線状皮膚炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年 4月 10日

更新日:2022年 4月 27日

本日は線状皮膚炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 線状皮膚炎とは
  • 線状皮膚炎の原因
  • 線状皮膚炎の症状
  • 線状皮膚炎の改善方法
  • 線状皮膚炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

線状皮膚炎は、アオバアリガタハネカクシの毒で起こる皮膚炎

線状皮膚炎は、アオバアリガタハネカクシという虫によって起こる皮膚炎です。アオバアリガタハネカクシという虫はペデリンという毒を持っています。

 

このペデリンという毒には、皮膚の細胞に含まれるタンパク質やDNAを壊す作用があります。そのため、毒に触れてから数時間後に痛みが現れ、少しずつ赤くなり水ぶくれが起きるのです。

 

線状皮膚炎で現れる皮膚の病変が線状であることが線状皮膚炎という病名の由来であると言われています。

原因は、アオバアリガタハネカクシのペデリンという毒

線状皮膚炎の原因は、アオバアリガタハネカクシという虫の持っているペデリンという毒です。

 

ペデリンという毒は、皮膚の細胞に含まれるタンパク質やDNAを壊す作用があります。そのため、毒に触れると皮膚に障害が起こるのです。

 

アオバアリガタハネカクシという虫の持っているペデリンという毒に触れることのある場面は、アオバアリガタハネカクシを手で潰す場面などです。このとき、皮膚に毒素がついて線状皮膚炎が起きるのです。

 

さらに、ドアノブやタオルにペデリンが付いているとき、触ってしまった場合に発症することもあります。

線状皮膚炎の症状は、痛みや赤み、水ぶくれなど

線状皮膚炎の症状は、痛みや赤み、水ぶくれなどです。ペデリンに触れた後、数時間ほど時間が経った後に皮膚に症状が現れます。症状が現れるのは、ペデリンに触れた部位です。

 

線状皮膚炎によって現れる皮膚の病変は線状で、やけどにも似ています。線状皮膚炎を発症すると、皮膚のバリア機能が低下してしまうため、病変の現れている部位に細菌が感染し、なかなか改善しないこともあります。

 

ペデリンが付いた状態で目を触ってしまうと、結膜炎などが起きることもあります。

線状皮膚炎の改善方法はステロイド外用薬

線状皮膚炎の改善方法はステロイド外用薬です。かゆみが強くある場合は、症状を抑えることを目的に抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めを使うこともあります。細菌に感染している可能性のある場合は、抗生物質を使うこともあります。

 

毒に触れてしまった時には、すぐに水で洗い流すことが大事です。ペデリンが付いている手で他の部位を触らないことも大事です。

特に6~8月に多く見られる虫

線状皮膚炎を防ぐためには、アオバアリガタハネカクシに触れないことが大事です。

 

アオバアリガタハネカクシは、日本全土に分布しており、水田や畑などの湿った草地を好みます。4月~10月には灯火に飛んでくるようになり、特に6~8月に多く見られる虫です。

 

アオバアリガタハネカクシは死んでいる状態でも毒がある可能性が高いため、注意が必要です。

 

虫がいる可能性がある場所に入らないようにしたり、虫がいる場所では皮膚を出さないようにしたりすることを心がけましょう。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393