ベスレムミオパチーの鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  10月20日

更新日:2021年  10月29日

本日はベスレムミオパチーについて解説させていただきます。

本記事の内容

  • ベスレムミオパチーとは
  • ベスレムミオパチーの原因
  • ベスレムミオパチーの症状
  • ベスレムミオパチーの改善方法
  • ベスレムミオパチーのまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ベスレムミオパチーは、Ⅵ型コラーゲン遺伝子の異常が原因の病気

ベスレムミオパチーは、Ⅵ型コラーゲン遺伝子の異常が原因でおこる病気です。

 

腕や太ももなどの筋力の低下や手指や手首、肘、足の関節が曲がった状態で固まってしまう症状が特徴で、症状は少しずつ進みます。

 

ベスレムミオパチーの報告は非常に少なく、珍しい病気です。ほとんどがベスレムミオパチーであると判断されていないため、報告が少ないとも言われています。

ベスレムミオパチーの原因は、Ⅵ型コラーゲン遺伝子の異常

ベスレムミオパチーの原因は、Ⅵ型コラーゲン遺伝子の異常です。基本的には遺伝をします。

 

遺伝形式は常染色体優性遺伝で、父親と母親のどちらかが異常な遺伝子を持っていることで子供に遺伝し、発症するのです。

 

Ⅵ型コラーゲンが異常になることで、どのようにして筋力が低下したり関節に異常が出たりするのかということについては詳しくはわかっていません。

 

 

場合によっては、常染色体優性遺伝によっての遺伝以外にも、遺伝子の突然変異や他の遺伝形式で発症することもあります。

ベスレムミオパチーの主な症状は、筋力の低下や関節の屈曲拘縮

ベスレムミオパチーの主な症状は、腕や太ももなどの体の中心部に近い筋肉での強い筋力の低下や筋肉の萎縮や手指や手首、肘、足の関節の関節が曲がったまま固まってしまうことです。

 

関節が曲がったまま固まってしまうことによって運動をすることも難しくなります。

 

他にも皮膚の異常が現れることもあり、ケロイドを形成しやすくなることもあります。呼吸や心臓に障害が起きることもありますが、呼吸や心臓の障害は非常に珍しいケースです。

 

症状の程度は人によってさまざまで個人差がありますが、乳幼児期から何かの症状が現れて始めていることが多いです。しかし、はっきりと症状が現れるのは10〜20歳ごろです。ベスレムミオパチーの症状は少しずつ進んでいくのです。

ベスレムミオパチーの根本的な改善方法はわかっていない

ベスレムミオパチーの根本的な改善方法はわかっていません。関節が固くなることを防ぐことと筋力を保つことを目的に改善に取り組みます。

 

関節が硬くなることや筋力の低下の予防をするために行う方法は、リハビリテーションです。

 

足首の関節が固くなってしまい、歩くことが難しくなるなどの運動障害が現れた場合は手術で改善に取り組むこともあります。その場合は主にアキレス腱延長術を行います。

ベスレムミオパチーの症状は少しずつ進む

ベスレムミオパチーの症状は少しずつ進んでいきます。そのため、ゆっくり歩行障害が進みます。約半分の割合で50歳代になると、歩行補助具や車いすが必要となると言われています。

 

呼吸の障害が現れることは非常に珍しいですが、症状がかなり進むと人工呼吸器が必要になることもあります。

 

症状には個人差があるため、自分の症状をきちんと把握しておくことが大切です。関節の拘縮による運動制限がはっきりと現れはじめたら、転倒などには注意をして生活しましょう。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393