扁桃炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2019年 12月23日

更新日:2021年  5月 15日

本日は扁桃炎について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 扁桃炎とは
  • 扁桃炎の原因
  • 扁桃炎の症状
  • 扁桃炎の改善方法
  • 扁桃炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

扁桃炎とは扁桃で炎症を起こす病気

扁桃炎は、扁桃でウイルスや細菌が原因で炎症を起こす病気です。扁桃は、鼻や口から体の中に細菌が入りこむことを防ぐ役割をするリンパ組織です。

 

扁桃炎になると、細菌感染などが原因で炎症が起きる扁桃周囲炎が進み、その周りにも炎症が広がり、膿を持った状態になります。症状として激しい喉の痛みや高熱、飲み込むとき喉の痛みなどが現れます。

 

扁桃腺の奥にある噛むための筋肉にも炎症が広がった場合、口が開きにくくなる可能性もあります。扁桃炎は、20~30代の大人に多く、子どもに起こることは珍しいです。

 

何度も繰り返すと慢性扁桃炎になることもあります。

急性扁桃炎が進むと、膿がたまり膿瘍ができます。腫瘍ができると扁桃周囲膿瘍になります。扁桃周囲腫瘍は、基本的には左か右のどちらか片方に起こります。

 

症状としては、食事ができなかったり、水が飲めなかったりするほどの痛みが起こったり、 高い熱が出たりします。さらに膿瘍が大きくなると、首が腫れ口が開けにくくなることもあります。

 

さらに症状が進行した場合、首の深い場所に膿がたまることや、肺の間を中心に心臓や気管、食道などが存在する一帯の領域に膿瘍ができることがあります。そうなると最悪の場合死に至る可能性も考えられるため注意が必要です。

扁桃炎の原因は空気中にある病原菌

空気中にある病原菌の多くは鼻や喉、扁桃腺に付きます。扁桃腺に付いてしまった病原菌が増えると炎症が起きます。これが扁桃腺が腫れる原因です。

 

扁桃腺が腫れると多くの場合は発熱があります。病原菌が増える原因としては、風邪や疲れ、ストレスによって起こる免疫力の低下、喉の乾燥や激しい気温の変化など色々あります。特に、子どもの場合はウイルス感染が原因のことが多いです。

風邪を引いて体力が落ちているときは、色々な病原体に対して免疫力が足りないことが多いです。その場合、病原菌やウイルスが増えていくことがあります。

 

その時、喉の免疫器官の口蓋扁桃で病原体とたたかって赤くはれている状態が扁桃炎です。

扁桃炎の症状は風邪の症状+喉の赤みや腫れ

熱などの風邪の症状と同時に喉の赤みや腫れが現れることがあります。急性扁桃炎は、口の中などの左右にあり鮮やかなピンク色の部分の口蓋扁桃が腫れて高熱、食欲不振、全身のだるさを生じます。

 

悪くなってくると、扁桃部分に白い斑点が起きます。この白い斑点は膿です。その状態からさらに進んだ場合、白い膿の栓が全体に広がります。

 

扁桃以外の喉に関係する部分が腫れることを急性咽頭炎と呼びます。声帯に炎症が起こってしまうとひどい声がれの症状が出ます。

扁桃炎で起きる主な症状は急な高い熱や寒気、頭痛や全身のだるさ、関節痛などです。さらに、扁桃炎では喉の痛みや耳の下から首にかけての腫れ、痛みも見られます。

 

特徴的な症状は、喉の奥を見た時両方の脇が赤く腫れていることです。高い熱と激しい喉の痛みも特徴で、喉の痛みから食欲不振になることが多いです。熱はが続く期間は様々で、2~3日で下がることも1週間程度つづくこともあります。

扁桃炎の改善方法

扁桃炎がウイルス性の場合、対症療法を使います。扁桃炎が細菌性の場合は主に抗菌薬を使います。喉の痛みが軽く食事ができる状態であれば、抗菌薬を使用します。しかし、食事ができない場合は、入院して抗菌薬の点滴をします。

 

扁桃炎が扁桃周囲膿瘍まで進んでしまった場合、抗菌薬を使用し、膿がたまった口蓋扁桃の周りを穿刺や切り開くことで膿を出せるように試みます。何度も扁桃炎を繰り返し起こしてしまう場合は、扁桃摘出術が最適だと言えます。

扁桃炎が疑われる場合にはすぐに耳鼻科医にいき指示に従うことが大事です。改善には抗生物質を使用することが多いです。

 

家では温かく安静にし、喉に負担のかからない喉越しのよい食事をとるようにしましょう。喉が痛くて食事がとれない場合は、入院して点滴で水分と栄養を補うことが多いです。

 

大事なことは痛みや熱が下がってもすぐに薬をやめないことです。この段階ではまだ細菌が生きています。さらに数日間薬を飲み続けないと、慢性扁桃炎や習慣性扁桃炎になってしまう危険があります。

扁桃炎になったらこじらせない

扁桃炎になってしまった場合、こじらせないように気をつけることが重要です。こじらせてしまうと、扁桃周囲膿瘍に進行してしまうことがあるためです。

 

扁桃炎で起こる炎症は、鎮痛解熱薬や抗生物質などを使うと約4~5日ほどで改善することが多いです。そのため、なるべく早く炎症ができるだけ軽いうちに改善することが重要です。

扁桃炎を予防する方法で1番大切なことはストレスをためず、規則正しい生活をすることです。ストレスをためないようにし、規則正しい生活をすると免疫力を高めることができます。

 

日常生活を送る上で、栄養バランスに気をつけた食事をし、適度な運動をし、よく睡眠をとることが大切です。さらに、外出した時は帰って必ずうがいをし、口の中を清潔に保つことも大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393