低ホスファターゼ症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  7月20日

更新日:2021年 11月 9日

本日は低ホスファターゼ症について解説させていただきます。

本記事の内容

  • 低ホスファターゼ症とは
  • 低ホスファターゼ症の原因
  • 低ホスファターゼ症の症状
  • 低ホスファターゼ症の改善方法
  • 低ホスファターゼ症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

低ホスファターゼ症は、骨の石灰化に障害が起き骨が弱くなる病気

低ホスファターゼ症は、骨の石灰化に障害が起き骨が弱くなる病気です。骨の石灰化が障害されるのは、アルカリホスファターゼという酵素の異常が原因です。

 

発症する年齢は様々です。症状の程度に関しても非常に個人差が大きく、改善を行わなければ命に危険が及ぶほど重症の場合もあれば、ほとんど症状が見られない場合もあります。

低ホスファターゼ症の原因は、遺伝子の変異

低ホスファターゼ症の原因は、遺伝子の変異です。組織非特異型アルカリホスファターゼ遺伝子が変異することで低ホスファターゼ症を発症するのです。

 

遺伝性があり、遺伝形式はほとんどが常染色体劣性遺伝です。そのため、父親と母親が変異している遺伝子をそれぞれ1つずつ持っており、父親からも母親からも変異した遺伝子が伝わった場合、子供は低ホスファターゼ症を発症するのです。

 

症状が軽い人では、常染色体優性遺伝の形式で遺伝する場合もあります。

低ホスファターゼ症の症状は、非常に個人差が大きい

低ホスファターゼ症の症状は、様々です。症状には非常に個人差が大きく、年齢や症状の程度によって色々な症状が現れます。

 

骨に現れる症状は、骨の変形や骨折、骨の痛み、腕や足の短縮、低身長などです。けいれんや腎臓に結石ができる場合もあります。

 

乳児期には、哺乳不良が起こったり体重が増えなかったりという症状もあります。

足りない酵素を補充する酵素薬で改善を行う

以前は、低ホスファターゼ症の根本的な改善方法はなく、現れている症状に対して対処をし、改善を行なっていました。

 

しかし最近では、足りないアルカリホスファターゼ酵素を補充する酵素薬が開発され、酵素薬によって酵素を足りない補充することで改善の効果が期待できるようになりました。

 

今後は酵素を補充する方法で改善を行い、さらに症状に合わせて対処をして改善に取り組んでいくのではないかと考えられています。

低ホスファターゼ症の症状の程度は人によって様々

低ホスファターゼ症の症状の程度は人によって様々です。症状のある場合は、定期的に病院に行くことが大切です。

 

症状がほとんどないという場合でも、骨折したり歯周病が起こったりしやすい状態になっていることがあるため、骨の痛みや歯の健康など、注意して生活をすることが大切です。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393