完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

白血病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 3月23日

更新日:2021年 5月23

本日は白血病について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 白血病とは
  • 白血病の種類
  • 白血病の原因
  • 白血病の症状
  • 白血病の調べ方
  • 白血病の改善方法
  • 白血病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

白血病は、血液のがん

白血病は、血液のがんです。白血病は、白血病細胞というがん細胞が、血液や骨髄の中に増えてしまう病気なのです。

 

血液の中には、3つの血球があり、赤血球、白血球、血小板と言われています。この3つの血球が作られる時何か異常が起きることで、白血病細胞と呼ばれるがん細胞が作られます。

 

白血病には様々な種類があります。症状の進み方によって急性と慢性に分かれており、増えてくる細胞が骨髄性のものかリンパ性のものかによって骨髄性とリンパ性にも分かれています。

白血病の種類

白血病には様々な種類があります。

・慢性リンパ性白血病群

・慢性骨髄性白血病

・骨髄増殖性疾患群

・急性骨髄性白血病

・急性リンパ性白血病

・成人T細胞白血病、リンパ腫

・骨髄異形成症候群

・その他の白血病

・骨髄異形成/骨髄増殖性疾患群

などです。

小児の白血病の場合は、ほとんどが急性リンパ性白血病です。急性骨髄性白血病の小児もいますが、割合は急性リンパ性白血病が約70%、急性骨髄性白血病が約25%だと言われています。

 

小児のがんの中で1番多い病気が白血病です。発症する年齢は決まっておらず、何歳で発症することもあります。特に3歳から5歳で発症することが多く、女の子より男の子の方が発症する頻度が少し高い傾向にあります。

 

小児が急性リンパ性白血病を発症する原因は明らかになっていません。現在は、未熟なリンパ球に対して、何かの理由で染色体や遺伝子の異常が起き、その異常が積み重なることによって、小児が急性リンパ性白血病を発症すると考えられています。

白血病の原因は明らかになっていない

白血病の原因は明らかになっていません。ただし、放射線の被曝や染色体の異常、免疫不全症などがあると、白血病を発症する頻度が高いということはわかっています。

 

がんに関係のある遺伝子は2種類あります。がん化を進める働きのがん遺伝子と、がん化を抑える働きのがん抑制遺伝子です。

 

血液系のがんは、がん抑制遺伝子は末期になるまで活性しています。そして、多くの段階の遺伝子異常が起きた後、体の免疫の防御機構をうまく通り抜け生きていることができたがん細胞が白血病として発症すると考えられています。

慢性骨髄性白血病の原因は、フィラデルフィア染色体という異常な染色体であるということが明らかになっています。しかし、染色体を傷つける原因や染色体の危険因子などについてはまだわかっていません。

 

染色体を傷つける原因や危険因子として考えられるものの候補には、放射線や化学物質、喫煙、ウイルスなどがあります。

 

中でも、成人T細胞白血病の原因はHTLV-1というウイルスであるということがわかっています。HTLV-1というウイルスが母乳や血液を通して感染することによって成人T細胞白血病は発症するのです。

 

白血病ではなく、他のがんを改善するために、抗がん剤や放射線を使って改善を行うことがあります。その場合、抗がん剤や放射線によって、白血病を発症する場合もあります。

白血病では全身に様々な症状が現れる

白血病では全身に様々な症状が現れます。

白血病は正常な血球が減ってしまいます。そのため、息切れや動悸、倦怠感、あざ、出血斑、鼻血、貧血、発熱などの症状が現れます。

 

白血病になると異常ながん細胞が各臓器に運ばれることになります。そのため、腹部の腫れやしこり、痛みや歯茎の腫れや痛み、腰痛、関節痛、頭痛、吐き気、嘔吐、リンパ節の腫れやしこりなどの症状も現れます。

 

慢性の白血病の場合、症状はゆっくりと進んでいきます。そのため慢性の場合は、症状がほとんど見られないということもあります。

白血病を判断する際に調べること

白血病を判断するために、はじめに調べることは血液です。まず、赤血球、血小板、白血球の数を調べて、異常ながん細胞がないか、どのような種類の細胞が多くてどのような種類の細胞が少ないのかなどを調べていきます。

 

次に、染色体や遺伝子の変異や細胞の表面の免疫に関係している物質を調べます。脊髄や骨盤に針を刺して脊髄液や脊髄組織を取り調べていきます。

 

