マッレトフィンガーの鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  7月 3日

更新日:2022年  9月20日

本日はマッレトフィンガーについて解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • マッレトフィンガーとは
  • マッレトフィンガーの原因
  • マッレトフィンガーの症状
  • マッレトフィンガーの改善方法
  • マッレトフィンガーのまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

マレットフィンガーは、一般的に突き指の中の1つのパターン

マレットフィンガーは、一般的に突き指の中の1つのパターンです。日本語で槌指と言われています。これは、槌のことを英語でマレットと言い、指先が屈曲して伸展ができない様子が槌のように見えることによって名付けられています。

 

マレットフィンガーは、指先や手の甲の側からの外からの力によって指の第一関節が急に強く折れ曲がってしまい。指を曲げたり伸ばしたりする仕組みに傷がつくことによって起こります。

 

マレットフィンガーが起きたとき、指の付け根の関節も折れ曲がって変形することがあります。この状態をスワンネック変形と言います。

マレットフィンガーは球技で起こることもある

マレットフィンガーの原因は、刃物などによって腱が切断されることや球技によって外からの力で腱が断裂することです。マレットフィンガーが起こることが多いスポーツは、バレーボールやバスケットボール、野球などです。

 

野球やバレーボールなどの球技でマレットフィンガーが起こることの多い指は、中指と薬指です。

 

爪のついた部分の骨の手の甲側の指を曲げ伸ばしする腱の根元の部分が骨折することや、手のひら側の骨が脱臼しかけている状態になる伸展機構の破壊などもマレットフィンガーの原因になることがあります。

赤くなったり腫れたり圧痛を感じたりする

マレットフィンガーの症状は、DIP関節が曲がり、赤くなったり腫れたり圧痛を感じたりすることです。動かした時に痛みを感じることも多いです。

 

突き指として症状が軽いと自己判断し、そのまま変形を放っておくと、改善を行うことが非常に難しくなるため、すぐに病院に行くことが大事です。

改善方法は、第一関節の脱臼があるかないかで違う

マレットフィンガーの改善方法は、第一関節の脱臼があるかないかで違います。

 

第一関節の脱臼がない場合は、装具を使ったり皮膚から鋼線を通して骨を固定したりして、8週間、第一関節を伸ばした状態で固定をすることで改善に取り組みます。

 

第一関節の亜脱臼がある場合は、脱臼の整復を行い、まっすぐに伸ばした状態で固定を行い改善に取り組みます。手術では、2本の鋼線で骨を固定する方法が行われることが多いです。

 

マレットフィンガーの改善では、できるだけ早く改善に取り組むことが非常に重要です。これは、そのまま放っておくと回復が難しくなるためです。

第一関節を自力でまっすぐ伸ばせるかどうか確認する

指に怪我をした後、変形があったり強い腫れが見られたり、熱を持っていたり変色が見られたり強い痛みがあったりする場合は、指の第二関節をおさえて第一関節を自力でまっすぐ伸ばせるかどうか確認しましょう。

 

マレットフィンガーではなくても第一関節や第二関節の側面の靭帯に傷がついていることもあります。第一関節を自力で伸ばすのが難しい場合は、すぐに整形外科に行くことをおすすめします。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393