コステロ症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 11月23日

更新日:2021年 12月 4日

本日はコステロ症候群について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • コステロ症候群とは
  • コステロ症候群の原因
  • コステロ症候群の症状
  • コステロ症候群の改善方法
  • コステロ症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

コステロ症候群は、成長や発達の遅れ、特徴的な顔貌などが現れる

コステロ症候群は、成長の遅れや発達の遅れ、特徴的な顔貌、緩い皮膚や巻き毛、乳頭腫、肥大型心筋症などの症状が現れる病気です。

 

生まれつき遺伝子に異常があることで起こります。男性と女性では発症に差はありません。一般的には小児期に気がつきますが、成人で気がつくこともあります。

ステロ症候群の原因は、HRAS遺伝子の変異

コステロ症候群の原因は、HRAS遺伝子の変異だと考えられています。HRASの異常がどのようなメカニズムで発達異常などの症状を引き起こすのかについては今のところわかっていません。

 

一般的にはコステロ症候群を発症する子供の父親も母親もHRAS遺伝子の変異は持っていません。遺伝子の変異は受精卵ができる過程で起こります。

コステロ症候群の症状は成長や発達の遅れや肥大型心筋症など

コステロ症候群の症状は、色々あります。主な症状は、成長の遅れや発達の遅れ、特徴的な顔貌、緩い皮膚、巻き毛、乳頭腫や肥大型心筋症、先天性心疾患などです。場合によっては、合わせて悪性腫瘍が起きることもあります。

 

成長障害や発達遅れがあることや骨格異常や悪性腫瘍などが起こることもあることから、非常に長い病院に通ったり改善を行ったりすることが必要であることも多いです。

 

性格の面でも特徴があると言われています。性格の特徴は、2歳くらいまで過敏性や人見知りが強く、成長するとだんだん明るく社交的な性格になるということです。

現れる症状や症状の程度が様々なため個人に合わせた改善が重要

コステロ症候群の根本的な改善方法は今のところわかっていません。そのため現れる症状に対して改善を行っていきます。

 

現れる症状や症状の程度が人によって様々であるため、個人に合わせた改善が重要です。心筋症などの病気や悪性腫瘍が起こっている場合、早く発見して改善を始めることも非常に大事です。

定期的に病院に行き、体のいろいろな部分を調べ改善を行う

コステロ症候群では、乳児期に哺乳障害が強く起こります。そのため、チューブで栄養をとることが必要になります。しかし、2歳くらいまでには軽くなることがほとんどです。

 

症状は人によって違うため、コステロ症候群では定期的に病院に行き、体のいろいろな部分を調べ、症状に合わせて必要な改善を行うことが大事です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393