このような手順で調べていくことで、白血病であるかどうかの判断や、白血病のタイプ、色々な合併症など詳しい判断をすることができます。

 

効果的な薬を調べるときや改善の結果を判定するときにも、血液と染色体や遺伝子の変異や細胞の表面の免疫に関係している物質を調べることは非常に有効です。

 

そのため、初めの判断だけでなく白血病の改善を行っている期間にも繰り返し調べることが多いです。

 

必要な場合は、エックス線やCT、PET-CT、超音波、脳や脊髄の髄液なども調べます。これらの方法は、他の臓器にがん細胞が運ばれていないかなどについて調べる方法で、他の臓器に白血病のがん細胞が送られてしまい合併症を起こしてしまうことを避けるために有効です。

白血病の初期段階の場合は血液を調べても、白血球の数が少なくなったり貧血であるということだけの結果が出ることがあります。

 

そのため、白血病の疑いがある場合は骨髄穿刺をして調べることが必要です。骨髄に白血病の細胞が1つでもある場合は急性白血病と判断されます。しかし、実際には正常な幼若細胞と、白血病の細胞を正確に判別することは難しいことです。

 

ほとんどの場合は正常な幼若細胞が5%以上あることはありません。5%以上、正常な幼若細胞が骨髄の中に存在している場合白血病であると判断されます。

 

正常な幼若細胞が30%以上ある場合は、急性白血病と判断され、30%未満の場合は、骨髄異形成症候群と判断されます。

白血病の改善方法は、薬と造血幹細胞移植

白血病の基本的な改善方法は、薬です。白血病の薬には、直接がん細胞をやっつける抗がん剤や特定の細胞を選んでやっつける分子標的薬などがあります。

 

白血病のそれぞれのタイプや年齢、病状、合併症などを考慮して、医師との相談の元で薬を選択し組み合わせて使用します。

 

最近では色々な分子標的薬が出てきており、どの薬が効果を発揮するかどうかを調べてから使うことができるようになりました。薬での改善が十分な効果を発揮すれば、再発の防止に取り組みながらではありますが社会復帰することができます。

 

造血幹細胞移植も白血病の改善に有効な方法です。造血幹細胞移植は、まずはじめに大量の抗がん剤や放射線を使い、白血病細胞を正常な骨髄細胞ごとやっつけます。そして、後から健康な造血幹細胞を移植して造血機能を復元するという方法です。

 

移植する細胞の種類によって、骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植、ミニ移植など、色々な方法があります。病気の種類や症状、ドナーなどを考えて、どの方法で移植を行うか選びます。

 

造血幹細胞移植の良い点は、移植した細胞の免疫作用によって再発が起こりにくいということです。ただし、移植した後に大きな感染症や拒絶反応などの大きな合併症が起こることもあります。そのため、移植をした後も長い期間病院に通う必要があります。

 

また、造血幹細胞が適しているとされる症例は限定されています。一般的に造血幹細胞移植で改善を行うケースは、抗がん剤や分子標的薬で効果がない時や再発して急に悪化した時などです。

現在、急性白血病は改善することができる病気です。しかし、専門の病院できちんと改善に取り組んだ場合です。専門の病院に行き、きちんと改善に取り組むことが大切なのです。

 

急性白血病を発症すると、体の中に約1012~1013個の白血病細胞が存在するといわれています。改善を行うことで末梢血を正常にして、骨髄の芽球が5%以下にすることを目標として、改善していきましょう。

種類別の特徴

・慢性リンパ性白血病群

慢性リンパ性白血病の判断には、細胞表面抗原分析、染色体、臨床像を検討し、他のリンパ増殖性疾患との鑑別することが重要です。

 

改善するためには、骨髄非破壊的移植が効果的であると言われています。骨髄非破壊的移植は同種免疫反応により抗腫瘍効果のある改善方法のため、慢性の緩やかに進む慢性リンパ性白血病に対して理論的には有効と言えるのです。

 

しかし、骨髄破壊的移植よりも再発する確立が高いため、骨髄破壊的移植と骨髄非破壊的移植では、全生存率や無病生存率にあまり差はありません。

・慢性骨髄性白血病
 
慢性骨髄性白血病は骨髄の中で、過度に白血球が作られる病気です。疲労感、寝汗、発熱などの症状があります。ほとんどの場合、フィラデルフィア染色体と呼ばれる遺伝子突然変異があります。
 
