強直性脊椎炎の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年 11月 5日

更新日:2021年 11月27日

本日は強直性脊椎炎について解説させていただきます。

本記事の内容

  • 強直性脊椎炎とは
  • 強直性脊椎炎の原因
  • 強直性脊椎炎の症状
  • 強直性脊椎炎の改善方法
  • 強直性脊椎炎のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

強直性脊椎炎は、原因不明で脊椎や骨盤の炎症が起こる

強直性脊椎炎は、原因不明の脊椎や骨盤の炎症が起こるリウマチ性疾患です。手足の大きな関節の股や膝、足、肩などにも炎症が起こることもあります。

 

主な症状は、脊椎周りの腰背部や殿部、項部に痛みや全身のこわばりや倦怠感、発熱などです。場合によっては股関節や膝関節の痛みが現れることもあります。

 

病状が進むと、脊椎や関節の動きが悪くなります。場合によっては脊椎に強直が起きることもあります。股関節にも強直が起こることもあります。

 

女性より男性の方が発症する割合が高く、発症する年齢は40歳以下であることがほとんどです。女性は一般的に男性より発症する時期が遅く、症状の程度も軽いとされています。

強直性脊椎炎の原因はわかっていない

強直性脊椎炎の原因はわかっていません。家族の中での発症がより高いというデータが出ているため、ある程度は遺伝が関係しているとされています。

 

その他の要因については、まだわかっておらず、分娩や怪我、手術などが発症のきっかけになると言われています。しかし、どのくらい関係しているのかについては今のところわかっていません。

強直性脊椎炎の多くは、腰痛や殿部痛から始まる

強直性脊椎炎の多くは、腰痛や殿部痛から始まります。痛みは少しずつ項部や頸部、胸部、四肢の大きい関節に広がっていきます。

 

症状が進むと、体を曲げたり伸ばしたりすることが難しくなり、靴下を履くことなどの動作ができなくなります。さらに、上を向いたり上のものを取ったりすることもできなくなります。

 

脊椎はだんだんと前に曲がっていき、姿勢が前屈みになります。

 

痛みは急激に起きることもあり、安静にしても軽くなりません。腰背部痛は、動くと痛みが軽くなるという特徴もあります。

 

付着部炎や体のだるさや疲れやすさ、体重の減少、発熱などの症状が現れることもあります。

 

約3割の人には前部ぶどう膜炎が起こります。他にも骨粗鬆症、クローン病、潰瘍性大腸炎などの合併症が起こることもあります。

強直性脊椎炎の改善方法は、運動と薬

強直性脊椎炎の改善方法は、運動と薬です。背骨や胸の動きが制限され、動きにくくなり、日常生活を送る上で行う動作に影響が出てくるため、毎日時間を決めて体操や運動を行うことが大事です。

 

痛みやこわばりを軽くするためにはゆっくりお風呂に入ることも良いでしょう。強い矯正を行う整体やマッサージは筋肉や靱帯を傷つける可能性があるため避けることをお勧めします。

 

薬では、非ステロイド性抗炎症薬を使って改善を行うことが多いです。多くの場合、痛みは軽くなりますが、胃腸障害や腎障害などの副作用もあるため注意が必要です。

 

脊椎が前に曲がるため前を向いて歩くことができなくなったり、前屈姿勢になるために腰背部の痛みが強くなったり、関節の痛みや運動制限が強く日常生活や歩行に大きな支障が出たりする場合、手術をおこなうこともあります。

多くの場合は、症状のピークは20~30歳代

強直性脊椎炎のほとんどは10~20代で発症します。多くの場合は、症状のピークが20~30歳代にあり、40歳代になるとだんだんと落ち着いてきます。

 

症状が落ち着くと、痛みではなく、脊椎や関節の運動制限が目立つようになります。しかし、痛みのあった全ての人が強直するわけではありません。さらに強直が起こっても痛みが出た全ての部位で強直が起こるわけではありません。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393