銀座の本格派はりきゅう治療院

銀座そうぜん治療院

〒104-0061東京都中央区銀座7丁目17-13
銀座永谷ビル3F

日比谷線浅草線 
東銀座駅A6出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
予約優先制
03-5843-6393
診療時間
11時~21時まで
休診日
月曜日・年末年始

上腕骨外側上顆炎について

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)とは、手首や指を反らせる筋肉がかたまることで肘にストレスがかかり、炎症をきたす整形外科疾患です。

上腕骨外側上顆炎は、テニスをやられる方、ゴルファーに多く、非常に治りにくい症状でも有名です。発症年齢は30代~60代の男性に多く、ゴルフを楽しまれる年齢層です。

上腕骨外側上顆炎のおもな原因は、加齢による筋力低下、運動前のストレッチ不足、ラケットやクラブの不適切なスウィング、筋肉の酷使です。テニス、ゴルフをプレイされる方に多く発症しており、ステロイド注射をうけても効果がなかった方が来院されております。

肘の関節にある外側の骨の出っ張りに痛みを訴えます。安静にしている時には、ほとんど痛みはなく、ゴルフやテニスのプレイ中、日常の作業など動作時に痛みが出現します。外側上顆部に指でおすと、激しい痛みを訴えます。

自分でやる上腕骨外側上顆炎の対処法は、冷やすしかない。

自分でおこなう上腕骨外側上顆炎の対処方法は、とにかく冷やしてください。氷を作っていただき、氷嚢で冷やしてください。炎症を抑えることで痛みを和らげてください。シップでは冷やせません。

シップは皮膚の上から消炎鎮痛剤をしみこませることによって効果を出します。シップは寝る前、仕事中に使用してください。

上腕骨外側上顆炎になった場合、目安として6ヶ月は安静にすることをおすすめします。早期に回復を希望される方は、鍼(はり)治療をおすすめです。

上腕骨外側上顆炎の鍼灸治療は、トリガーポイントはり治療をおこないます

原因の筋肉のコリを無くすが大事

腕の外側にある筋肉のトリガーポイントを鍼灸治療をすることによってひじにかかる負荷をへらし、痛みをなくします。うで全体をはしる血管の血流を改善させ、肘の回復をたすけます。

症状が長期化しているケースは、原因の筋肉が骨膜に癒着して痛みがでる場合があります。このケースは、骨膜につく神経の興奮を鎮静化させ、痛みをひかせます。

上腕骨外側上顆炎の患者数115名のうち、完治・良好あわせて113名で、治癒率は95パーセント以上です。上腕骨外側上顆炎は、平均3回の治療で効果が出ることが多く、状態によっては1回で完治することもあります。上腕骨外側上顆炎によりゴルフをあきらめている方、慢性的に肘の痛みでくるしんでいる方は完璧によくするためにも、当院の治療をおすすめ致します。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

詳しくはお電話ください。

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393