三角骨障害の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  8月23日

更新日:2022年  9月10日

本日は三角骨障害について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 三角骨障害とは
  • 三角骨障害の原因
  • 三角骨障害の症状
  • 三角骨障害の改善方法
  • 三角骨障害のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

三角骨障害は、足関節後方インピンジメント症候群の一つ

三角骨障害は、足関節後方インピンジメント症候群の一つです。三角骨障害では、足の関節の後ろ側やアキレス腱の部分に痛みが現れます。この痛みは、三角骨が足関節後方で脛骨と踵骨の間に挟まれることで起こります。

 

三角骨とは、本来ないはずの骨で、足関節の距骨の後ろにある過剰な骨のことです。三角骨の発生は、約10%の人にみられると言われています。三角骨があるだけでは三角骨障害は起こりません。

三角骨障害は、バレエダンサーやサッカー選手に多い

三角骨障害の原因は、三角骨が足関節後方で脛骨と踵骨の間に挟まれたり擦れたりすることです。これは、スポーツをしていることによって起こります。

 

スポーツをしている人に三角骨障害が見られることがほとんどなのです。特に学生の部活動で見られます。発症することの多いスポーツは、バレエダンサーやサッカー選手です。

 

バレエダンサーやサッカー選手に多い理由は、クラシックバレエのつま先立ち姿勢やサッカーのキックなど何度も繰り返し足の甲を強く伸ばす姿勢をすることです。

足の関節の後ろ側やアキレス腱の部分に痛みが出る

三角骨障害の症状は、痛みです。足の関節の後ろ側やアキレス腱の部分に痛みが現れます。つま先立ちをした時に足の後ろに痛みを感じるのです。そのためスポーツをしている時やした後に痛みが起こります。

 

一般的には特に症状が現れません。そのため、レントゲンでたまたま見つかることも多いです。症状が悪くなると、足首が腫れて足全体に痛みが起きることもあります。

 

強い痛みがあり腫れている場合は、足関節の中に水がたまることもあります。

スポーツを休み、安静にして鎮痛剤や局所注射で炎症を抑える

三角骨障害の改善方法は、安静にすること、薬で炎症を抑えること、テーピングで固定すること、リハビリテーションをすることです。

 

薬などで痛みが強いときにはまず炎症を抑え、強い痛みが治まれば、足関節の可動域拡大や周囲筋強化を目的にリハビリを行います。

 

まずスポーツを休み、安静にして鎮痛剤や局所注射で炎症を抑えましょう。その後、痛みが改善してきたらリハビリテーションを行います。

 

強い痛みによって日常生活を送る上で困ることがある人や早くスポーツに復帰したい人には手術を行うこともあります。

三角骨ができる原因

三角骨ができる原因としては、骨化核がくっつかず過剰な骨になることと、 距骨後突起の外側結節が骨折して偽の関節となることが考えられています。

 

三角骨になる部位の骨化は約7~13歳頃に現れます。一般的には1年以内に距骨本体とくっつくことで外側結節を作りますが、何か原因がありくっつかない場合は、分かれたままの状態で残ります。

 

このように別れたままになると、三角骨ができると考えられているのです。三角骨障害は、三角骨があるだけでは発症しません。三角骨が、足首の後ろで挟み込まれたり擦れたりすることによって、痛みが起こります。

三角骨障害に効果的なツボ

・足臨泣

丘墟

陽陵泉

足臨泣

足臨泣は、捻挫した後に続く痛みや生理不順などの婦人科系のトラブルに効果的なツボです。偏頭痛や肩こり、ストレスを和らげたりする効果もあります。

 

足首の痛みにも役立つため、三角骨障害の痛みを和らげる効果も期待できます。

丘墟

丘墟は、足関節の痛みや腰痛、坐骨神経痛、股関節や膝や足首の痛み、こむら返りや胸の痛み、胃の痛みなどに効果があるツボです。そのため、三角骨障害によって現れる痛みにも役立つのです。

 

捻挫した後に痛みが続く時にもおすすめのツボで、他にも肩こりや神経痛、偏頭痛などに対して使われることもあります。

陽陵泉

陽陵泉の陽は足の外側という意味、陽陵泉の陵は隆起した腓骨の部分を意味を持ち、陽陵泉の泉は腓骨の下のくぼんでいる場所のことを意味しています。陽陵泉は、足の外側の腓骨の下のすぐ下のくぼみにあるツボということです。

 

陽陵泉の効果は、筋肉の緊張を和らげ、ふくらはぎの血液循環を促すことです。ふくらはぎの血液循環が促されることによって、足の疲れや痛みを和らげることにつながるため、三角骨障害にも効果が期待できます。

ツボの位置と押し方

足臨泣

足臨泣は、足の甲にあるツボで、足の薬指と小指の骨が交わる場所にあります。小指と薬指の間を辿っていき、足の小指と薬指の骨の間から足首の方に少し上がった場所にあるくぼみです。

 

足臨泣は強く押しすぎると痛いです。そのため、強く押しすぎないように注意して、気持ち良いと感じるくらいの力加減で押しましょう。

丘墟

丘墟は、外くるぶしの下前側のくぼんでいる場所にあります。

 

押すときは、かかとを包み込むようにして、親指を使って押します。左右両方7回ほど、ゆっくりと5秒間かけて押していき、ゆっくり離しましょう。

陽陵泉

陽陵泉の場所は、足の外側の腓骨の下のすぐ下のくぼんでいる場所です。

 

押すときは、両手の親指の腹を重ねて押します。約5〜10回ほど押すことがおすすめです。3~5秒かけてゆっくりと押していきましょう。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393