タナトフォリック骨異形成症の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  7月20日

更新日:2021年 11月 9日

本日はタナトフォリック骨異形成症について解説させていただきます。

本記事の内容

  • タナトフォリック骨異形成症とは
  • タナトフォリック骨異形成症の原因
  • タナトフォリック骨異形成症の症状
  • タナトフォリック骨異形成症の改善方法
  • タナトフォリック骨異形成症のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

タナトフォリック骨異形成症は、先天性の骨の病気

タナトフォリック骨異形成症は、先天性の骨の病気です。四肢骨が非常に大きく短縮することによって低身長になったり肋骨が短縮したりし、呼吸障害が現れます。

 

昔は生まれてからすぐに亡くなってしまうことが多い病気でしたが、現在は人工呼吸などの呼吸の管理が進んだことで長い期間生きることができるようになりました。

 

父親が高い年齢になればなるほどタナトフォリック骨異形成症の子供が生まれる確率が高くなるという報告があります。しかし、大きく父親の年齢が影響することはないとされています。

タナトフォリック骨異形成症の原因は、遺伝子の異常

タナトフォリック骨異形成症の原因は、遺伝子の異常です。遺伝子の異常は突発的に起こります。そのため、タナトフォリック骨異形成症を発症していない父親と母親から生まれる子供に発症します。

 

どのような人が病気になりやすいということは特になく、どのような人でも発症する可能性があります。

タナトフォリック骨異形成症の症状は、四肢長管骨の短縮

タナトフォリック骨異形成症の症状は、四肢長管骨の短縮です。特に大腿骨や上腕骨に大きな骨の短縮が見られます。

 

頭蓋骨は大きくなることが多く、前頭部が突き出し鼻根部のへこみが目立つようにになります。胸郭は低形成が起こり、呼吸不全の症状が現れます。腹部膨満と四肢の皮膚のしわなどもタナトフォリック骨異形成症の特徴的な症状です。

 

生まれた後すぐは、呼吸不全の状態です。そのため、呼吸管理が必ず必要です。呼吸管理を行うことで長い期間生きることができます。

タナトフォリック骨異形成症の根本的な改善方法はない

タナトフォリック骨異形成症の根本的な改善方法はありません。現れる症状に対して対処をすることが基本になります。呼吸障害が起きた時には酸素を投与したり人工呼吸を行ったりすることが主な改善方法です。

 

生まれた後すぐは呼吸不全の状態のため、呼吸管理が必ず必要です。

タナトフォリック骨異形成症で現れる呼吸障害は命に関わる

タナトフォリック骨異形成症で現れる呼吸障害は命に関わります。

 

低酸素の状態になると、脳の障害が進んでいきます。そのため、早めに酸素を投与したり気管を切開し、人工呼吸を行うことが非常に大切になります。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393