日比谷線 ・ 浅草線 
東銀座駅6番出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

ゴルフで発症した左右の上腕骨外側上顆炎/50代男性/鍼灸回復ブログ

掲載日:2019年10月7日

 

本日は珍しい左右のゴルフ肘の事例をご紹介致します。

足のしびれ、痛み

銀座そうぜん鍼灸院の宗前です。

 

 

このページを書いている私は、鍼灸師として13年、担当した利用者様数80,000人を誇り、病気の休職者300人を社会復帰できるまで回復させてきた実績があります。

 

 

左右同時に痛み出したゴルフ肘は珍しいですが、無事回復していただけました。

  • 通院期間  

3ヶ月

  • 鍼灸の施術回数

13回

 

 

左右のゴルフ肘はステロイド注射が効きづらい。

リハビリしても治らない野球肩
  • 年齢・性別

50代男性

 

  • 肘の痛みを感じた時期

1年前から

 

  • 肘が痛むきっかけ

ゴルフのやりすぎ、週3練習とラウンドしていた。

 

  • 整形外科の対応

ステロイド注射を3回やったが、痛みは変わらず。

3回目以降のステロイド注射は靭帯が弱くなるため、医師から止められた。

 

 

鍼灸も何回か試したが、治らず。

 

 

  • ほかの対策

とくになし

 

  • 銀座そうぜん鍼灸院の来院経緯

上腕骨外側上顆炎のサイトでみて

→来院のキッカケになった上腕骨外側上顆炎のページはこちら

ゴルフ肘は7つの筋肉に原因がある。

ゴルフ肘は7つの筋肉に原因がある。
  • 銀座そうぜん鍼灸院の対応・施術

問診と触診、脈診をしたところ、左右の総指伸筋、示指伸筋の緊張が痛みを出しているとわかりました。

 

 

 

ゴルフ肘の原因筋の見つけ方

  1. 手をパーに広げる。
  2. 5本の指に負荷をかけながら、反らせる。
  3. 肘に痛みを感じた指が、原因筋です。

以下のポイントを施術していきます。

  1. ゴルフ肘の原因筋の解消(今回は2つの筋肉だったため、施術は簡単でした。)
  2. 首のコリの除去(東洋医学的に肩とふくらはぎは繋がっているから)
  3. 大腸経の経絡の流れを改善させる(大腸経とは、腕の外側の気のめぐりを意味する)

 

 

 

上腕骨外側上顆炎によく使われるツボは曲池

野球肩に使われるツボ

ゴルフ肘によく使われるツボをご紹介します。

  • 曲池
  • 手三里
  • 合谷

まとめ:ストレッチはダメ!肘の痛みは深層筋鍼灸がおすすめ!

ストレッチはダメ!。肘の痛みは深層筋鍼灸がおすすめ!

この方の場合、総指伸筋のコリが一番の原因でしたが、ストレッチのやりすぎも慢性化した一因でした。

 

痛みが感じる時期のストレッチは筋肉の状態を悪化させます。

  1. 痛みがあるのにストレッチをする。
  2. 痛みがあるため、脳がカラダを守ろうとして、痛む周辺の筋肉を硬くする。
  3. 硬くなった筋肉が痛みを悪化させる。
  4. 痛みが取れないため、再度ストレッチをする。

 

この負のサイクルに入っていました。

私からアドバイスは2点

  • 痛みが取れるまで、ストレッチとマッサージはしない。
  • 動けるのであればゴルフを続けて欲しい。
  • サポーターはつけて欲しい。

3ヶ月13回の鍼灸で、肘の痛みはゼロになりました。

 

 

銀座そうぜん鍼灸院のよくみられているページ

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393