【鍼灸回復ブログ】マラソンによるアキレス腱炎

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  3月18日

本日はマラソンによるアキレス腱炎から辛かった鍼灸施術の事例をご紹介致します。

アキレス腱の炎症

  • 年齢・性別

40代女性

  • 痛めた時期

8ヶ月前

  • 痛めたきっかけ

マラソンレースに向けての過度な練習

  • 整形外科の対応

ステロイド注射をしたが痛みは変わらず。リハビリ、ロキソニンテープで対応するが痛みは増すばかり。

キレス腱の痛みで悩まされていたAさん。マラソンランナーとして、様々な大会に出場していました。ハーフマラソン、フルマラソン、トライルランまで月1回のペースで大会に出ていたそうです。

8ヵ月前から、走り終わるとアキレス腱に痛みを感じるようになりました。痛みを感じた当初はあまり気にせず走っていましたが、だんだんと痛みがとれなくなり、一ヶ月前のハーフマラソンは痛みで走れなくなってしまった。

整形外科、スポーツマッサージ、整体なといろいろ通いましたが全く良くならず、ついには予定していたフルマラソンまでキャンセルしてしまいました。

革靴で歩くサラリーマンに多い。

銀座そうぜん鍼灸院の対応・施術

問診と触診、理学テストをしたところ、アキレス腱炎症でした。アキレス腱の痛みは大きく3つに分類されます。

  1. アキレス腱のまわりが痛くなるアキレス腱周囲炎
  2. アキレス腱自体が部分断裂しているアキレス腱炎
  3. アキレス腱とかかとの付着部が炎症を起こしてしまうアキレス腱付着部炎

アキレス腱炎の原因は、ふくらはぎの筋肉のトリガーポイントです。トリガーポイントとは米粒状の筋肉のこりです。トリガーポイントがふくらはぎの筋肉を固くして、アキレス腱にかかる負荷を増大させています。

Aさんの鍼灸は、ふくらはぎのトリガーポイントを正確に狙えるかがポイントです。1ヶ月の集中鍼灸により、Aさんのアキレス腱付着炎の痛みは無くなりました。

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393