真性多血症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 6月23日

更新日:2021年 7月 8日

本日は真性多血症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 真性多血症とは
  • 真性多血症の原因
  • 真性多血症の症状
  • 真性多血症の改善方法
  • 真性多血症の合併症
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

真性多血症は、骨髄増殖性疾患の1つ

真性多血症は、骨髄増殖性疾患の1つです。真性多血症では、骨髄の中の造血細胞が異常を起こし、血液の全ての種類の細胞が過剰に作られます。赤血球が過剰に作られてしまうことから真性赤血球増加症と呼ばれることもあります。

 

真性多血症は原因不明の病気で、症状としては疲労感や脱力感、ふらつきや息切れなどです。年間で10万人に約2人発症すると言われており、特に中高年に多いとも言われています。

真性多血症は造血細胞に異常が起きることによって起きる

真性多血症は造血細胞に異常が起きることによって起きます。造血細胞が何らかの理由があって傷つくと、エリスロポエチンによる調節ができなくなり、赤血球が過剰に生産されるようになるのです。

 

なぜ造血細胞に異常が起きるのかという原因についてはわかっていないため、真性多血症が起きる原因についてはわかっていません。

真性多血症の症状は疲労感やふらつきや息切れ、血流の低下など

真性多血症の症状は疲労感や脱力感、ふらつきや息切れなどです。場合によっては特に目立つ症状はないこともあります。

 

しかし、病気が進み、血液の中の赤血球が増えると血液の粘度が上がります。そのため、病気が進むと血流が低下したり、血栓ができやすくなったりします。

 

血流の低下は、頭痛やめまい、視力障害、顔面の紅潮などを引き起こすこともあります。さらに、脳梗塞や心筋梗塞、肺梗塞などの血栓症が起きることもあります。

血流が低下すると、集中力の低下にもつながると言われています。そのため、日常生活に影響が出ることも多いです。仕事などで集中力が低下すると、効率よく働くことができないだけでなく、怪我などにもつながるため注意が必要です。

真性多血症の改善の目標は、血栓症を予防すること

真性多血症の改善の目標は、血栓症を予防することです。過去に血栓症になったことがある人と60歳以上の人は血栓症になる危険性の高い人です。どちらか1つだけでも当てはまる場合は、血栓症になるリスクが高いということになります。

 

過去に血栓症になったことがなく60歳以下の場合は血栓症になる危険性は低いといえます。

 

血栓ができるリスクの高い病気を持っている場合は持っている病気の改善にきちんと取り組むことが大切です。血栓症になる可能性が低い場合は、血液中の赤血球の量を抑えるために血液を抜く方法とアスピリンを使って改善を行います。

 

血栓症になる可能性の高い場合は、血液中の赤血球の量を抑えるために血液を抜く方法とアスピリンを使う方法と合わせてヒドロキシカルバミドという薬を使って、赤血球の産生を抑える方法で改善を行います。

真性多血症の合併症

真性多血症は、骨髄線維症や白血病、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を引き起こすこともあります。

 

特に心筋梗塞や脳卒中には注意が必要です。心筋梗塞や脳卒中は、動脈に血栓が詰まることによって起きます。真性多血症では血栓ができやすくなります。そのため、心筋梗塞や脳卒中が起きやすいのです。

 

心筋梗塞や脳卒中を起こすことが真性多血症で亡くなってしまう主な原因と言われています。真性多血症では、血栓を予防することが非常に大切なのです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393