完全予約制
03-5843-6393
営業時間

11:00~21:00

×
あなたを苦しめる症状の完治を目指します!

モートン病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  12月17日

本日はモートン病について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • モートン病とは
  • モートン病の症状
  • モートン病の原因
  • モートン病にかかる費用と改善法
  • モートン病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

モートン病とは神経障害の一種

モートン病とは、足ゆびの間を通る神経が圧迫されることによって起こる神経障害の一種です。足指から足指のつけ根にかけて痛みが出てしまうもので、特に人差し指から薬指のあいだで起こることが多いです。

 

靴を履いているときに痛く、脱ぐと軽快する。ハイヒールは痛くて履けなくなった…

 

ハイヒールの常用などによる長時間のつま先立ち状態により、足の付け根の関節に大きな負荷がかかっている状態です。

骨に異常がないので、レントゲンを撮っても分からないことが多く原因不明の痛みとして扱われてしまうこともあります。

 

男性に比べて中年以降の女性に生じやすく、パンプスやヒールなど足に負荷がかがってしまう靴を履くことでモートン病になってしまうケースが多くみられます。

 

特徴は、足裏の一部を圧迫したときに鋭い痛みが出ることがあります。その部位の神経が圧迫されていると考えられます。

モートン病の症状は足趾の間のしびれ

痛みの箇所は多少個人差がありますが、足の指の第3趾(中指)と4趾(薬指)の向かい合う側にピリピリチクチクといった足の中ゆびと薬ゆびの間にしびれや痛み、焼けつくような感じなどを引き起こします。

 

特定の靴を履くと痛みを感じるという方から、裸足でも強い痛みを感じる方まで様々です。

 

点字ブロックや絨毯とフローリングの段差などの軽度の段差を踏んだときなどに,飛び上がるほどの痛みが生じることもあります。

 

時にはふくらはぎあたりまで痛みが及ぶことがあります。

モートン医師が報告した症状のため、「モートン病」という病名が付けられました。

 

この疾患は足裏筋膜炎など違う病気との鑑別も必要です。どちらの症状も日常生活の中で足首の硬さや足の指の硬さがある状態で長時間立ったり、歩いたり、走ったりと、必要以上に足の裏の負担が大きくなることにより引き起こされます。

 

違いは、足裏の筋肉が常に引っ張られているような感覚になる足底筋膜炎に対し、モートン病はピリピリチクチクと言ったようなしびれが強いといった症状の特徴が挙げられます。

モートン病の原因は神経の圧迫

足指の付け根の関節(中足趾節関節)には、隣り合う骨どうしをつないでいる深横中足靱帯とゆう靭帯があります。そのすぐ足の裏側を神経が通過していますが、靱帯と地面の間で負荷がかかるとこの神経が圧迫されて生じます。

 

触ると神経の腫れ(しこり)を感じますが、ひどくなると圧迫部の近くに仮性神経腫といわれる、痛みのある塊が大きく形成されていきます。

年齢を重ねるごとに段々と土踏まずの減少による扁平足や足の横幅が広くなる開張足などを生じてきます。

 

長時間の中腰での作業、つま先立ちの格好、ランニングやウォーキングの頑張りすぎ、ハイヒールの常用などによって、足の指に行く神経が圧迫されやすくなります。

 

また、足への負担をなるべく減らそうと足幅の広い靴を選び勝ちになりますが、幅の広すぎる靴を履いていても起こることがあります。足指の筋力低下による開帳足という足幅が広くなっている状態です。

モートン病の改善は保存法

血液を調べても異常所見はなく、レントゲン、CT像も特記すべき所見はありません。しかし他の疾患との鑑別に必要なためまずレントゲンが行われます。

 

MRI、超音波などで、片手で母趾と小趾の中足骨頭部を挟んで横から圧迫すると神経の腫れ(仮性神経腫)が見られたり疼痛が誘発されると病気はほぼ確定できます。

 

加えて、圧迫された神経との間に感覚障害があり隣りあう骨の先端の間に痛みのある瘤のような塊と、それと同じ場所に神経傷害部をたたくとその先に痛みがひびくなどの「ティネルサイン」が見られます。

主な改善方法は、つま先立ちなど痛みの出る動作は控える、作業時の足の格好に注意する、ハイヒールの禁止などと言った保存療法です。

 

また、自身の足の形に合わせて作った足底挿板(中敷きのような装具)を用います。

 

併用して消炎鎮痛剤、ブロック注射を行うと改善することもあります。しかし、3か月ほど様子を見て症状が回復しないものでは、手術が必要になるケースもあります。

手術になると約1週間程度の入院を要します。神経剥離、神経腫摘出、深横中足靱帯を切り離す手術などで、傷んだ神経を取り除きます。神経を取り除く訳ですからその先の感覚はなくなります。

当院でのモートン病に対しての鍼灸施術は、血液や体液の循環改善を行うことで患部の痛みや腫れ、熱感を抑えます。

 

中医学の観点から言うと、この疾患は「肝腎虚弱」の方に多く見られます。中医学において、肝臓は血液を貯留し腎は髪の滋養を行います。髪は血の余りなので、歳を取り肝腎が弱くなると、血液を貯留する力が減ると同時に、髪の毛が白髪化したり脱毛したりしてくるわけです。

 

モートン病が更年期の女性に多くみられることから、鍼灸施術においても肝腎の働きを補うツボを用いながら症状の改善を図ります。

モートン病のまとめ
  • 当院でのモートン病に対しての鍼灸施術は、血液や体液の循環改善を行うことで患部の痛みや腫れ、熱感を抑えます。モートン病は、足指の間を通る神経が圧迫されることによって起こる神経障害の一種。
  • ハイヒールの常用などによる長時間のつま先立ち、足の付け根の関節に大きな負荷がかかっている状態が続くと生じる。
  • 男性に比べて中年以降の女性に生じやすい。
  • 神経症状のため骨に異常はない。レントゲンは鑑別のために検査する必要がある。
  • 主な改善法は保存療法だが、回復の見込みが見られない場合手術を要する。
  • モートン病に対しての鍼灸施術は、血液や体液の循環改善を行うことで患部の痛みや腫れ、熱感を抑える。また、肝腎の働きを補うツボを用いながら症状の改善を図る。
おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393