ヌーナン症候群の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  7月20日

更新日:2021年 11月 9日

本日はヌーナン症候群について解説させていただきます。

本記事の内容

  • ヌーナン症候群とは
  • ヌーナン症候群の原因
  • ヌーナン症候群の症状
  • ヌーナン症候群の改善方法
  • ヌーナン症候群のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ヌーナン症候群は、遺伝子の変化で様々な特徴的な症状が現れる

ヌーナン症候群は、生まれつきの遺伝子の変化によって様々な特徴的な症状が現れる疾患です。眼間距離の拡大などの顔貌や翼状頚、胸郭の変形、先天性心疾患、肥大型心筋症、低身長などが現れます。

 

男性でも女性でも発症する可能性があります。先天性で小児期に発症していることに気づくことがほとんどですが、成人で見られることもあります。

ヌーナン症候群の原因は、遺伝子の変化

ヌーナン症候群の原因は、遺伝子の変化です。細胞の中のシグナル伝達経路であるRAS/MAPKシグナル伝達経路に関係している遺伝子に先天的な変化があることで発症するとされています。

 

しかし、RAS/MAPKシグナル伝達経路に関係している遺伝子に変異がなくてもヌーナン症候群を発症している人もいます。

 

なぜRAS/MAPKシグナル伝達経路に関係している遺伝子の変異がヌーナン症候群で現れる症状が見られるのかについてはいまだにわかっていません。ヌーナン症候群はまだわかっていないことがたくさんある疾患なのです。

全ての特徴的な症状が現れるとは限らない

ヌーナン症候群で現れる症状は、眼間距離の拡大などの顔貌低身長や翼状頚,胸郭の変形、先天性心疾患、肥大型心筋症、停留精巣などです。さらに、知的障害が現れることもあります。知的障害の程度は人によって様々で個人差が大きいです。

 

ヌーナン症候群を発症しても全員が同じ症状が現れるわけではありません。現れる症状は人それぞれで、全ての特徴的な症状が現れるとは限らないのです。

 

場合によっては、白血病や固形腫瘍を引き起こすこともあります。

個人の症状に合わせた改善方法が重要

ヌーナン症候群は、現れる症状の個人差が非常に大きいです。さらに症状の程度も人によって様々です。そのため、その人個人に合わせた改善方法が重要になります。

 

現れている症状に対して対処をしていくのです。心疾患が現れることもありますが、心疾患が現れた場合は、早く発見して早く改善することがその後のヌーナン症候群の改善においても非常に重要です。

ヌーナン症候群では、定期的に病院に行くことが大事

ヌーナン症候群では、先天性心疾患や肥大型心筋症、骨格異常、成長や発達の遅れが現れることも多いです。そのため、改善には長い期間かかることも多いです。

 

ヌーナン症候群を発症した場合大切なことは、栄養や発達、視覚、聴覚、心臓、骨格などを定期的に病院でみてもらうことです。その時現れている症状に合わせて適切に改善を行うことが大切なのです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393