完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

バセドウ病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  6月26日

本日はバセドウ病について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • バセドウ病とは
  • バセドウ病の症状
  • バセドウ病の改善方法
  • バセドウ病にかかる費用
  • バセドウ病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

バセドウ病とは

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが通常より多く分泌されることによって甲状腺機能が進む病気です。バセドウ病は体内に特殊な抗体が作られます。これが大切なホルモンを作る器官である甲状腺を刺激し、普通の人よりも過剰に甲状腺ホルモンを分泌させてしまうのです。バセドウ病になる人は男性よりも女性が多いと言われています。女性では、約200500人に1人がかかっている病気です。

バセドウ病のような甲状腺の病気の3つのタイプ

バセドウ病のような甲状腺の病気は、大きく分けて3つのタイプに分類されます。甲状腺全体が腫れるタイプ、甲状腺の一部が腫れるタイプ、甲状腺の一部に腫瘍ができるタイプの3つです。それぞれのタイプに属する代表的な病名や、病気に伴なう症状などは下記を参考にしてください

疲れやすく、だるい

②異常に汗をかく

③暑がる

脈拍の数が多い、動悸

手足の震え

甲状腺の腫れ

⑦旺盛な食欲

イライラする

かゆみ

口の渇き

その他にも、不眠、微熱が続く、息切れ、髪の毛が抜ける、排便の回数の増加、眼球が出てくるなどの症状の報告もあります。これらに当てはまるような気になる症状がある場合は専門機関へ相談へいくことをお勧めします。

バセドウ病の改善方法

バセドウ病を改善する目的は、血液の中に異常に増えた甲状腺ホルモンを正常にすることです。その改善方法は3つです。その3つの方法は内科的な方法、外科的な方法、放射線を使う方法です。

①「内科的な方法」

内科的な方法は、甲状腺ホルモンの合成や分泌を抑える抗甲状腺剤を使用する方法です。抗甲状腺剤(メルカゾールやチウラジール)を1日約3〜6錠、服用します。普通は、抗甲状腺剤の服用を始めてから1〜3ヶ月後には血液の中の甲状腺ホルモンの濃度は正常と言われる範囲まで低下します。さらに、バセドウ病の症状も改善します。

改善してきた後は少しずつ服用する量を減らします。最終的には、維持のために1日約12錠の抗甲状腺剤を服用します。そして、TRAb が陰性になったことが確認できた時に服用は中止になります。 多くの人はすべての期間を合わせると、2年以上の服用が必要となります。抗甲状腺剤の副作用で1番多い副作用は皮疹(薬疹)で抗甲状腺剤を使用する人の数%の人に見られます。副作用がひどい場合には薬の変更や中止が必要になります。また、重大な副作用に無顆粒球症があります。これは、血液の中の白血球の数が極端に減るという症状が見られます。白血球が減少するため、感染症に対しての抵抗がなくなり、放置すると非常に危険です。

発熱や咽の痛み、リンパ腺が腫れるなどが感染症の兆候です。このような症状が現れた場合、すぐに薬の服用を中止してください。また、必ず医療施設で白血球検査を受けることをお勧めします。薬の服薬を中止した場合、普通は約1〜2週間で白血球数が正常に戻ります。このような副作用は薬の服薬を始めてから約1〜2ヶ月以内に見られることが多いです。内科的な改善方法の欠点は、治療期間が長いことや比較的副作用が多いこと、服薬をやめた後の再発が多いことなどです。一般的に、甲状腺機能が進んでいる間は脈拍や動悸、震えを減らすためにベータブロッカーとよばれる薬を使用します。また、ルゴール液などヨード剤もバセドウ病の改善には有効です。しかし、ルゴール液やヨード剤の効果は長続きしません。そのため、手術前など特殊な場合にのみ、短期間で使用されます。

②「外科的な方法」

 外化的な方法は、手術によって大部分の甲状腺を除去する方法です。この手術には約1週間の入院が必要です。 さらに、手術の前には甲状腺の機能を正常にしておくことが必要です。この改善方法の良い点は、手術の後すぐに甲状腺の機能が正常に戻る点です。しかし、手術によって再発したり、甲状腺機能が低下したりする可能性もあります。

③「放射線を使用する方法」

 放射線を使用する方法は、131Iと呼ばれる放射線をだすヨードを服用する方法です。 131I は甲状腺に取り込まれます。取り込まれた放射線によって甲状腺組織を破壊し、甲状腺ホルモンの分泌される量を減少させることができるのです。服用した後、約1〜2ヶ月で甲状腺の機能は正常に改善していきます。しかし、その後機能が低下することも多いです。機能が低下してしまった場合、その後一生甲状腺ホルモンを服用することが必要になってしまいます。 入院する必要はなく、副作用もありませんが、妊娠中は使用することができません。

バセドウ病の改善にかかる費用

バセドウ病は基本的には保険が適用されます。専門の甲状腺外来にかかる費用は下記を参照にしてください。ただし、バセドウ病は専門機関でも治癒の難しい疾患と言われています。

①「初めての外来にかかる費用」

初めての外来の場合で検査する項目は、血液検査と尿検査、甲状腺超音波検査です。その際にかかる費用は、23,000 円(3割で6,900 円)程度と言われています。

②「初めての外来から2〜6ヶ月間」

初めての外来から2ヶ月間の訪問間隔はおよそ2週間に1回です。その際の検査項目は血液検査です。かかる費用は13,500 円(3割で4,050 円)程度です。

初めての外来から3ヶ月目、4ヶ月目、(5ヶ月目)、6ヶ月目の検査項目は血液検査です。その際にかかる費用は15,000 円(3割で4,500 円)程度です。

③「初めての外来から半年以上経過した場合」

初めての外来から半年異常経過した場合の訪問間隔は甲状腺機能が変動している時は約1 2ヶ月1回、安定している時は約2 3ヶ月1回と言われています。この際の検査項目は、血液検査です。必要に応じては尿検査もします。かかる費用は11,000 円~ 19,500 円(3割で3,300 円~ 5,850 円)程度です。投薬する量が1 日おきに1 錠、またはそれより少ない量で安定している時期では、3ヶ月1回の訪問で、検査項目は血液検査です。この場合も必要に応じて尿検査をします。かかる費用は13,500 円~ 18,000 円(3割で4,050 円~ 5,400 円)程度です。

バセドウ病のまとめ

バセドウ病には多くの症状があります。さらに、バセドウ病はすぐには完治しない病気です。辛い症状が続く場合は日常生活を改善することや安静にすること、ストレスを溜めないことが重要です。辛抱強く耐えることになるかもしれませんが、辛い場合には西洋医学だけではなく、東洋医学などの自分の体調に合った専門機関に相談することをお勧め致します。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393