銀座の本格派はりきゅう治療院

銀座そうぜん治療院

〒104-0061東京都中央区銀座7丁目17-13
銀座永谷ビル3F

日比谷線浅草線 
東銀座駅A6出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
予約優先制
03-5843-6393
診療時間
11時~21時まで
休診日
月曜日 年末年始

股関節の痛みについて

股関節が痛む原因ははおおきく分けて、3つあります。

  1. 骨の問題です。股関節はふとともの骨(大腿骨)と骨盤で構成されております。一番多いのは、股関節の変形です。股関節の変形とは、関節の軟骨が割れていたり、削れている状態です。
  2. 筋肉の問題です。股関節のまわりには、筋肉が数多くあります。腰からくる筋肉や、股関節周辺に取り巻く筋肉などありますが、痛む動き、痛み方で判断できます。
  3. リンパの問題です。股関節の前側にはそけいリンパ節という大きいリンパの集まりがあります。このリンパの集まりは、排水溝の役割もすることで足のむくみ、だるさに大きく関係しております。股関節の痛みを治療する場合は、原因を正確に判断する必要があります。

股関節は骨盤と大腿骨で構成される関節で、丸い大腿骨頭が臼のような寛骨臼の中にはまりこんでいる作りになります。股関節痛の原因には、筋肉疾患、内臓疾患など多岐にわたります。股関節の痛みは過去の事故によるものや生活パターンのクセによるものもあります。

股関節の痛みはレントゲンがすべてではないが、検査は必要

股関節の症状は、大きく分けると2通りになります。

  • 股関節を構成している骨、筋肉、リンパなど軟部組織の問題
  • 内臓や腫瘍が原因で波及する間接的問題によるもの

レントゲン検査やMRIによって、股関節内の問題がないか確認する必要があります。股関節内の問題としては、股関節内に骨の棘ができたり、軟骨が擦り減る状態です。ントゲンの診断がすべてではありません。股関節がすりへっていても痛みがでない方はいます。自分がどのような状態か患者自身がしっかり見極める必要があります。

股関節の症状には、股関節まわりの深層筋と関節内の血流を良くします。

股関節まわりを多角的にアプローチ

股関節まわりの筋肉が固くなることで痛みを感じるようになります。股関節の前後、左右のトリガーポイントを除去することで痛みを取り除きます。股関節には、関節包というクッション材の役割をするところがあります。

この関節包につく神経が興奮することで痛みを感じるようになります。当院では、この神経の興奮をおさえる鎮静療法をおこないます。

股関節を支えてくれている腰の筋肉、股関節内にある血管など、股関節内の循環も良くしていきます。脚の高低差など姿勢のゆがみを調整することで、股関節痛の再発をできるだけ防ぎます。

股関節痛の痛みはさまざまな要因で起こります。股関節自体の問題なのか、股関節のまわりの筋肉、リンパが問題なのか判断して治療いたします。股関節の痛みを訴える患者の数は142名のうち、完治・良好あわせて100名で、回復率は70パーセント以上の好成績残しております。おしりに痛みを感じる方やスポーツができずに苦しんでいる方は完璧に良くするためにも、当院の治療をおすすめ致します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

詳しくはお電話ください。

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393