなる。

このような状況を打開するために自律神経への鍼灸を行っております。

 

この切り替えを正常に戻していく自律神経鍼灸は、自律神経免疫療法の福田安保理論と東洋医学の五診につかった独自の鍼灸法です。

自律神経への鍼灸の特徴

福田安保理論を採用しております。

自律神経免疫学で有名な福田安保理論と、東洋医学の五診を組み合わせたオリジナルの鍼灸です。

 

五診とは、脈のリズム、舌の状態といった東洋医学の特有の判断方法です。

中国医学によるカンセリング

自律神経を見極めるときは、中国医学や東洋医学によるカンセリング方法が行います。

 

自律神経によって、脈と舌の状態が変わるので、不安、不快の感情に左右される敏感な神経のため、細かく観察します。

経験で身につけた高い技術と知識

自律神経の乱れからくる症状には、薬が効きづらいことや原因がはっきりしない特徴があります。

 

当院の自律神経への鍼灸で自律神経が正常に変化された利用者様達です。

  • 上海中医薬大学の研修時に担当したダイエット薬の副作用で苦しんでいた女性
  • 妊娠しているため薬が使えない顔面のアトピー症状
  • 義理の両親から妊娠のプレッシャーをかけられていた不妊の30代の女性、のちに妊娠して無事出産されました。

東洋医学の伝統的な療術で、精神面を落ち着かせます

東洋医学の伝統的アプローチで不定愁訴をゼロにする。

東洋医学は六邪七情の考えがあります。

六邪はカラダに影響を与える気候の変化をいいます。

  1. 風邪
  2. 寒邪
  3. 暑邪
  4. 火邪
  5. 湿邪
  6. 燥邪

 

内臓の冷えという考え方があります。

東洋医学では風邪の影響といい、風の邪気がカラダに入り込むことにより、咳、鼻水を発症すると考えられています。

 

ウイルスから考える西洋医学と違い、古来から伝えられているカラダの反応をみて判断する鍼灸方法です。

七情はカラダに悪影響を与える感情の変化です。

 

東洋医学では、怒りで肝臓が傷つけれるとされています。

実際、ストレスによって肝臓に特別な反応はありませんが下記のようなことがあります。

 

 

  • 日々の怒りで過食、飲酒が増える
  • 肝臓に負担がかかる(脂肪肝、アルコール性肝炎)

上記のように怒りが発端となって、肝臓に悪影響がでます。

東洋医学では結果論の西洋医学とは違い、観念論のように精神の影響も重視して鍼灸を行います。

代表の紹介

宗前裕太

数あるサイトから銀座そうぜん鍼灸院のサイトへお越しいただき、ありがとうございます。

  • 銀座そうぜん鍼灸院はどんなことをしているところなのか?
  • どういう思いで鍼灸をしているのか?

本格的な深層筋や自律神経の鍼灸を受けてみたいと思っていただきましたら、幸いです。代表の詳しいプロフィールはこちら

 

  • 国家資格である鍼灸師の免許を取得
  • 上海中医学薬大学の研修、
  • 鍼灸の師匠での2年間の厳しい修行を経てきた
  • 経験豊富な院長が対応いたします。

代表の詳しい紹介はこちら

 

銀座そうぜん鍼灸院の対応できる症状

銀座そうぜん鍼灸院では筋肉、神経痛はもちろん、薬の効かない症状を得意としております。

 

なぜ、鍼灸が、薬が効かないような症状に効果があるかというと、効果の出し方にあります。

※薬

薬の薬理作用で、神経の興奮する物質を邪魔する、炎症を麻痺させる。

 

 

※鍼灸

鍼灸による生体反応を使って、痛みや神経痛を回復させる。

銀座そうぜん鍼灸院の得意とする症状について解説していきます。

腰の痛み・鈍痛(ぎっくり腰)

腰痛はいろんな原因があり、多種多様な痛み方を訴えます。

痛み方と骨の状態はパターン化されております。下記の5つは当院でよく施術するケースで、解説ページもご用意しております。(リンクも張っておりますので、ご覧ください。)

 

 

 

腰痛の原因は6つあります。

  1. 筋肉
  2. 上半身と下半身バランス
  3. 神経
  4. 内臓

 

この6つの原因にはそれぞれ特有のサインがあります。そのサインから原因を導き出し、腰痛の回復を図ります。

お尻の痛み(梨状筋症候群)

上記の5つは当院でよく施術するケースです。

 

梨状筋症候群とは、お尻の深い筋肉が異常に硬くなり、お尻や足に痛み、しびれを呈する病気です

 

梨状筋症候群の詳しい解説はこちら

 

梨状筋症候群は、揉んでもストレッチしても回復しない特徴があります。その理由は梨状筋の深さと原因にあります。

 

 

  • 梨状筋の固まる原因が、腰からくることがある。
  • 梨状筋のストレッチは坐骨神経を圧迫します。ストレッチが逆効果になることが多い。
  • 梨状筋と同じ役割をもつ筋肉が6つある(外旋6筋)

 

梨状筋の構造の解説はこちら

 

銀座そうぜん鍼灸院には、お尻の痛みを悪化させて来院される方が多いです。

気軽にストレッチ、テニスボールでグリグリすることはお勧めしておりません。

自己判断する前に1度、深層筋の鍼灸をお勧めいたします。

 

