心内膜炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2023年 1月 3日

更新日:2023年 1月 8日

本日は心内膜炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 心内膜炎とは
  • 心内膜炎の原因
  • 心内膜炎の症状
  • 心内膜炎の改善方法
  • 心内膜炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

心内膜炎は、心内膜に異常構造物が起きている状態

心内膜炎は、心臓の内面を裏打ちする心内膜に異常構造物が起きている状態のことです。

 

心内膜炎は、心内膜に疣贅というイボのような塊ができるという特徴があります。特に心臓の弁にできることが多いです。

 

心内膜炎には心内膜炎感染性と非感染性のものがあります。感染性心膜炎は抜歯や手術、怪我などがきっかけで血液の中に病原体が入ることで発症します。非感染性心内膜炎は、病原体以外の原因で起きる心内膜炎のことです。

 

ここでは、非感染性心内膜炎について解説します。

心内膜炎の原因で多いものは、がん

心内膜炎の原因で多いものは、がんであると言われています。特にがんの中でも、肺がんや膵臓がん、胃がんなどが多いという報告があります。

 

他にも、SLEや抗リン脂質抗体症候群、リウマチ熱、HIV、放射線による病気の改善などが心内膜炎の原因として挙げられます。

心内膜炎の症状は、発熱や倦怠感、体重の減少、食欲の低下など

心内膜炎の症状は、発熱や倦怠感、体重の減少、食欲の低下などです。血管が閉塞することによって糸球体腎炎の症状が見られることもあります。

 

疣贅は、非常にもろいため、はがれ落ちて全身の動脈に詰まることもあります。動脈に詰まると詰まった動脈の場所によって体の色々なところに影響が出ます。

 

脳の動脈が影響を受けた場合は脳梗塞が起こったり、眼球結膜が影響を受けた場合は眼球や眼底に出血斑がみられたりするのです。

心内膜炎を改善するためには、原因となっていることを改善する

心内膜炎を改善するためには、原因となっていることを改善することが大事です。

 

原因ががんの場合は、手術を行ったり、抗がん剤や放射線を使ったりしてがんの改善を行なっていきます。SLEの場合は、ステロイドなどの薬を使って改善を行います。

心内膜炎の症状の現れ方や進み方は人によって違う

心内膜炎の症状の現れ方や進み方は人によって違います。非常に少しずつでも進行する人もいれば、特徴的な症状がなかなか現れない人もいます。

 

一回病院に行っただけでは心内膜炎であると判断されず、時間が経ってから心内膜炎の特徴的な症状が揃ってくるということもあります。異変を感じたらすぐに病院に行くことをお勧めします。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393