点状軟骨異形成症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2023年  1月 5日

更新日:2023年  1月14日

本日は点状軟骨異形成症について解説させていただきます。

本記事の内容

  • 点状軟骨異形成症とは
  • 点状軟骨異形成症の原因
  • 点状軟骨異形成症の症状
  • 点状軟骨異形成症の改善方法
  • 点状軟骨異形成症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

点状軟骨異形成症にはいろいろな病気が含まれる

点状軟骨異形成症は、骨端軟骨とその周りの軟部組織の点状石灰化像が見られる病気の総称です。そのため、点状軟骨異形成症にはいろいろな病気が含まれています。

 

点状軟骨異形成症には、CHILD症候群、Keutel症候群、Greenberg骨異形成症、近位肢型点状軟骨異形成症、 脛骨・中手骨型点状軟骨異形成症、Astley-Kendall骨異形成症などがあります。

 

原因も症状も予後も病気によって違います。

点状軟骨異形成症の原因は病気によって違う

点状軟骨異形成症にはいろいろな病気が含まれているため、原因は病気によって違います。CDPX2とCHILD症候群、Greenberg骨異形成症の原因はコレステロールの合成障害です。

 

CDPX1の原因は、アリルスルファターゼEが欠けていることで、近位肢型点状軟骨異形成症はペルオキシソーム酵素がかけていることによって発症します。

 

他にも、染色体異常症やアルコール胎芽症、抗けいれん薬胎芽症なども点状軟骨異形成症につながることがあります。

骨端軟骨とその周りの軟部組織に点状石灰化像が見られる

点状軟骨異形成症の症状は、骨端軟骨とその周りの軟部組織に点状石灰化像が見られることです。

 

骨端軟骨とその周りの軟部組織に点状石灰化像は生まれてから乳児期にかけて見られます。点状石灰化像は乳児期から幼児期早期にはなくなり、骨端核の出現が遅れ、変形や形成不全が起こります。

 

鼻骨が低形成になるため、鼻根部が平坦になり、短い鼻になります。眼瞼斜上や低身長も現れます。

 

点状軟骨異形成症はいろいろな病気が含まれているため、現れる症状もいろいろあります。

 

現れることのある症状は、魚鱗癬様皮膚病変や部分脱毛、白内障や四肢非対称、感音性難聴や爪低形成、末節骨低形成、 関節変形や関節拘縮、脊椎変形、脊柱管狭窄、環軸椎の不安定や呼吸障害などです。

 

他にも、出血しやすい傾向になったり精神発達の遅れが現れたり、先天性腎異常が見られたりすることもあります。

低身長に対しては、成長ホルモンを補充

点状軟骨異形成症の根本的な改善方法は確立していません。そのため、現れている症状に対して改善を行うことになります。

 

頸椎椎体の骨化遅延や後弯変形、脊柱管狭窄、環軸椎不安定性によって頸髄症を発症したり、骨端部の点状石灰化によって早発性の変形性関節症を発症したりすることがあります。

 

その場合は、手術を行うこともあります。

点状軟骨異形成症の予後は病気によって違う

点状軟骨異形成症の予後は病気によって違います。

 

CDPX2は人によって症状の程度が大きく違うため、新生児期を乗り越えることができれば生命予後は良いとされています。CHILD症候群の場合は、胸郭の低形成や側彎が進むことによって心肺機能が低下し予後は悪くなることもあります。

 

CDPX1は一般的に予後は良いとされています。しかし、頸椎の異常が起きることが予後の悪化につながることもあります。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393