掌蹠膿疱症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 4月 10日

更新日:2022年 6月  7日

本日は掌蹠膿疱症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 掌蹠膿疱症とは
  • 掌蹠膿疱症の原因
  • 掌蹠膿疱症の症状
  • 掌蹠膿疱症の改善方法
  • 掌蹠膿疱症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

小さな水ぶくれが手の平や足の裏にできる慢性の皮膚の病気

掌蹠膿疱症は、何度も繰り返し痒みや痛みがある小さな水ぶくれが手の平や足の裏にできる慢性の皮膚の病気です。小さな水ぶくれは膿の溜まった状態になります。

 

水ぶくれを繰り返すサイクルは、2~4週間です。水ぶくれは、手の平や足の裏だけではなく、膝やすね、肘、頭などにも現れることもあります。

 

症状の特徴には、周期的に良くなったり悪くなったりすることがあります。掌蹠膿疱症を発症していても、体の他の部分や他の人に感染することはありません。

明確な原因がわからないことがほとんど

多くの場合、掌蹠膿疱症の原因はわかりません。関係しているとわかっていることは、喫煙や金属アレルギーなどですが、明確な原因がわからないことがほとんどです。

 

掌蹠膿疱症は、虫歯や扁桃炎、歯周炎、副鼻腔炎などがきっかけで発症することもあります。

 

掌蹠膿疱症は、体のどこかに慢性的な感染症があり、その慢性的な感染症がきっかけで体の他の部位に別の病気を引き起こす病巣感染の代表的な病気とも言われているのです。

症状の特徴は、周期的に症状を繰り返すこと

掌蹠膿疱症の症状は、手の平や足の裏に小さな水ぶくれがたくさんできることです。水ぶくれには、だんだんと膿がたまっていきます。手の平や足の裏だけではなく、足のすねや膝にも水ぶくれが現れることもあります。

 

場合によっては、関節や骨に炎症が起き、激しい痛みが起こることもあります。関節や骨に炎症が起きて現れる激しい痛みは、特に胸骨と鎖骨の接合部に起こることが多いです。

 

初めはかゆみを伴うことが多く、症状が重くなると痛みも現れます。症状の特徴は、周期的に症状を繰り返すことです。

原因がわかっている場合には原因を取り除くことが必要

掌蹠膿疱症を改善するためには、原因がわかっている場合には原因を取り除くことが必要です。

 

掌蹠膿疱症には、金属アレルギーや喫煙が関係していたり、病巣感染していたりすることもあるため、そのような場合は原因の改善に努めることが大事なのです。

 

かゆみが強い場合はステロイド軟膏を使って改善を行います。他にも、ビタミンD3軟膏や抗生物質、ビタミンA誘導体、免疫抑制剤などの薬を使うこともあります。症状が重い場合は、生物学的製剤の注射を行うこともあります。

 

掌蹠膿疱症は多くの場合、自然に改善に向かいますが、改善にかかる期間は個人差が大きいです。そのため、薬などを使って日常生活にできるだけ影響が出ないようにコントロールを行うことが大事なのです。

掌蹠膿疱症を予防するためには、健康管理をきちんと行う

掌蹠膿疱症は、原因がわからないケースが多いです。ただし、虫歯や扁桃炎、歯周炎、副鼻腔炎などがきっかけとなって起こることもあります。

 

そのため、掌蹠膿疱症を発症したとき、扁桃腺炎や歯槽膿漏などの病巣感染がある場合は、できるだけ早く病気の改善を行うことが大事です。

 

掌蹠膿疱症を予防するためには、健康管理をきちんと行うことが重要です。また、禁煙も予防につながります。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393