黄斑円孔の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 6月11日

更新日:2021年 7月21日

本日は黄斑円孔について解説させていただきます。

☆本記事の内容

  • 黄斑円孔とは
  • 黄斑円孔の原因
  • 黄斑円孔の症状
  • 黄斑円孔の改善方法
  • 黄斑円孔のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

黄斑円孔は、黄斑の網膜に丸い穴が開く病気

黄斑円孔は、黄斑の網膜に丸い穴が開く病気です。黄斑は眼底の網膜の中心部分のことです。そのため、黄斑円孔では、ものを見る部分の真ん中に穴が開くことになります

 

黄斑は網膜の中心にあり、視力を司っています。そのため、黄斑が病気になると見たい部分が見えなくなってしまうのです。スマホを見るときや人の顔を見るとき、見たい部分の像が見えなくなります。

 

黄斑円孔は、中高年に多く、特に女性に多いと言われています。

黄斑円孔の原因は、硝子体が網膜上に残ること

黄斑円孔の原因は、硝子体が網膜上に残ることです。

 

硝子体はコラーゲンと大量の水分を含むヒアルロン酸からできています。しかし、歳をとるとヒアルロン酸の水分を含む力が弱くなっていきます。

 

そのため、歳をとると硝子体は段々と水になって縮んでいくのです。そして、網膜から剥がれます。剥がれる時、硝子体は網膜上に薄皮のように残ることがあります。この薄皮が網膜を引っ張って黄斑上に穴を作り、黄斑円孔が起きるのです。

黄斑円孔の症状は、見たい部分の像が欠けてしまうこと

黄斑円孔の症状は、見たい部分の像が欠けてしまうことです。スマホを見たり、人の顔を見るとき、見ようと思う部分が欠けてしまうのです。

 

これは、黄斑の中心は視力を司っている部分で1番よくものが見える場所であるためです。

 

黄斑円孔の初期段階では、真っ直ぐな線が歪んで見えることがあります。この症状を変視症と言います。

黄斑円孔の改善方法は手術

黄斑円孔の改善方法は手術です。開いた穴を閉じるために硝子体手術という手術を行うことで改善することができます。

 

自然に穴が閉じることもありますが、非常に稀なケースです。自然に穴が閉じた場合、以前のように戻ることもありますが、黄斑の形が変形し中心が薄くなることもあります。

 

中心が薄い状態になると、改善しても見えにくい状態が残ることも多いです。自然に穴が閉じるまで待っても閉じない可能性も大きく、閉じたとしてもデメリットが大きいため、早めに手術を行なった方が良いでしょう。

黄斑円孔の手術をした後の視力について

黄斑円孔の手術をした後、穴が閉じると真ん中の見えない部分が小さくなります。視力は少しずつ改善していきます。

 

見えない部分がどこまで小さくなるのかには個人差があります。

 

そのため、手術をしたから約1~3週間で視力が1.0まで回復することもあれば、約1年かけてゆっくり改善することもあります。時間がかかっても0.7くらいまでしか視力が回復しないこともあります。

 

視力の回復度合いの差は、主に黄斑の中心部分の光を感じる視細胞が、残っている度合いによって変わります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393