巨大静脈奇形の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  10月11日

更新日:2021年  11月22日

本日は巨大静脈奇形について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 巨大静脈奇形とは
  • 巨大静脈奇形の原因
  • 巨大静脈奇形の症状
  • 巨大静脈奇形の改善方法
  • 巨大静脈奇形のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

巨大静脈奇形は、頚部、口腔、咽頭に起きる巨大腫瘤性静脈形成異常

巨大静脈奇形は、頚部、口腔、咽頭の全ての部分に広く連続で起きる巨大腫瘤性の静脈形成異常です。頚部口腔咽頭びまん性病変とも言われています。

 

静脈奇形は生まれつきの異常です。しかし、学童期や成人した後に巨大静脈奇形を発症することも多いです。

 

巨大静脈奇形を発症すると、気道が圧迫されたり嚥下が難しくなったりするため、命に影響することもあります。症状が進むと、血液凝固異常や心不全、致死的出血などが起きることもあります。

 

巨大静脈奇形の発症には男性と女性での大きな割合の差はありません。

巨大静脈奇形の原因は、血管の形成や成熟過程の異常

巨大静脈奇形の原因は、血管の形成や成熟過程の異常であると考えられています。この異常は、胎児期に偶然起こるものであると考えられており、生まれつきである考えられていますが詳しい原因は明らかになっていません。

 

基本的に遺伝はしないと言われています。しかし、家族の中で発症している事例も非常に稀ですが存在します。

症状が現れはじめる時期が小児期であることも多い

巨大静脈奇形は生まれた時に発症することが多いです。しかし、乳児期では奇形血管の拡張度が少ないため、症状が現れはじめる時期が小児期であることも多いです。

 

症状は成長したり外的刺激などを受けたりすることで症状が進んで行きます。症状が進むと、疼痛や感染、血液凝固障害などが増悪します。高度の感染や出血、心不全などが起きてしまった場合は、命が危険に及ぶこともあります。

 

気道狭窄が起きるため呼吸困難が現れたり、食べることが難しくなったり、嚥下ができなくなったりします。顎骨の変形や吸収、破壊、骨格性咬合不全、閉塞性睡眠時無呼吸、構音機能障害などの症状が現れることも多いです。

 

場合によっては皮膚や粘膜にも病変が起きることがあります。皮膚や粘膜に病変が起きると、少し刺激を受けただけで血が出たり感染したりします。

巨大静脈奇形の改善法は、アスピリンなどの投与、手術、レーザー

巨大静脈奇形の主な改善方法は、アスピリンなどの投与です。これは、血栓や静脈石を予防するために行います。他にも、手術やレーザーを行ったりすることもあります。

 

手術では頚部や口腔、咽頭の重要な機能がなくなってしまう可能性があるため、完全に切り取ることはできません。

 

レーザーを使って行う改善は、咽頭や口腔の粘膜の近くに起きている病変に対して効果を発揮しますが、病変が深いところにある場合はあまり効果が見られないと言われています。

疲れをためないようにして怪我をしないように気をつける

巨大静脈奇形では、疲れた時や熱が出た時に病変が腫れ、呼吸が苦しくなったり痛みが起きたりすることがあります。

 

さらに、外傷でも悪くなることがあり、傷や潰瘍ができた場合は感染の原因にもなります。出血傾向がある場合、外傷を受けた時、なかなか血が止まらないこともあります。

 

疲れをためないようにして怪我をしないように気をつけることが大事です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393