完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

胃下垂の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年  5月15日

本日は胃下垂について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 胃下垂とは
  • 胃下垂の症状
  • 胃下垂の原因
  • 胃下垂の改善方法
  • 胃下垂のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

胃下垂とは胃が常に下にさがっている状態

胃下垂は、胃が正しい位置より常に下がっている状態のことです。胃下垂は、お腹の壁の脂肪が不足したり、腹部の圧力が下がっている痩せている人に起こります。

 

胃の動きが下がり、胃の働きが弱っている状態のことを多く胃下垂と言います。虚弱体質などの先天的なことが要因となることが大きいため、病気だと確定することはできません。暴飲暴食や過労、不安、ストレスなどが原因になり、胃の働きが弱って症状が出ます。

 

胃潰瘍は体型にも関係があり、一般的に多くは女性に見られます。胃下垂になった場合、食べた食べ物が胃の中に正しい状態より長い間たまった状態になってしまうため、消化に負担がかかります。

 

胃下垂が重症になると、骨盤の位置まで胃が落ちることもあります。色々な腹部の症状を訴える人もいますが、症状がないこともあります。特定の症状がないこともあり、西洋医学においては病気とされないこともあります。

 

しかし、実際の臨床では胃下垂の人は胃壁の筋肉の緊張が下がり、胃アトニーと言われる胃の動きが鈍くなる状態を合わせて起こしてしまい、色々な症状があることもあります。そのような場合は改善が必要です。

 

胃下垂は自覚症状がない

胃下垂では、一般的に自覚症状がないことが多いです。胃部膨満感や上部腹痛、少ない食事の量で満腹感を感じる、食後の胃のもたれやむかつきを感じるなどの症状があることもあります。

胃の筋緊張が下がっている状態を胃アトニーといいます。

 

胃の中に食べた食べ物が長い時間留まるため、食後の上腹部膨満感や重圧感、滞留による胃酸の過剰な分泌からくる胃の痛みや悪心、嘔吐、食欲不振、全身の倦怠感、体重が減少するなどの消化器に対して症状があることもあります。

 

他にも頭痛やめまい、肩こり、動悸などの症状も認められることが多いです。

胃下垂の原因は姿勢や動作、食事、睡眠、ストレス

胃下垂の原因は、姿勢や動作、食事内容、睡眠、精神的なストレスなどが考えられます。人は二足歩行に進化するとき、腰痛と内臓下垂、難産などの苦難を背負ったといわれています。

 

毎日を健康に過ごすためには、できるだけ腰に負担のない姿勢、内臓が下がらない姿勢を心がけるようにすることが大切です。

胃下垂の特徴は、体つきの細い女性に多いことです。甲状腺機能亢進症や脳下垂体不全などホルモンの病気、お腹の手術、出産を繰り返すことによっても胃下垂を起こすことがあります。

 

軽い胃下垂であれば、生まれ持った素因や体質が原因となっていることがほとんどです。後天的な原因としては、暴飲暴食や過労、ストレス、出産などが原因となることがあります。

 

糖尿病に関係したものや胃の手術の後などの病気が胃潰瘍の原因となることもあります。

胃下垂の改善方法は姿勢

胃下垂の多くは体質的なものです。そのため、ほとんどの場合改善する必要はありません。暴飲暴食やストレスを避け、バランスよく規則正しい食生活を心がけてください。

 

胃の負担を考えると、食事は少ない量で回数を増やして行った方が良いです。胃の蠕動運動を促進するためには適度な運動も効果を発揮します。改善のために、胃薬や消化を助ける酵素剤が使われることもあります。

胃下垂や内臓の下垂での下腹がポッコリした状態は姿勢を正すことで改善することもあります。姿勢を正すためには体操療法や整体が効果的です。

 

食事内容を見直して、腸内環境をよくすることによって自分で改善することも多いです。改善するために施術する人は治し方を的確にアドバイスすることが重要です。

胃下垂によって何かの症状があり、改善を行う場合は主に3種類の方法が使われます。

 

1つ目は、薬物療法です。胃痛には制酸剤が効果を発揮します。悪心や嘔吐には胃排出機能促進剤などの制吐剤や自律神経調整剤などを使います。さらに、ストレスなどの心因的要因があることも多くあるため、抗不安薬も効果的です。

 

2つ目は食事療法です。胃下垂の人には、痩せていて慢性的に食事の量が少ないことが多いため、栄養価の高い食事を胃に負担をかけないように食べることが重要です。

 

例えば1回の食事量を少なくして5~6回に分けて食事をしたり、水分を少なくし消化しやすい料理に調理したり、良く噛んで食べたりすると良いです。少量のアルコールやコーヒー、香辛料は食欲亢進作用もあるため、胃の痛みがない場合は、食事の制限を目的にするのではなく、どれだけ快適に食生活を送るかを目的にします。

 

3つ目は、理学療法です。消化吸収を進めるために、食後の体位を工夫したり、腹筋の発達を促す運動をしたりすることが効果的です。痩せ型の人が太ることができれば、胃下垂の症状の改善が期待できます。

胃下垂は症状があれば改善が必要

胃や内臓が下がったままの状態で生活をしていると胃腸の機能が下がってしまいます。不健康な体になっていくのです。

 

不健康な体になると、便秘や下痢、痔、胃炎、胃潰瘍、頻尿、尿もれ、生理痛、子宮筋腫、冷え症、クローン病、鼠径ヘルニアなどのいろいろな症状が起きることにつながります。

 

基本的には症状がない場合は、改善する必要はありません。何かしらの症状が現れている場合は、胃腸機能調整薬や消化酵素薬などを使うこともあります。

胃下垂の人の胃は、胃自体の消化運動が正しく行われていない状態です。胃の消化運動の不調は、飲んだり食べたりした物の消化や吸収を低下させます。すると、体全体に十分な栄養を届けることができません。

 

そのため、貧血や肌荒れなどの栄養障害を引き起こす可能性もあります。さらに、胃下垂は胃アトニ-という疾患を合わせて起こしてしまうこともあります。胃アトニ-は消化する力が低下し、胃に食べたものが長く留まってしまい、食後に膨満感を起こしやすくなってしまいます。

 

さらに胃酸過多によって胃壁を荒らし、胃炎や胃潰瘍を起こすこともあります。そのため、そのような場合には、早めに改善することをお勧めします

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393