偽翼状片の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 10月11日

更新日:2022年 11月 5日

本日は偽翼状片について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 偽翼状片とは
  • 偽翼状片の原因
  • 偽翼状片の症状
  • 偽翼状片の改善方法
  • 偽翼状片のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

偽翼状片は、外傷を受けたり角膜潰瘍が起こった後に起こる

偽翼状片は、外傷を受けたり角膜潰瘍が起こった後に、傷を修復する過程でテノン嚢が角膜の中に入り込むことです。

 

翼状片は、原因がわからず結膜の下にあるテノン嚢という組織が過剰に増えて角膜中央に向かって伸びてくる病気ですが、偽翼状片は何かの外傷や病気があった後にテノン嚢が角膜の中に入り込む病気なのです。

偽翼状片の原因は、外傷や角膜炎といった目の病気など

偽翼状片の原因は、外傷や角膜炎などの目の病気です。外傷を受けた後や角膜潰瘍などが起こった後に現れるのです。

 

翼状片の場合原因がわかりませんが、偽翼状片の場合明らかな原因があり症状が現れます。翼状片と偽翼状片は症状や改善方法は同じですが、原因が異なるのです。

偽翼状片の症状は、充血や目の異物感など

偽翼状片の症状は、充血や目の異物感などです。症状は、翼状片と良く似ています。

 

初めの段階ではあまり自覚症状はありませんが、白目の一部が黒目に伸びてきたことに気がつき、病院に行く人が多いです。

 

ある程度中央の方に伸びルト、視力が低下することもあります。

偽翼状片の改善方法は、点眼薬や手術

偽翼状片の改善方法は、点眼薬や手術です。偽翼状片も翼状片と改善方法は同じなのです。

 

抗アレルギー点眼やNSAIDs点眼、ステロイド点眼などを使って充血などの症状の改善を行います。

 

症状が角膜中央に近くなってきた場合は手術を行います。再発する可能性も高い病気であるため手術を行った後も定期的に病院に行くことが大事です。

手術をした後の再発の可能性

偽翼状片の症状は、翼状片と同じでステロイドの点眼薬などで炎症を抑えことができますが、点眼薬では、翼状片が退縮することはありません。

 

しかし、初期段階で手術を行うと再発する可能性が高いと言われています。再発するたびに手術を行うと、結膜が足りなくなり目に障害を起こすこともあります。

 

しかし、症状が進んでも放っておいて翼状片の先端が瞳孔付近にまで及んでから手術をおこなっても視力が回復しにくいこともあります。手術のタイミングは医師と相談して決めることが大事です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393