1年間回復しなかった梨状筋症候群の施術例はこちら

 

目の症状(眼精疲労、眼痛)

眼精疲労や眼痛でお悩みの利用者様も多く来院されます。

精疲疲労は5つに分けれます。

 

  1. 眼輪筋、側頭筋による眼精疲労
  2. 眼神経による眼精疲労
  3. 眼圧、ドライアイによる眼精疲労
  4. 精神的要因から起きる眼精疲労
  5. レーシック、白内障の術後による眼精疲労

 

眼精疲労の実際の施術例はこちら

 

 

目の疲れは神経痛のため、軽度の方は温熱で楽になります。重度になると目薬も効かなくなります。

 

当院に来院される眼精疲労の利用者様は、ロキソニン、バファリンで痛みを凌いでいた方が殆どです。また、眼精疲労は脳の過覚醒を悪化させます。

 

脳の過覚醒がつづくと、目のけいれん(眼瞼ミオキミア)を起こします。

 

 

目のけいれんの詳しい解説はこちら

 

脳の過覚醒からくる肩こりの実際の施術例はこちら

 

銀座そうぜん鍼灸院では、眼精疲労の回復、眼圧の減少を得意としております。お気軽にご相談くださいませ。

施術することが多い体のお悩み

薬が効かないせきぜんそく

利用者様達の声

歌舞伎役者

中村福助

九代目中村福助

宗前先生には、2010年からお世話になっております。

カラダがいい状態に保てているのも宗前先生のおかげです。

歌舞伎役者

中村児太郎

中村児太朗

宗前先生には、高校生のときからお世話になっております。カラダのメンテナンスは宗前先生に任せております。

首が痛すぎる

首の痛みで勉強できない

頸肩腕症候群

整形外科に通い続けてきましたがまったく治らず、どうしたものかと途方に暮れていました。鍼灸はとても不安でしたが、宗前先生が相談に乗ってくださったおかげで、気持ちが楽になり、鍼灸も緊張せず受けることができました。

肩の痛みと手のしびれが無くなり、東京大学に合格することができました。

走れなかった

アキレス腱の痛みと炎症

アキレス腱炎のランナー

宗前先生には2年前からお世話になっております。定期的に腰痛とアキレス腱に痛みが走るため、鍼灸してもらうと大分楽になります。

今後もメンテナンス、宜しく御願い致します。来年はサハラ砂漠マラソンに出場予定です。

銀座そうぜん鍼灸院の予約方法

ご予約

利用者様とのお時間を大切にしているため、完全予約制となっております。

 

ご予約はネット予約お電話で受け付けております。

→銀座そうぜん鍼灸院のネット予約

 

施術中、お電話に対応できないことがございます。着信が確認でき次第、折り返しご連絡いたします。

 

 

受付

予約時間の5分前に来院していただき、問診表を記入していただきます。

ヒアリング

利用者様との対話を重視することがモットーです。お悩みの部分のお話にじっくりと耳をかたむけ、丁寧にヒアリングいたします。

検査

ヒアリングでお聞きした情報をもとに、症状の原因とゆがみの場所を調べます。

 

体を動かしたり、脈拍の確認、お体がどのような状態かを判断します。

説明

ヒアリングと検査から判断できた症状の原因を利用者様にわかりやすくご説明します。

 

わからないこと、ご不安なことを遠慮なくご質問ください。

利用者様にご納得いただけないまま、施術を入るようなことは一切ございません。

お着替え

説明の内容に納得していただいたあと、施術に入らせていただきます。

 

お着替えの貸し出しは有料です。(300円)

施術

ここで施術に入ります。

 

施術についてのご質問、ご不安なことはお気軽にご質問ください。

お支払いとおすすめの施術日のご提案

終了後、施術費用のお支払いをしていただきます。

施術が必要な利用者様はおすすめの施術日をご提案しております。

次回のご予約はネット予約かお電話で承っております。

→銀座そうぜん鍼灸院のネット予約はこちら

施術料金(税込み価格)

 

初診料   3000円

ネット予約で初診料無料!

 

30分ポイント鍼灸  5000円

ピンポイントの症状を、すばやく変化させるプラン

 

50分基本鍼灸  6000円

全身の鍼灸と骨盤矯正

お悩みの症状の大きな変化を目指します。

 

80分徹底鍼灸  9000円

カラダを隅々アプローチ。

内臓の活性、カラダの軸バランスを整える

東洋医学と西洋医学の合わせ施術

重症、症状が複数ある方向け

 

  • お着替えは300円でお貸ししております。
  • 現金によるお支払いを御願いしております。

 

→銀座そうぜん鍼灸院のネット予約

 

  • 当日のキャンセルはご遠慮いただいております。
  • 予約の変更は早めにご連絡下さい。

アクセス

銀座そうぜん鍼灸院のアクセス方法は4つあります。駅からの道のりもご案内しておりますので、ご覧ください。

 

 

一番近い駅は築地市場駅で徒歩1分で着きます。東銀座駅からは徒歩4分程度です。

 

当院の場所がわからなくなりましたら、お気軽にご連絡くださいませ。スタッフが丁寧にご案内致します。

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393