完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

20代女性の肘部管症候群の回復ブログ

公開日:2019年 12月23日

更新日:2020年  3月18日

本日は肘部管症候群から辛かった鍼灸施術の事例をご紹介致します。

 

肘部管症候群

肘部管症候群の鍼灸施術

肘部管症候群の鍼灸施術

  • 年齢

20代

  • 性別

女性

  • 発病時期

3ヶ月前

  • 症状を感じるキッカケ

寝て起きたら、小指と薬指にしびれを感じるようになった

 

突然、小指がしびれ始めたことに驚かれたHさん。あさ起きると右の小指がしびれていたそうです。心当たりはなく、突然のことでビックリしたとのこと。

何をしてても小指のしびれを感じるため、大変悩まれていました。

  • 整形外科での対応

骨には問題のでメチコバールとリリカで様子をみる

  • 脳神経外科での対応

脳に問題はなし、様子をみる

肘部管症候群は学生やOLに多い

検査をしたところ、軽度の尺骨神経障害とわかりました。尺骨神経とは、首から小指にかけて通る神経で小指の知覚や手首を曲げる筋肉を支配する神経です。この神経が何らかの問題で障害をうけると、小指や薬指の半分にしびれが出てきます。

 

幸い、Hさんは発症後すぐに来院されました。しびれの原因も特定しやすく、治療後すぐに効果がでて、2週間後にはしびれも収まりました。このような神経の症状はしびれだしてから早くみさせていただくと、早期に変化させることができます。

サイドメニュー

営業案内

アクセス
営業時間

11時から21時

営業日
 

11時~21時迄

×
休業日

月曜、年末年始

お問合せ
03-5843-6393