しいたけ皮膚炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  7月10日

更新日:2022年  8月20日

本日はしいたけ皮膚炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • しいたけ皮膚炎とは
  • しいたけ皮膚炎の原因
  • しいたけ皮膚炎の症状
  • しいたけ皮膚炎の改善方法
  • しいたけ皮膚炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

しいたけ皮膚炎は夏に起こることが多い病気

しいたけ皮膚炎は夏に起こることが多い病気で、今までしいたけを触ったり食べたりしても特に問題が起きていない人に突然かゆみのある発疹が現れます。

 

そのため、発疹の原因がしいたけであると自覚があるケースはほとんどありません。

 

しいたけ皮膚炎では、焼きしいたけを摂取してから、1~4日以内に、胸や腹、背を中心に激しいかゆみのある発疹が現れます。

 

しいたけ皮膚炎で現れる発疹は非常にかゆいこととひっかいたあとに発赤が現れるという特徴があります。

しいたけ皮膚炎の原因は、しいたけ

しいたけ皮膚炎の原因は、加熱により変性する生シイタケの成分であると考えられています。多くの場合は、生や加熱が足りないしいたけが原因になります。しかし、きちんと加熱をしたしいたけでもしいたけ皮膚炎を発症することもあります。

 

しいたけの戻し汁やしいたけエキス、しいたけのチップ菓子などで発症するケースも珍しいですが見られます。

 

また、しいたけ皮膚炎を発症した経験があっても、その後しいたけを食べると必ずしいたけ皮膚炎が再日怒るわけではありません。そのため、しいたけ皮膚炎は単純なアレルギーとは違うと考えられています。

症状の特徴は、非常に強いかゆみ

しいたけ皮膚炎の症状は、強いかゆみとひっかいたあとに全身に線状の発赤が現れることです。症状は、胸、腹、背を中心に現れることが多く、症状の特徴は、非常に強いかゆみです。

 

ままで、しいたけを触ったり食べたりしても特に問題のなかった人に突然非常に強いかゆみのある発疹が現れるのです。

 

ほとんどの場合、焼きしいたけを食べた後、1~4日以内に症状が現れます。

しいたけ皮膚炎の改善方法は、ステロイドと抗ヒスタミン薬

しいたけ皮膚炎の改善方法は、ステロイドの外用と抗ヒスタミン薬の内服です。薬を使い始めてから改善までにかかる期間は、大体1週間から10日間ですが、かゆみの激しい場合はステロイドの短期内服が必要になることもあります。

 

しいたけ皮膚炎はきちんと焼いたしいたけでも発症することがありますが、多くの場合は生焼けのしいたけが原因です。しいたけはしっかり焼いて食べるように心がけましょう。

しいたけ皮膚炎のように突然、広い範囲に現れる病気は多い

しいたけ皮膚炎は強いかゆみはありますが、命の危険はありません。しいたけ皮膚炎のように突然、広い範囲に現れる病気は多いです。

 

その中には、重症の薬疹や内臓の病気に関わる皮膚炎もあります。そのような場合は命が危険に及ぶ可能性もあります。

 

発疹ができた時に早めに病院に行き、医師によるきちんとした判断を受け、きちんと改善に取り組みましょう。

しいたけ皮膚炎に効果的なツボ

大椎

合谷

太淵

大椎

大椎は皮膚発疹に効果があるツボです。そのため、しいたけ皮膚炎の症状の改善にも役立つと考えられます。さらにアレルギー体質に対しても使われることもあります。

 

他にも、頭痛や咳、喘息、うつ、首から肩にかけてのこわばり、発熱などにも効果を発揮すると言われています。

合谷

合谷は、アレルギー反応によって現れる症状に対して効果を発揮するため、しいたけ皮膚炎によって現れる症状にも効果が期待できます。

 

鼻づまりや目の充血など花粉症の症状に対してもよく使われるツボです。

太淵

太淵は、慢性蕁麻疹などの皮膚の問題を和らげる効果のあるツボです。痒みを止める効果があり、しいたけ皮膚炎にも効果が期待できます。

 

他にも、痰や喉の痛み、鼻づまり、鼻水などの症状を改善するためにもよく使われます。

ツボの場所と押し方

大椎

大椎の場所は、首を前に曲げた時に一番飛び出ている首下の骨のすぐ下にあるへこみです。

 

押すときはゆっくりと押して刺激しましょう。パートナーや家族などに押してもらったりお灸などで温めることもおすすめです。

合谷

合谷は、手の甲側の親指と人差し指の間にあるツボで、くぼんでいる場所にあります。

 

押すときは、親指を使って押します。残りの4本の指は手のひらに当ておきましょう。両方の手の合谷を5、6 回ずつ押すことをおすすめします。

太淵

太淵は、手首にあるツボです。親指側の手首の付け根にあるくぼみがツボの場所です。

 

押すときは、手首をつかむようにして、親指を使って押します。優しい力で押しましょう。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393