肘内障の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  8月 3日

更新日:2022年  1月18日

本日は肘内障について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 肘内障とは
  • 肘内障の原因
  • 肘内障の症状
  • 肘内障の改善方法
  • 肘内障のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

肘内障は、肘の輪状靭帯と橈骨頭がはずれかけている状態

肘内障は、肘の輪状靭帯と橈骨頭がはずれかけている状態のことです。起こることが多いのは、歩き始めてから小学校に入学する前くらいの時期の子供です。

 

親と手をつないで歩いているときに転びそうになり親がとっさに手を引っ張った時などに起こるケースが多いです。

 

男の子でも女の子でも起きることがありますが、男の子よりも女の子に多い傾向があります。肘内障が起こったら、改善を行なった後もしばらくは再び起こりやすい状態になります。

肘内障の原因は、骨格が発達している途中であること

肘内障の原因は、骨格が発達している途中であることです。骨格が発達している途中の子供は、肘の輪状靭帯と橈骨頭がしっかり固定されていません。そのため、少しのことで外れかけてしまうことがあるのです。

 

転んだり、強い力で腕を引っ張られたり、腕を掴んで何度も持ち上げられたりすることが亜脱臼のきっかけとなることがあります。

 

子供は大人にとっては軽い力であると思っても、ふとしたきっかけで亜脱臼を起こすことがあるため注意が必要です。

肘内障では、痛みが起きることがほとんど

肘内障の症状は、肘の輪状靭帯と橈骨頭が外れかけて亜脱臼の状態になることです。この時、痛みが起きることがほとんどです。

 

肘内障が起きると、腕を動かすことができなくなり片腕が垂れた状態になることがほとんどです。

 

肘内障で起きる痛みは肘のみです。そのため、肘以外の関節は問題なく動かすことができます。時間が経つと痛みは軽くなります。

 

しかし、時間が経って痛みが軽くなっても関節や周辺組織には異常が起きたままであるため、腕を動かすことを嫌がることが多いです。

肘内障の改善方法は、徒手整復術

肘内障の改善方法は、徒手整復術です。整復術は医師によって行われるもので、ほとんどの場合は数秒程度で終わります。

 

整復術を行なっても肘内障の改善が見られない場合は、骨折などの可能性が考えられることもあります。

 

肘内障は改善しても、しばらくの間は再び起こることが多いです。そのため、肘内障が起こった後はしばらくは公園など外で遊んだりたくさん遊ぶことができる場所へ行ったりなどの力がかかる可能性があることは控えることがお勧めです

 

控えることができなくても、遊んでいる様子をきちんと見るようにしましょう。腕をかばったり痛みを訴えたりすることがなければ活発に遊んでいても問題はありません。

10歳を過ぎても繰り返す場合、骨や腱に問題がある可能性もある

肘内障は歩き始めてから小学校に入学する前くらいの子供に起こることが多いです。

 

骨格の成長途中であることによって起きるもののため、個人差はありますが、10歳を過ぎても繰り返す場合、骨や腱に問題がある可能性もあります。

 

その場合は、整形外科に相談に行き、原因を調べて適切な改善を受けることが大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393