レット症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 7月23日

更新日:2021年 7月25日

本日はレット症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • レット症候群とは
  • レット症候群の原因
  • レット症候群の症状
  • レット症候群の改善方法
  • レット症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

レット症候群は非常に珍しい障害でほとんど女児に発症する

レット症候群は、生まれてから6ヶ月は一般的で正常な発達をした後、発達に異常が現れる神経発達障害です。レット症候群を発症するのはほとんど女児で、非常に珍しい障害です。

 

レット症候群は遺伝性で、原因は脳の発達に必要な遺伝子の変異です。レット症候群を発症すると、対人関係に障害が起こったり、言語能力がかけてしまったりします。特徴的な症状としては手の反復動作があります。

 

レット症候群の原因は、脳の発達に必要な遺伝子の変異

レット症候群の原因は、脳の発達に必要な遺伝子の変異です。

 

レット症候群であると判断するときは、小児の早期の発育と発達を観察し、遺伝子を調べます。観察の結果と遺伝子を調べた結果によってレット症候群の判断を行います。

レット症候群の症状は、言語能力と社会的な技能の低下

レット症候群の症状は、言語能力と社会的な技能の低下です。そのため、対人関係の障害などが起こります。

 

特徴的な症状としては、手の反復動作が現れます。手を洗ったり絞ったりするような手の動きを繰り返し行うのです。

 

徐々に意図的に手を動かすことができなくなり、歩行障害が現れ、しっかりとした体幹運動できなくなります。多くの場合は、重度の知的障害も現れます。けいれん発作繰り返し起こることもあります。

 

成長が遅れるため、体重を保つことが難しくなることもあります。

 

改善のためには、色々な分野の専門家がチームとなって改善を行う

レット症候群には根本的な改善方法はありません。

 

改善のためには、色々な分野の専門家がチームとなって改善を行うことが大事です。レット症候群では様々な部分に障害が出てくるため、ほとんどの場合で広い範囲のケアと特別な教育プログラムが必要になるためです。

 

けいれん発作が起こる場合には薬を使ったり、体重を保つために栄養面でのサポートをしたりすることもあります。

改善においてのチームの重要性

レット症候群は、一般的にはチームで改善を行うことで成人まで良好な状態で過ごすことができます。

 

現れる症状や症状の現れる程度には個人差があるため色々な要因が成長に対して影響します。

 

けいれん発作がどのくらいきちんとコントロールできているのか、栄養が保たれているかなど色々な要因について専門家がチームとして一つになって改善を進めることが重要なのです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393