ペルテス病の鍼灸【原因・定義・症状】

公開日:2021年  7月20日

更新日:2021年  7月24日

本日はペルテス病について解説させていただきます。

本記事の内容

  • ペルテス病とは
  • ペルテス病の原因
  • ペルテス病の症状
  • ペルテス病の改善方法
  • ペルテス病のまとめ
足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

ペルテス病は、大腿骨頭の血行障害によって起こる壊死の病気

ペルテス病は、小児に起こる大腿骨頭の血行障害によって起こる壊死の病気のことです。発症年齢は3〜12歳と言われています。中でも6〜8歳によく発症します。

 

ペルテス病では、大腿骨頭の血行障害によって壊死が起こってしまうために骨の強度が極端に弱くなります。そのため、放っておくとつぶれて骨が変形してしまいます。

 

ペルテス病の特徴は、主に明らかなきっかけがなく起こることです。原因は現在のところは明らかになっていません。

ペルテス病の原因は明らかになっていない

ペルテス病の原因は明らかになっていません。

 

発症するのは元気の良い男の子に多いため、外傷を繰り返すことが要因になっているという説もありますが、詳しいことはわかっていません。

 

他にも生まれた時の時体重が少ない未熟児に多いことや小さく低身長の子に多く骨年齢が遅れている時に起こりやすいことなど要因についての様々な報告もありますが、 いずれにしても詳しくはわかっていないことが現状です。

ペルテス病は放っておくとつぶれて骨が変形してしまう

多くのペルテス病は初期段階では、股関節に感じる軽い痛みと跛行です。骨の強度が極端に弱くなるために、放っておくとつぶれて骨が変形してしまいます。

 

同時に股関節の動きに制限が起こります。特に内外旋に制限が起こります。内回旋に制限がかかることで、あぐらがかきにくくなったり股関節をひねった時右と左の動きが違ったりします。

 

ペルテス病は発症してから完全に修復するまでには約 3〜5 年かかります。放っておいてしまうと、つぶれたままの形で新生骨ができ、変形した骨頭となってしまいます。そして、最終的には変形性股関節症が起こってしまいます。

 

変形性股関節症が起こると大人になった後に痛みが起きたり歩行障害が起きることが多いです。

ペルテス病の改善方法は、経過観察や装具の使用、手術

ペルテス病では、発症した年齢が5歳未満の場合、経過観察を行います。 病院で経過を見ながら、症状に変化があったときにすぐに対応できるようにします。ペルテス病では、経過によって柔軟に対応することが大切なのです。

 

発症した年齢が5歳以上8歳未満の場合、 装具を使って改善を行います。装具のメリットは取り外しが簡単にできるということです。

 

しかし、外している時間が長いと効果が十分に期待できないというデメリットもあります。体型の変化に合わせて装具を作り直すことが必要もあります。

 

手術で改善を行うこともあります。手術の目的は骨頭が常に臼蓋に包み込まれている状況を作ることです。

ペルテス病の通院の必要性

手術などで入院した後骨頭の強度が回復するまでは、退院しても1ヶ月に1回程度通院することが必要です。

 

手術後1年程経てば骨頭の強度が回復してくることが多いです。そのため、通院の回数は減っていきます。しかし、ペルテス病が完全に回復するまでは3〜5年かかります。そのため、きちんと病院には通うことが大切です。

 

ペルテス病の改善の最終的な目的は、変形性股関節症へ進まないように予防することと、痛みのない股関節にすることなのです。

おすすめ記事

サイドメニュー

営業案内

営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393