鵞足炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  8月23日

更新日:2022年  9月20日

本日は鵞足炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 鵞足炎とは
  • 鵞足炎の原因
  • 鵞足炎の症状
  • 鵞足炎の改善方法
  • 鵞足炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

鵞足炎は、鵞足に炎症が生じる病気

鵞足炎は、鵞足に炎症が生じる病気です。鵞足は、膝の内側下方の脛骨の周りのことです。

 

膝の屈曲や股関節の内転動作を行い、繰り返し滑液包に負担がかかることで、慢性的な痛みが起こるのです。

 

滑液包は、膝などの関節にある小さなゼリー状の袋のことです。滑液包には少量の液体が含まれており、骨と軟部組織の間で摩擦を軽くする働きをしています。

 

鵞足炎が多く見られるのは、スポーツ選手ですが、スポーツをしていない人でも打撲などがきっかけで鵞足炎を発症することもあります。

滑液包に炎症が起きることで、鵞足炎を発症する

鵞足炎の原因は、膝の屈曲や股関節の内転動作を行い、繰り返し滑液包に負担がかかることです。滑液包に炎症が起きることで、鵞足炎を発症するのです。さらに、打撲などの外傷がきっかけで鵞足炎を発症することもあります。

 

鵞足炎がよく見られるのは、スポーツ選手です。中でも特に縫工筋、半腱様筋、薄筋の硬さが強い場合、発症することが多いと言われています。

 

変形性膝関節症の人にも発症が多く見られます。他にも、不適切なトレーニングや急な坂道のランニング、急激に走行距離が増えること、肥満なども鵞足炎の発症に関わると考えられています。

鵞足炎の症状は、膝の内側の下方に現れる痛み

鵞足炎の症状は、膝の内側の下方に現れる痛みです。痛みが現れた部位では、腫れが見られたり、押した時に痛みを感じたり、熱感が現れたりすることも多いです。

 

鵞足炎で現れる痛みは、運動をした時や階段を下る時、歩く時などに強くなります。症状が重くなると、安静にしていても非常に強い痛みを感じることもあります。

改善方法は、安静、アイシング、抗炎症薬など

鵞足炎の改善方法は、安静にすること、アイシングを行うこと、抗炎症薬を使うことなどです。なかなか改善が見られない場合は、滑液包に少量のステロイド注射を行うこともあります。

 

ステロイド注射を行うことで、多くの場合症状は改善します。しかし、1〜2ヶ月くらい経った後再び痛みが現れることもあるため、注意して様子を見ることが大事になります。

ストレッチを行って筋肉の緊張を弱める

鵞足炎では、ストレッチを行って筋肉の緊張を弱めることも改善に役立ちます。

 

しかし、炎症が強い時期にストレッチを行うと、症状が悪くなることもあります。そのため、症状が強くある場合は、安静にしてアイシングをしたり消炎剤や消炎鎮痛剤を使ったりすることが大事です。

 

大腿後面のストレッチを行うときは、片足を伸ばし、もう一方の足は膝を曲げて床に座り、伸ばした側の足先を両手で触るように体を前にゆっくりと倒していきましょう。

 

太もも内側の筋肉のストレッチを行うときは、片足を伸ばし、もう一方の足は膝を曲げて床に座り、伸ばした側のつま先を内側に倒して伸ばした側の足先を両手で触るように体を前にゆっくりと倒していきます。

 

ストレッチを行っているとき、痛みを強く感じる場合は症状が悪くなることもあるため注意が必要です。痛みを感じる場合は、伸ばしている側の膝を少し曲げることで負荷が減ります。

鵞足炎に効果的なツボ

曲泉

陰包

陰陵泉

曲泉

曲泉は、気血が泉のように集まる場所という意味を持つツボです。そのため、婦人病や生殖器系のトラブルに対してよく使われます。

 

曲泉は足にあるツボで、ツボのある場所が鵞足炎で痛みの現れる部位に近く、押すことで縫工筋や薄筋に対して刺激を加えることができることから鵞足炎に対しても効果が期待できます。

陰包

陰包は肝経のツボです。陰包の陰は足の内側という意味があり、肝経は足の内側を包み込んでいることがツボの名前の由来であるといわれています。

 

肝経のツボのため、泌尿器や生殖器系のトラブルに対して効果を発揮します。ツボのある場所が足であり鵞足炎で痛みの現れる部分に近いことから鵞足炎に対しても効果が期待できます。

陽陵泉

陰陵泉は、お腹の冷えや消化不良、尿失禁や生殖器の痛みなどに効果的なツボです。

 

鵞足は、解剖学的に縫工筋、薄筋、半腱様筋の3筋の停止部のことです。

 

膝の下方にある脛骨粗面の内側に、縫工筋、薄筋、半腱様筋の3筋が付着しており、縫工筋、薄筋、半腱様筋の3筋の筋腱が腱膜様に広がっている形がガチョウの足のように見えることから鵞足と呼ばれているのです。

 

陰陵泉のある場所が鵞足の後方であることから、刺激をすることで縫工筋、薄筋、半腱様筋の3筋に対しても刺激が入るため、鵞足炎に効果を発揮すると言われています。

ツボの位置と押し方

曲泉

曲泉は、膝を曲げた時に膝の裏にできるしわの一番内側の場所にあります。

 

押すときに強い力で押してしまうと、痛んでいる筋腱に対して強い刺激を与えてしまうことにつながります。そのため、軽い力で押すことが大事です。

陰包

陰包は、膝の内側に触れる大きな骨の上に向かって指5本上がった場所にあります。膝蓋骨の内側に骨の突出するふくらみから約10cm上にあります。

 

押すときは、両手の親指を重ねて押します。円を描くようにしてもむことがおすすめです。右回りにも左回りにも約10回ほどもむと良いでしょう。

陰陵泉

陰陵泉は、膝の下にあるツボです。膝の下の内側の骨が、大きく曲がって細くなった場所にあります。

 

軽く押してみて痛みがある場合は、余分な水分がたまっているというサインになります。時々押すことで体の中の水分をチェックすることにも役立ちます。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393