エプスタイン病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2022年  1月11日

更新日:2022年  1月22日

本日はエプスタイン病について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • エプスタイン病とは
  • エプスタイン病の原因
  • エプスタイン病の症状
  • エプスタイン病の改善方法
  • エプスタイン病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

エプスタイン病は、弁の働きが生まれつき悪く三尖弁逆流が起きる

エプスタイン病は、生まれつき発症する心臓病で、弁の働きが生まれつき悪く三尖弁逆流が起きている病気のことです。

 

心臓は全身に血液を送り出す働きをしています。心臓には4つの弁があり血液が逆流しないようにする働きをしています。エプスタイン病では、その弁の中でも右心房と右心室の間にある三尖弁の働きが生まれつき悪い状態なのです。

 

エスプタイン病の症状は人によって様々です。症状の現れる時期も人によって違います。多くの場合は、小児期は特に症状がなく、成人した後、不整脈や心不全などが現れることから発症します。

エプスタイン病の原因は明らかになっていない

エプスタイン病の原因は明らかになっていません。多くの先天性心疾患は、環境や遺伝などの色々な要因が重なり合って発症すると言われています。

 

妊娠早期に、そう病やそう状態を改善するために炭酸リチウム製剤を使っている場合、子供がエプスタイン病を発症する可能性があるということも言われています。

エプスタイン病の症状は様々

エプスタイン病の症状は様々です。新生児期に発症する場合は、チアノーゼが現れたり呼吸が苦しそうになったりします。

 

乳児期に発症する場合は、心不全や、哺乳不良、体重増加不良などの症状が現れることが多いです。ただし、特に症状がなく心雑音によって発見されるケースもあります。

 

乳児期以降に発症する場合は、程度の軽いチアノーゼが現れたり、運動能力の低下が認められたりします。特に症状がないことも多いです。学童期に発症する場合は、副伝導路症候群や心雑音によって発見されることがほとんどです。

 

成人になると、不整脈や動悸、運動時の息切れや疲れやすさなどの症状が現れます。運動をした時にチアノーゼが現れることもあります。

 

非常に珍しいケースではありますが、突然死が起きることもあります。

改善方法は、薬などを使う内科的な方法と手術を行う外科的な方法

エプスタイン病の改善方法には、薬などを使う内科的な方法と手術を行う外科的な方法があります。

 

不整脈や心不全などの症状に対しては薬などを使って内科的な方法で改善を行いますが、根本的に改善するためには、手術を行うことが必要です。

 

新生児期に発症した場合は、手術を行うことがほとんどです。新生児期に特に問題となる症状が現れなければ、定期的に経過観察を続けることになります。

 

成人した後には不整脈が現れることも多いため、その場合は抗不整脈薬を使ったり、カテーテルによる改善を行ったりします。

 

心不全によって息切れや動悸やむくみがある場合は、利尿薬や強心薬、血管拡張薬を使うこともあります。

 

エプスタイン病の根本的な改善方法は手術ですが、現れる症状は人によって違うため、現れている症状や程度に対して改善を行っていくことが必要になるのです。

日常生活で注意すること

症状の程度が軽く、心拡大が軽度で不整脈も無い場合、ほとんどの運動は行うことができます。

 

階段を上がると息切れがある程度の症状の場合は、制限はありますが中等度の運動は行うことができます。日常生活を送る上でも特に制限はありません。

 

ただし、どのような場合も、自分のペースを守ることが非常に大事です。症状が現れる前に休みをとることを心がけましょう。

 

高血圧がある場合は、三尖弁閉鎖不全の悪化につながります。そのため、食事や栄養にも注意が必要です。高血圧がある場合早めに高血圧の改善にも取り組みましょう。浮腫が現れることもあるため、塩分のとりすぎにも注意が必要です。

おすすめ記事

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393