慢性骨髄性白血病の場合は、白血球ががん化して白血病細胞になってもほとんどが正しい白血球と同じ働きをします。さらに、症状もゆっくりと進むため、初めはほとんど症状が現れないことが多いです。
 
 
病気が進むと、白血球の数や血小板の数が増え、貧血が現れ始めます。白血球の数が増えると、全身の倦怠感や無気力、寝汗、脾臓が大きくなることによって起こる腹部の膨満感などの症状があります。
 
 
慢性骨髄性白血病の改善には、初めは分子標的薬を使います。段階が進んだ場合、分子標的薬の量を増やしたり、変更したりすることもあります。症状を和らげるために化学的な方法で改善に取り組むこともあります。
・骨髄増殖性疾患群
 
骨髄増殖性疾患には種類があります。大きく分けると、3つで、原発性骨髄線維症、真性多血症、血小板血症です。他にも、好酸球増多症候群や肥満細胞症なども骨髄増殖性疾患群です。
 
 
稀なケースですが、骨髄増殖性疾患が進んだり変化したりすると、急性白血病になることもあります。
・急性骨髄性白血病
 
急性骨髄性白血病は、病状が進むスピードが早いです。そのため、急に症状が出ることが多く、早く発見して早く改善に取り掛かることが大事です。
 
症状が起こる原因は大きく2つあります。骨髄で白血病細胞が増えることで、血をつくる機能が下がり、正常な血液細胞がつくれないことによって起こる症状と、白血病細胞が臓器に浸潤することで起こる症状です。
 
一般的な改善方法は、抗がん剤です。抗がん剤を使った改善方法は、大きく2つの過程で行われます。初めに抗がん剤をいくつか合わせて改善を行い、その後、白血病細胞を0にするための改善を行います。
・急性リンパ性白血病
 
急性リンパ性白血病は、本来リンパ球になる細胞ががん化して、短い期間で骨髄の中の正常細胞と入れ替わる白血病です。
 
症状は、正常な血球が非常に少なくなることによって現れます。発熱や脱力感、蒼白などの症状が現れることが多いです。改善には化学的な方法が非常に効果的だと言われています。
・成人T細胞白血病リンパ腫
 
成人T細胞白血病リンパ腫はHTLV-1というウイルスに感染することが原因で、発症します。
 
HTLV-1というウイルスが白血球の中のT細胞に感染し、感染したT細胞からがん化した細胞が制限なくどんどん増えていき、成人T細胞白血病リンパ腫を発症するのです。
 
血液の中だけではなくリンパ節でもがん化した細胞は増えていくため、多くの場合リンパ節の腫れが現れます。脾臓や肝臓、肺、消化管、中枢神経系まで病気が及ぶこともあります。
 
一般的な改善方法は化学的な方法です。症状が進むスピードが早い場合は、いくつかの抗がん剤を合わせて使います。
・骨髄異形成症候群
 
骨髄異形成症候群では、赤血球の数が少なくなることによって息切れや動悸、倦怠感などの貧血などの症状が現れます。白血球の数が少なくなることによって起こる症状は、感染症を合わせて起こすことによって発熱やかぜなどの症状です。
 
血小板の数が少なくなることによっては、皮膚の青あざや鼻血、歯茎からの出血など体全体で出血しやすくなったり、血が止まりにくくなったりする症状が現れます。
 
骨髄異形成症候群を改善するためには、病型や経過の見通し、重症度の分類、年齢や全身の状態などを考えて、改善の方針を決めていきます。
 
白血病に進む危険があまりなく症状がない場合は、経過観察することもあります。白血病へ進む危険が高くある場合には、異常細胞の中の情報伝達に関係する新規薬剤や抗がん剤を使うこともあります。
・骨髄異形成/骨髄増殖性疾患群
 
骨髄異形成症候群は、骨髄で造血細胞がきちんと生産されているにもかかわらず、末梢血液の中では赤血球や白血球、血小板が減っている病気です。多くの場合は、急性白血病に進行します。
 
骨髄異形成症候群を改善するためには、同種造血幹細胞移植が効果的です。しかし、ドナーの有無や年齢、全身の状態などいくつかの条件があり、合併症などの危険もあるため、医者と十分に相談した上で決めることをお勧めします。
おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393