膝蓋下脂肪体炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  9月20日

更新日:2021年  9月25日

本日は膝蓋下脂肪体炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 膝蓋下脂肪体炎とは
  • 膝蓋下脂肪体炎の原因
  • 膝蓋下脂肪体炎の症状
  • 膝蓋下脂肪体炎の改善方法
  • 膝蓋下脂肪体炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

膝蓋下脂肪体炎は、膝関節にある膝蓋下脂肪体に炎症が起きること

膝蓋下脂肪体炎は、膝関節にある膝蓋下脂肪体に炎症が起きることです。フォッファ病と呼ばれることもあります。

 

膝蓋下脂肪体炎では、膝の前面やお皿の下あたりの膝に痛みが起こります。痛みは、膝関節に脂肪体が挟まれることによって起こります。

 

膝蓋下脂肪体は膝関節を機能させるために非常に大きな役割を果たしている組織です。そのため、膝蓋下脂肪体に炎症が起きることによって膝の動きに問題が起きたり痛みや違和感が現れたりするのです。

膝蓋下脂肪体炎の原因は、歩きすぎや体重の増加など

膝蓋下脂肪体炎の原因は、歩きすぎやスポーツのしすぎ、体重の増加、外傷、反張膝などです。歩きすぎやスポーツのしすぎは過剰に負担がかかることになるため膝蓋下脂肪体炎の原因となるのです。

 

他にも、半月板損傷や変形性膝関節症、膝の手術など膝蓋下脂肪体炎以外の膝に起きる障害によって起こることもあります。

 

膝蓋下脂肪体炎は、膝関節が変形している場合や可動域が制限されて膝が伸びない状態で行う動作が生活の中に多い場合に起こることが多いです。

症状は、膝の曲げ伸ばしをスムーズにできないことや痛みや違和感

膝蓋下脂肪体炎で現れる症状は、膝の曲げ伸ばしをスムーズに行うことができないことや痛みや違和感です。

 

膝蓋下脂肪体炎では、脂肪組織が異常に増えて柔軟性がなくなります。そのため、膝の曲げ伸ばしをスムーズに行うことができなくなるのです。

 

症状として現れる痛みや違和感は、関節に脂肪体が挟まれることによって起こります。お皿の内側、外側、下側に強い痛みが現れることが多く、炎症が長引くと脂肪組織が増えお皿の下が膨らむこともあります。

改善にはスポーツなどの激しい動きをやめることが大切

膝蓋下脂肪体炎を改善するためにはまず、床に膝をついたりスポーツなどの激しい動きをしたりすることをやめることが大切です。

 

痛みが強い場合や熱を持っている場合はアイシングを行います。​膝蓋骨の可動域の改善をするためには、マッサージやストレッチなどを行います。さらに、テーピングをして膝蓋骨を安定させることもあります。

 

膝蓋下脂肪体炎の改善には、膝に過度な負担がかかっている原因を知ることが大切です。原因を知り、その上で原因に合わせてストレッチをしたり筋力を強くしたり生活習慣を改善したりすることが根本的な改善につながるのです。

膝蓋下脂肪体とは

膝蓋下脂肪体は、膝のお皿の裏にある脂肪組織です。膝蓋下脂肪体は、スムーズに膝の曲げ伸ばしを行う働きをしています。

 

他にも、膝への衝撃を和らげるクッションとしての働きやお皿の可動性をよくする働き、膝関節の内圧を調整し一定に保つ働きをしています。

 

膝の前面にはいろいろな組織がありますが、中でも膝蓋下脂肪体は血管が多くあり痛みや炎症を起こしやすい組織であると言われています。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393