骨粗しょう症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  2月23日

更新日:2021年  5月15日

本日は骨粗しょう症について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 骨粗しょう症とは
  • 骨粗しょう症の原因
  • 骨粗しょう症の症状
  • 骨粗しょう症の改善方法
  • 骨粗しょう症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

骨粗しょう症は、骨が弱くなり骨折を起こしやすくなる病気

骨粗しょう症は、骨の量が減って骨がスカスカになって弱くなり、骨折を起こしやすくなってしまう病気です。日本では、約1000万人以上の人が骨粗しょう症であるといわれています。

 

発症する年齢は年齢を重ねるに従って増えていく傾向にあります。男性も女性も発症する病気です。

 

しかし、閉経によって起こる女性ホルモンの分泌の低下が骨密度の低下につながりやすいため、特に女性に注意が必要です。骨密度が若い女性の70%未満になった場合に骨粗しょう症と判断されます。

骨粗しょう症が進んでいくと、段々と背中や腰の痛みが現れたり、背骨が曲がったり、身長が縮んだり、などのような症状が現れます。しかし初期段階では症状はあまり現れないため、日頃からチェックしておくことが大事です。

 

骨粗しょう症によって骨が弱くなってしまうと、小さなことで骨折を起こしてしまうようになります。例えば、つまずいて手や肘をつく、くしゃみをする、などの少しの衝撃で骨折を起こしてしまう危険があるのです。

 

中には、骨粗しょう症で骨折を起こしてしまい、介護が必要な状態になってしまう人もいます。

骨粗しょう症の原因の中でも、加齢と女性ホルモンの低下には注意が必要

骨粗しょう症の原因は、加齢や運動不足、食生活、喫煙、閉経後のホルモンバランスの変化、関節リウマチやステロイド薬の使用などです。個人差はありますが、年齢を重ねると誰でも骨密度は低下する可能性があるため、特に注意が必要です。

 

食生活では、ダイエットによる栄養不足が原因となることもあります。中でも特に成長期は丈夫な骨を作って骨にカルシウムを貯める時期です。極端なダイエットは将来の骨密度に悪い影響が出ることもあるため、食事制限などはせずしっかり栄養をとるようにしましょう。

骨粗しょう症は、80%以上が女性と言われているほど特に女性に多い病気です。これは、女性ホルモンが大きく関係しています。

 

女性ホルモンのエストロゲンは、骨が新陳代謝をする時、骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けてしまうことを抑えています。このことによって閉経して女性ホルモンの分泌が下がると、骨密度が低下してしまうのです。

骨粗しょう症は少しの衝撃で骨折を起こしやすい

骨粗しょう症では、転んだりくしゃみをしたりなどの少しの衝撃で骨折を起こしやすくなってしまいます。

 

特に骨折を起こしやすい部位は、背骨、手首の骨、太ももの付け根の骨などです。一般的に、骨粗しょう症そのもので起こる痛みはありませんが、骨折が起こると骨折した部分には痛みが起こり動けなくなります。

骨粗しょう症の主な症状の1つとして、身長が低下することもあります。これは、骨粗しょう症によって骨が弱くなり背骨がつぶれてしまうことによって起こる症状です。

 

背骨が1度でも骨折してしまうと、再び骨折する危険性も高くなってしまいます。4cm以上身長が縮んだという人は、骨密度やレントゲンで調べてみることをお勧めします。

改善の目的は、骨密度が低下することを抑えて骨折を防ぐこと

骨粗しょう症を改善するにおいて目的とすることは、骨密度が低下することを抑えて骨折を防ぐことです。

 

骨粗しょう症を改善のほとんどには、薬を使います。内服薬や注射などで改善に取り組むのです。カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなどの骨の栄養素や、骨が壊されることを抑えるための薬を使うことが多いです。最近では、骨が作られることを促す副甲状腺ホルモン薬が使われることも増えています。

 

骨粗しょう症によって骨折をしてしまった場合には、骨折に対しての改善も必要になります。

骨粗しょう症には、食事や運動などの生活習慣も大きく関係しています。そのため、薬によっての改善に合わせて、食事の改善や改善のための運動も行うことが大切です。

 

運動することは筋力を増やし強くすることにつながります。さらに運動はバランス感覚を良くする効果もあるため、転びにくくなるという点でも有効です。

 

食事では、カルシウムだけでなくビタミンDやビタミンK、タンパク質なども必要です。栄養バランスのとれた食事をすることが大事です。

 

改善のために必要とされているカルシウムの量は、1日当たり700~800㎎です。摂りすぎに注意して摂取するようにしましょう。

骨粗しょう症の予防には食生活と合わせて日光も利用する

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。ビタミンDは紫外線を浴びることによって体の中でも作ることができます

 

長い時間、直射日光を浴びることは、ダメージにつながってしまうことも多いためよくありませんが、適度に日光浴をすることは、骨を健康保つために効果的です。

 

冬の場合は、30分~1時間程散歩に出かけたりすることで程度に日光を浴びることができます。夏の場合は、木陰で30分程度ゆっくり過ごすと良いでしょう。

 

運動のためにも外に出る機会をつくって、上手に紫外線を利用することをお勧めします。

骨粗しょう症の予防には、積極的に骨を作ることに役に立つ栄養素を摂流ことが大事です。カルシウムとビタミンDは同時に摂ると、腸管でカルシウムを吸収するときの吸収率が上がるためお勧めです。

 

高齢になると、食の好みが変わったり小食になったりする人も多いです。特にタンパク質の摂取量が不足してしまうことが多いです。意識して摂るようにしましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393