椎骨動脈解離の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  5月11日

更新日:2022年 10月10日

本日は椎骨動脈解離について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 椎骨動脈解離とは
  • 椎骨動脈解離の原因
  • 椎骨動脈解離の症状
  • 椎骨動脈解離の改善方法
  • 椎骨動脈解離のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

椎骨動脈解離は、椎骨動脈の内膜に傷がつき、血管が裂けていく病気

椎骨動脈解離は、椎骨動脈の内膜に傷がつき、血液が血管の壁の中に入り込むことで血管が裂けていく病気です。

 

首から脳に血液を送っている動脈は、首の前側にある頚動脈と首の骨の中にある椎骨動脈です。動脈解離は全身の動脈に起こる可能性がありますが、頭部で1番よく起こるのは、椎骨動脈の解離です。

 

椎骨動脈解離が起こると、突然激しい頭痛が起こります。このときに適切に改善を行い、血管の裂ける程度が軽く、現れる症状が頭痛だけの場合は、大きな問題は起こらないことが多いです。

 

しかし、血管の裂ける場所や裂ける程度の重さによっては、裂けた血管が詰まり脳に血液を送ることができなくなったり血栓が血管の中を移動して末梢血管を閉塞したりすることがあり、脳梗塞につながることもあります。

椎骨動脈解離の原因は、スポーツや首を急に曲げる動作など

椎骨動脈解離の原因は、カイロプラクティックやスポーツ、首を急に曲げる動作や頭部をぶつけた外傷、交通事故や首をひねる動作などです。

 

ただし、椎骨動脈解離は原因がはっきりとわからず起こることもあります。

椎骨動脈解離の症状は、突然の頭痛

椎骨動脈解離の症状は、突然の頭痛です。左右どちらかの頭の後ろや首に突然痛みを感じます。痛みを感じる側は右側の方が多いと言われていますが、なぜ右側に痛みが起こることが多いのかということについてはわかっていません。

 

解離が続いている間は強い痛みが続きます。その後、裂けた血管が詰まり脳に血液を送ることができなくなったり血栓が血管の中を移動して末梢血管を閉塞したりした場合は、脳への血液の流れが減ります。

 

脳への血液の流れが減ると、意識障害やめまい、嘔吐、手足の麻痺など、脳梗塞につながることもあります。

椎骨動脈解離の改善法は、入院して安静にし血圧の管理を行うこと

椎骨動脈解離の改善方法は、入院をして安静にし、血圧の管理を行うことです。椎骨動脈解離では、血管がそれ以上裂けないようにすることが大事なのです。

 

一般的には薬を使って改善を行いますが、椎骨動脈解離によって脳梗塞やくも膜下出血を起こした場合は状態によっては緊急手術が必要になることもあります。

 

しかし、最近は精密に脳を調べることができるようになったために、症状が軽いうちに椎骨動脈解離であるということがわかることが増え、重症になる人が減ってきています。

特に多く発症が見られるのは、若年者や働き盛りの男性

椎骨動脈解離はどの年代でも発症する可能性のある病気です。中でも特に多く発症が見られるのは、若年者や働き盛りの男性であると言われています。

 

原因がはっきりと分からないこともありますが、首を急に動かす動作は椎骨動脈解離を発症する可能性があるため、首を急に動かす動作は控えることが大事です。

 

さらに、脳を含めた全身の血管に非常に悪い影響を及ぼすものにタバコがあります。そのため、禁煙することも椎骨動脈解離を防ぐために重要であると言われています。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393