性機能障害の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年 5月 15日

本日は性機能障害について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 性機能障害とは
  • 性機能障害の原因
  • 性機能障害の症状
  • 性機能障害の改善方法
  • 性機能障害のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

性機能障害とは性行為に障害が起こること

性機能障害は、性行為や性反応に何かの原因があることで障害が起こり、苦痛があったり対人関係が難しくなったりしていることです。

 

性機能障害には、いくつかの分類があると言われています。大きく分けて、性欲、性的興奮、オルガズムという性的反応に関しての障害と、性行為による痛みに関しての障害に分けられます。

 

生活の質を高めるために、性機能は重要な要素です。性に関することはデリケートな問題です。1人で悩むのではなく、気軽に相談することが大事です。

男性の場合の性機能障害は、性行為をすることが難しい状態のことです。

 

性機能障害には、性衝動や勃起をしたり維持したりする能力、射精する能力、陰茎の変形なしに勃起する能力、オルガスムに達する能力などの色々なものに影響する様々な障害が含まれています。

 

性機能障害の原因は、身体的要因の場合も心理的要因の場合もあります。多くの性的問題のは身体的要因と精神的要因の2つが組み合わさって起こります。

 

身体的な問題が不安や抗うつ、ストレスなどの精神的な問題につながることがあり、さらにその精神的な問題が身体的な問題をより悪くすることがあるのです。

 

男性は女性より性行為に対してプレッシャーを感じやすいです。行為を巧みに行わなければならないと自分で思いすぎたりパートナーから感じたりします。うまくいかない場合には悩むこともあります。

 

この悩みを性的能力不安と言います。性的能力不安は、さらに性的関係を楽しむ能力を悪くするという厄介な不安です。

 

男性の最も多くみられる性的障害が射精障害です。他にも早漏や逆行性射精、無射精などがあります。勃起障害は中年の人や高齢者に多いです。男性の一部には性欲減退になる人もいます。

女性の場合、約30~50%の女性が性機能の問題を経験すると言われています。問題が大きくで苦痛を感じる場合に性機能障害と判断されます。

 

性機能障害とは、性的な関心や性欲がなくなったり、性的な興奮やオルガスムがなくなったり、性行為中に痛みがあったり、腟の周りの筋肉が思っていないのにも関わらず収縮したり、望まない身体的な興奮が続いたりすることなどの具体的な問題に関係することです。

 

性機能障害の判断も関係するものに関して症状や原因が判断されます。しかし、これらの区別がいつもある訳ではありません。性機能障害のある女性のうちほとんどの人が具体的な問題が1つではなく複数あるのです。

 

性的興奮が得られない女性は性行為を楽しむことが出来なかったり、オルガスムがない人は性行為中に痛みを感じたりするのです。そのような女性は性に関する関心を無くしてしまうことが多いです。

性機能障害の原因のほとんどは多くの原因が関わっている

性機能障害には1つではなく、多くの原因が関わっていることが多いです。昔は、性機能障害の原因が身体的なものや心理的なものと考えられていました。

 

しかし、今は、このような原因の分け方が正確ではないとされています。心理的なことが原因で脳や神経、ホルモン、最終的に性器にまで身体的な変化が起こることも多いです。

 

身体的な変化によって心理的な影響があり、さらにまた身体的な影響が起きることもあります。中には、状況に深く関わる原因のこともあります。

心理的な原因では、パートナーに対する怒りや不安、抑うつ、パートナーと倦怠期、妊娠や他の人への依存、自制心を喪失することに対する恐れ、性行為に対する無関心やパートナーからの孤立感、罪悪感、性行動に対する無知や性行為のテクニックに関しての不安、レイプや謹慎創刊、性的虐待などの過去の心理的や外傷的な性体験が挙げられます。

 

状況的な原因では、妊よう性に問題があったり、性に関連する部位を手術で切除した女性の性的なイメージの悪化やパートナーに対して信頼がなかったり否定的な感情があったり、最初と比べパートナーに魅力を感じなくなったりしていること、環境が不十分で思いのままに性的表現ができないこと、文化的に性行為の制限があったり、文化の違い、家族や仕事、家計などでいっぱいになり性的興奮の妨げになることなどが挙げられます。

 

身体的な原因では、いろいろな身体的状態や薬剤、加齢や病気によって起こるホルモン変化などが挙げられます。

性機能障害で多い症状は勃起障害

男性の場合の性機能障害で多い症状は、勃起障害です。EDとも呼ばれています。これは、男性が女性を見ることで感情が高ぶり勃起するはずが起こらない状態のことです。

 

射精障害も多いです。何かの原因で射精ができない状況のことです。精液が出ない、タイミングよく射精できないということも射精障害の一種で、早漏や遅漏も代表的です。

 

男性は思った通りに性行為が行えないとき、プレッシャーを感じることが多いです。性的能力の不安はさらに性的な関係を楽しめなくなるという症状が出てしまいます

女性の場合の性機能障害で起こる症状の中でも多く見られる症状は、性行為で興奮できなかったり、痛みがあったりするということです。

 

性行為に対して恐怖があると、膣痙攣が起きることなどもあります。膣痙攣はワギニスムスとも呼ばれます。

 

女性の多くは、性行為に関して語ることを不快に感じることが多いです。そのため、女性性機能障害の発生頻度は正確に調査することが難しいです。

 

性機能障害の判断は、細かいカウンセリングや性機能についての質問紙、心理テスト、内分泌や神経系などを調べることによって判断します。

性機能障害の改善方法は精神的な改善方法

男性の膣内射精障害は、男性本人だけでなく、女性にも精神的な影響があります。女性がどうして私で射精ができないのかとプレッシャーを感じ悩んでしまうこともあるのです。

 

心因性の射精障害の場合、男女どちらもにすこしずつ精神的なダメージがあります。原因不明の射精障害の場合は、気持ちが落ち込んでいたりする可能性があるため、医師に相談してみることがお勧めです。

女性の性機能障害の改善方法は、性行為に十分な時間を充てること、マインドフルネスを実践すること、性行為に良い時間と場所を選ぶこと、様々なタイプの性行為を行うことなどがあります。

 

他にも、性行為以外でも一緒に過ごす時間を作ること、パートナーへの信頼や尊敬、情緒的な親密さが増えるように努力すること、望まない結果を避けるように対策をすることなどが効果的です。

 

しかし、複数のタイプの性機能障害がみられる女性も多いです。そのため、そのような場合には、いろいろな改善法を複数取り入れることが必要です。

 

多くの性機能障害の女性には、精神的な改善方法が大きな効果を発揮します。否定的な自己像の認識をきちんとし、現実ではなく単なる思考であるという考えを持てるようにするのです。

性機能障害は正しく知り正しく認識する

心理的な原因で起こる性機能障害もあるのです。男性には、夫婦関係の事を気軽に周りの人に話す文化はありません。そのため、特に男性は1人で悩みを抱えている人も多いです。

 

不妊に関しての取り組みは夫婦ですることです。1人で悩まず、パートナーに相談しましょう。心理的な負担を軽くすることは非常に重要です。性機能障害について知り、正しく認識することが重要です。

性機能障害の改善には、カウンセリングをし、障害の内容をきちんと理解することが大事です。特に、パートナーと一緒に話を聞くことが効果を発揮します。

 

身体的なことが原因であれば、身体的な改善が必要です。心因性やいろいろなことが複数原因の混合性では心理的な改善が必要です。

 

産婦人科、泌尿器科、精神科の医師や看護師、臨床心理士などがおり、それぞれ専門性が少しずつ違います。いろいろな担当の人が集まりチームでの改善が必要です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393