感音性難聴の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月23日

更新日:2021年 10月19日

本日は感音性難聴について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 感音性難聴とは
  • 感音性難聴の原因
  • 感音性難聴の症状
  • 感音性難聴の改善方法
  • 感音性難聴のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

感音性難聴は、内耳や中枢の神経系に障害があることで起こる難聴

感音性難聴は、内耳や内耳より奥の中枢の神経系に障害があることによって起こる難聴のことです。最も一般的な難聴で、特定の年齢以上になると、ほとんどの人がある程度の感音性難聴を感じます。

 

感音性難聴の特徴は、高音域の音を聞きとることが難しくなることや一度に複数の音を聞いた時特定一つの音を聞き分けることが難しくなることです。

 

感音性難聴には、急性のものと慢性のものがあります。慢性の場合の感音性難聴は、改善を行なっても回復することが難しい難聴です。

 

難聴では聴力を補うために補聴器を使うことが一般的ですが、慢性の感音性難聴の場合は補聴器を使っても聴力を補うことが難しいと言われています。

感音性難聴では、急性か慢性かによって原因が異なる

感音性難聴の原因は、加齢や病気、騒音など様々です。感音性難聴には急性のものと慢性のものがあります。急性は急激に起こる場合の感音性難聴で、慢性は少しずつ症状が進む感音性難聴です。

 

感音性難聴では、急性か慢性かによって原因が異なります。

 

急性の感音性難聴の主な原因は、突発性難聴やメニエール病や急性低音障害型感音難聴などの病気です。

 

慢性の感音性難聴の主な原因は、薬剤や騒音などです。加齢によって起こる難聴も慢性の感音性難聴の一つです。

 

さらに生まれつき感音性難聴であることもあります。

感音性難聴は、複数の音の中の特定の音を聞き分けることが難しい

感音性難聴では、高音域の音を聞きとることが難しくなったり一度に複数の音を聞いた時特定一つの音を聞き分けることが難しくなったりします。高齢者に起きる耳が遠くなることなどの加齢によって起きる難聴も感音性難聴の一つです。

 

感音性難聴を発症する前にはある程度の兆候が見られます。

騒がしい部屋で聞き取りにくくなることや小さい音や高音などの特定の声が聞こえなくなること、テレビやラジオの音量を周りの人がうるさく感じるほどの音量にすること、耳鳴りなどです。

 

感音性難聴が起こると、難聴の症状だけでなく、周りの音が入ってこないため不安を大きく感じるようになったり一日の疲れが非常に大きくなったりすることもあります。

急性の場合回復が期待できるが、慢性の場合は回復は期待できない

感音性難聴は、急性の場合は改善を行うことで回復が期待できますが慢性の場合は回復はできません。

 

慢性の感音性難聴の回復が難しいのは、今のところ、音を感じるために重要な内耳の有毛細胞が再生する能力を持っていないことや有毛細胞を再生させる方法が特にないためであると言われています。

 

回復が望めない感音難聴の症状が現れた場合は、できるだけ早く難聴リハビリテーションを行うことが大切です。

 

急性の場合は、主に薬を使って改善を行います。ステロイド薬や浸透圧利尿剤、血管循環改善薬などの薬を使って改善を行うことと同時に、生活習慣の改善も行います。

聴力が残っている場合は、悪化しないようにすることが大切

難聴はそのまま放っておくと、抑うつ状態になったり子供の場合は学習障害が起こったりすることもあります。

 

慢性の感音性難聴が起こった場合でも、聴力が残っている場合には、補聴器や人工中耳を使って悪化しないようにすることが大切です。

 

また、少しでも気になる症状がある場合はできるだけ早く病院に行くことをお勧めします。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393