硬膜動静脈瘻の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  11月11日

更新日:2021年  12月24日

本日は硬膜動静脈瘻について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 硬膜動静脈瘻とは
  • 硬膜動静脈瘻の原因
  • 硬膜動静脈瘻の症状
  • 硬膜動静脈瘻の改善方法
  • 硬膜動静脈瘻のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

硬膜動静脈瘻は、硬膜の動脈と静脈が穴によって直接つながる病気

硬膜動静脈瘻は、脳を覆っている膜の中でも骨の真下にある硬膜の動脈と静脈がトンネルのように開いた穴によって直接つながる病気です。

 

硬膜動静脈瘻では、高い圧の血流が動脈から静脈に流れ込み、静脈の圧が上がって血が滞ったり逆流したりすることで、いろいろな症状が現れます。

 

硬膜動静脈瘻は珍しい病気で、日本では年間300人ほど発症していると言われています。

硬膜動静脈瘻の原因は詳しくはわかっていない

硬膜動静脈瘻の原因は詳しくはわかっていません。

 

今のところ、生まれつきの脳血管の異常や頭部の外傷、脳内の炎症、感染症、硬膜の血管の閉塞、手術などが原因で発症すると考えられています。

硬膜動静脈瘻の症状は、硬膜動静脈瘻のできる場所によって様々

硬膜動静脈瘻の症状は、硬膜動静脈瘻のできる場所によって様々です。

 

脳の場合、頭痛や痙攣、麻痺や耳鳴り、言語障害、認知症などの症状が起こります。大きく逆流が起こっている場合は、脳出血やくも膜下出血などが起き、意識障害が起き、命に関わる危険もあります。

 

目の場合、目の充血や目が飛び出し、二重に見える、視力の低下などの症状が現れます。

改善には、血管の中にカテーテルを入れ硬膜動静脈瘻の血流を断つ

硬膜動静脈瘻の改善方法は、血管の中に細いカテーテルを入れ、病変の部分に詰め物をして硬膜動静脈瘻の血流を断つ方法です。

 

動脈側からカテーテルを入れてる方法と静脈側からカテーテルを入れる方法の2つの方法があり、病変の場所や形によってどちらの方法で改善を行うかを選びます。

 

他にも手術や放射線などを使って改善を行うこともあります。

気になる症状があればすぐに医師に相談し、適切な改善を

硬膜動静脈瘻は、原因がはっきりとわかっていないため、今のところ予防する方法もわかっていません。気になる症状があれば早めに医師に相談に行くことが大事です。

 

脳出血やくも膜下出血などが起こり、命に関わることもあります。症状に合った改善方法を行うことが必要です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393