代理ミュンヒハウゼン症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 12月 3日

更新日:2021年 12月17日

今日は代理ミュンヒハウゼン症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

 ・代理ミュンヒハウゼン症候群とは

 ・代理ミュンヒハウゼン症候群の原因

 ・代理ミュンヒハウゼン症候群の症状

 ・代理ミュンヒハウゼン症候群の改善方法

 ・代理ミュンヒハウゼン症候群のまとめ

代理ミュンヒハウゼン症候群は、子供の命に危険が及ぶ精神的な病気

代理ミュンヒハウゼン症候群は、周りの同情や注目を集めるために親がわざと子どもの身体を傷つけたり、病気になるように仕組んだりする精神的な病気です。

 

より注目を集めようとするがあまり、子供に薬を飲ませたり窒息させたりしてしまうこともあり、子供の命に危険が及ぶこともあります。

代理ミュンヒハウゼン症候群の原因は明らかになっていない

代理ミュンヒハウゼン症候群の原因は明らかになっていません。

 

小さい時の虐待などの体験や、家庭環境の悪さなどが関係していることもあれば、そのような経験はなくても発症することもあります。

 

人によっては、うつ病や境界性パーソナリティ障害などの障害があることもあります。

 

代理ミュンヒハウゼン症候群の詳しい原因は明らかになっていませんが、行動には、周りからの同情や注目を集めたいという心理がつながっています。

親が子供の身体をわざと傷つけたり病気になるよう仕組んだりする

代理ミュンヒハウゼン症候群の症状は、親が子供に対してわざと身体に傷をつけたり、病気になるように仕組んだりして、健気に看病をする親を演じることで、周りからの同情や注目を集めることです。

 

間違って子供が病気であるという判断を医師にさせるために、体温計を操作したり、尿に血液を混ぜて血尿に見せかけたりするなどの行動が見られます。

 

より行動が悪化すると、子供に薬を飲ませたり、子供を窒息させたりすることもあります。子供の身体の不調や病気の状態を本当に作るのです。

 

そのため、子供の命が危険になることもあります。

傷つけてしまう対象と隔離をする

代理ミュンヒハウゼン症候群では、まずは子供と親を離すことが必要です。傷つけてしまう対象と隔離をすることで傷つけてしまうという行為は改善します。

 

背景に障害などがある場合は、障害を改善することが代理ミュンヒハウゼン症候群の改善につながることもあります。

周りの人が気がつくことで発覚することが多い

代理ミュンヒハウゼン症候群は周りの人が気がつくことで発覚することが多いです。そのため、改善には周りの人の協力が必要です。

 

身近な人が発症した場合は、専門家に接し方などについて相談することもお勧めです。

 

行動がエスカレートすると子供の命に危険が及びます。少しでも異変を感じた場合は、精神科などで相談することが大事です。

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393