くる病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 8月23日

更新日:2021年 8月25日

本日はくる病について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • くる病とは
  • くる病の原因
  • くる病の症状
  • くる病の改善方法
  • くる病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

くる病は、骨の石灰化が妨げられ骨の形の変形や骨の痛みが現れる

くる病は、骨の石灰化が妨げられることによって骨の形が変わったり痛みが現れたりする病気です。成人で同じ状態になる病気を骨軟化症と言います。

 

くる病は骨が発達している途中の子供が発症する病気で、カルシウムやリンが骨基質に十分に沈着せずセメント部分が足りず弱い骨ができてしまいます。

くる病の主な原因はカルシウム不足、リン不足、ビタミンD不足

くる病の主な原因はカルシウムの不足、リンの不足、ビタミンDの不足です。

 

カルシウムやリンが足りない場合、骨塩が足りない弱い骨ができてしまいます。ビタミンDが足りない場合は食べ物に含まれているリンやカルシウムを腸から体の中へ吸収する働きをしているため、骨塩が足りない弱い骨ができます。

 

最近では子供も紫外線を避けるようになっていますが、ビタミンDの不足やくる病を予防するためには、日光を浴びることも大事なことなのです。

 

くる病の中には、遺伝子の変化が原因で起こるくる病もあります。

くる病では、骨が柔らかく曲がりやすくなり伸びにくくなる

くる病の症状は、骨が柔らかく曲がりやすくなり伸びにくくなることです。

 

歩き始めるまでや乳歯が生える年齢が遅かったり、歩いた時に左右に揺れたり、虫歯になりやすかったり、O脚やX脚になったり、身長が伸びなかったり、転びやすかったりします。

 

歩き始める前の1歳未満の乳児の場合は、ビタミンDが不足することで痙攣が起こることもあります。

くる病の改善方法は、日光浴とバランスの良い食事

くる病を改善するための基本になることは、日光浴をすることと栄養バランスの整った食事をすることです。症状が重い場合は、ビタミンDを薬として使うこともあります。

 

外出をしていないことやビタミンが不足していることなどの生活習慣が原因で起こるくる病の場合は、生活習慣を見直すことでくる病を改善し、予防をすることができます。

 

しかし、遺伝子の変化が原因の場合は、リンやビタミンDを継続して使うことが必要になります。

最近の生活はビタミンDが不足しやすくなっている

現在くる病の子供が増えています。その原因は、食事からも日光からもビタミンDが不足していることです。

 

ビタミンDには、食べ物から摂るものと日光にあたるで皮膚で合成するものがあります。両方を合わせて十分な量になればビタミンD不足にはなりません。しかし、最近は、生活を送る上で両方とも不足しがちです。

 

ビタミンD合成には紫外線がある程度必要です。そのため、冬は不足しやすいですが、最近は夏も日焼け止めなどによって紫外線対策をすることでビタミンDが不足しやすくなっているのです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393