完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

頚椎症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  6月26日

本日は頚椎症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 頚椎症とは
  • 頚椎症の症状
  • 頚椎症の改善方法
  • 頚椎症にかかる費用
  • 頚椎症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

頚椎症とは

頚椎症(けいついしょう)とは、頚椎の加齢による椎間板の変性(老化現象)や靭帯がく硬くなることなどにより、頚部の痛みなどの症状が発現したものを総称して、頚椎症と呼んでいます。神経根や脊髄が圧迫され、頚や肩甲骨付近の痛みや、頚肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。障害される部位により、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症と呼ばれます。

 

また両者を合併することもあります。頚椎のクッションの役目をしている椎間板は、20歳を過ぎたころから、年齢とともに、水分が失われて弾力性がなくなり、ひびが入ったり、徐々に潰れたりするなどの変性(老化現象)が始まるといわれます。椎間板の変性は誰にでも生じるため、これ自体は病気ではありませんが、脊柱管(脊髄の通り道)や椎間孔が狭くなり、脊髄や神経根が圧迫され症状がでることで、初めて病気と診断されます。

頚椎症の症状は様々

 

頚椎症(けいついしょう)の症状の症状は様々です。下記に具体的な症状を記載致します。

 

① 頚部(けいぶ)の痛み

頚の後ろの部分に痛みが出ます。また、頚を後ろにそらしたときや重い荷物を持ったときに、痛みが生じることがあります。

②しびれ感、感覚異常

「左右両方の手(および脚)」にしびれ感や感覚異常といった症状が生じます。

③手脚の知覚障害

脚の知覚障害が生じ、刺激を正常に知覚できない状態(例えば何にも触れていないのに痛みが走るなど)になります。

④手先の細かい作業が不自由になる

ボタン掛けや、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になる場合があります。

⑤歩行障害

脚を前に出しにくい、速く歩けない、歩行がぎこちなくなる、階段を降りるのが怖くなるなどの症状が生じる場合もあります。

⑥膀胱直腸障害

排泄の機能が障害されることもあります。頚椎症性神経根症。

⑦しびれ感・感覚異常

主に「左右どちらかの腕から手」にしびれや脱力を伴います。

⑧手の知覚障害

首から手指にかけて知覚障害が生じ、刺激を正常に知覚できない状態(例えば何にも触れていないのに痛みが走るなど)になります。

頚椎症の改善方法は保存的療法

この病気は経過が様々であること、病気の進行が正確には予測できないことから、まずは慎重な経過観察を行いながら、いわゆる保存的療法と呼ばれる方法を行うことを原則です。保存的療法としては、頚椎牽引療法・頚部カラー固定・頚部のマッサージなどの理学的療法などがあります。ただし、これらの方法により症状が悪化することもあり得ますので、十分な観察のもとに行う必要があります。

 

頚椎カラーは有用なこともありますが、この装具を長期間使用していると頚部の筋肉が萎縮してしまい、かえって長期にわたる頚部痛が残ることもありますので、漫然とした使用は避けるべきです。数日間、頚椎カラーを装着して症状が和らぐことが確認できれば、4~8週間装着します。痛みの程度が強い場合には、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などが用いられます。「しびれ」や巧緻運動障害が主な症状の場合には、ビタミンB剤が用いられます。痛みの程度が強い場合には、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などが用いられます。「しびれ」や巧緻運動障害が主な症状の場合には、ビタミンB剤が用いられます。

頚椎症にかかる費用

①自費(保険外)②保険(全国標準医療)、二つの形態での費用がかかります。保険は、ほとんどの医療機関で採用されている一般的な形態です。

患者様の収入や年齢等に応じてかかる費用の7~10割を国が負担します。例えば50歳の方が1万円分で3000円の自己負担、80歳の方であれば1000円の自己負担になります。

また、この方法は○○円、この検査は△△円と言ったように、料金は一部例外を除いて全国一律で決められています。一方、自費ではかかる費用の全額(10割)を患者様が負担する必要があります。その変わり、保険では使用しない器具や材料を使用します。また、保険で認可されていない方法を行うことなどが可能です。専門機関では患者様に合わせた形態があります。

頚椎症のまとめ

頚椎症の方法は様々です。症状が酷くなると、ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどが不器用になったり、歩行で脚がもつれるような感じや階段で手すりを持つようになったりという症状が出ます。手足のしびれも出てきます。比較的若年の方であれば、かけ足やケンケンをしにくくなるなどの軽度の症状を自覚できますが、高齢者では気づくのが遅れる場合があります。自覚症状がある場合には専門機関に相談しましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393